FC2ブログ
みんな大切な人です。
2018年07月22日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します


どうですか?この景色!最高でしょう?


今朝登った五竜岳が遠くなってきました。


5時間かけてアルプス平に戻ってきました。多くのパラグライダーが
空を飛んでいます。気持ちよさそう~。


せっかく来たのですから、高山植物園もしっかり見て回ります。
白いコマクサにも出会えました。


ヤマオダマキ、これも好きな花です。


チングルマもたくさん。


高山植物園は、美しい花を見て回る人でにぎわっていました。


五竜岳を登らなくても、この景色を見に、いつかまた訪れてみたい。
このあと、五竜エスカルプラザでゆっくり汗を流し、帰路につきました。

憧れだった五竜岳、やっと登れました。これまで美しい山をいくつも
登りましたが、その中でも最高の山でした。山の神様に感謝です。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2018年07月21日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

憧れの五竜岳、下界に降りるのが寂しい。


見えますか?真正面に見える小さな富士山が。


この美しい景色をずっと見ていたい・・・。


名残り惜しいけど、バスの時間までに温泉も入りたいし、お土産も・・・。
再び五竜岳を登るだけの体力はないでしょうから、しっかりとこの景色を
目に焼き付けて。後ろ髪を引かれる思いで、下山開始です。


山小屋で荷物をまとめ、昨日来た道を降りていきます。
五竜岳では良く雷鳥に遭遇するといわれ、ここ白岳にも棲んでいると
山荘の方が教えてくれました。会えないかな~。
しばらく、辺りを探しましたが残念、見つけられませんでした。


振り返って五竜山荘。


ミヤマアズマギク。


ヨツバシオガマ。


今日もかなり暑いですが、これほど晴れていると尾根歩きも楽しい。


ハクサンタイゲキ。


雲がモクモクと湧き上がる様子も見ることができました。
迫力ありましたよ。(#^^#)



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2018年07月20日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

翌日は3時半に起床、まだ薄暗いけどスッキリと晴れた朝です。


朝陽に染まる雲海が美しい!


4時から五竜岳登山開始。


雲海の向こうから徐々に登ってくる太陽。


既に何人か前を登っていきます。


振り返ればモルゲンロートに染まる尾根と山小屋。


五竜岳は山頂直下が岩尾根となっていて鎖場やヤセ尾根が続きます。
切り立った頼りない足場の岩崖が続き、剣岳より怖かった。


途中で日の出タイムを迎えました。ご来光を見ながら一休み。


この雲海が見たくて、山に登っています。


岩場を登り切ったあたり、鹿島槍・キレットへの分岐点。


山荘から約1時間、鹿島槍ヶ岳とともに後立山連峰の重鎮で
標高2,814mの五竜岳登頂です。やった~!


山頂からは360度のパノラマが広がり、唐松岳から延びる白馬岳、
鹿島槍はもちろんのこと、雲海に浮かぶ立山連峰、妙高から四阿山、
そしてこの日は遠く富士山まで見ることができました。
頑張った甲斐がありました。(#^^#)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2018年07月19日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

アルプス平から約6時間、やっと五龍山荘に到着しました。


五龍山荘からの夕陽。


白岳から下るころには、あたりはガスに巻かれて真っ白。


やっと到着した山荘も、この通りガスに包まれています。


体もクタクタ、部屋に入り汗だくのシャツを着替えてゆっくりします。


同じお部屋には、扇沢から三大キレットの一つ八峰キレットを経由して
登ってきたという若い女の子。すごい!彼女は山好きが高じて、今は
涸沢小屋で働いているとか。


もう一人の女の子は、唐松山荘からやってきたという山ガール。
二人とも元気で屈託がなくて可愛いです。

ガスで真っ白な外を眺めながら 「夕陽見れそうもないね~」。
娘のような可愛い子たちと一緒に、夕食もいただきました。


今夜は早く寝て、明日の朝焼けを楽しみしようと話していたところ、
なんと18時半ごろ、いきなりガスが晴れて美しい夕陽が!
「うわ、すごい~!やったね。(#^^#)」


なんて美しいのでしょう!なんてラッキーでしょう!
この夕陽を見たら、疲れも吹っ飛んでしまいました。

さ、早く寝て明日こそは五竜岳登頂だ!



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2018年07月18日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

五竜岳までは、小遠見山から中遠見・大遠見・西遠見・白岳と
上下にたわみ(遠見)を繰り返す遠見尾根を登っていきます。


遠見尾根から右手に五竜岳を見ながら。


小遠見山から一旦下って登り返し、30分程で中遠見に。


シャクナゲ、イワカガミ、ゴゼンタチバナ、ミツバオウレン、コケモモ、
ツガザクラなど高山植物が花盛りです。


大遠見を過ぎたあたりで、やっと雪渓が現れてきました。
本来、雪渓のそばは涼しいはずなのに、今年は涼しくない!


暑さで体力をかなり消耗、チングルマを愛でながら一休みです。


アップダウンを何度も繰り返し、もう嫌だ~。
やっとのことで西遠見に到達。3リットル持ってきた水も残り僅か。


ここからしばらく、見晴らしの良い尾根歩きです。


しかし景色を見ている余裕がないほど、ザレ場とヤセ尾根が続きます。


足場はわずか30センチほど。鎖場に片側は切り立った斜面。
正直、ここは怖かったです。


最後の急登を越して、標高2,541m白岳に到着。ここで唐松岳からの
道と合流します。ここを下れば五竜山荘です、あと少しだ~。
山頂はガスにすっぽり包まれ真っ白。今日は山荘でゆっくりしよう。




ブログランキング・にほんブログ村へ