みんな大切な人です。
2018年01月13日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年の初登りは丹沢・塔ノ岳。


しばらく山へ行っていなかったので、体力落ちたかな?と心配して
いましたが、なんとかクリア。


今日は大倉から塔ノ岳へ。塔ノ岳は標高1,491m、大倉登山口からの
標高差は1,200m。大倉尾根=通称:バカ尾根、ダラダラと長い
上り坂が続きます。これが意外と長い道程で登り3時間半。


先日から寒波が来ていたので、雨氷が見られるかな?と思っていた
のですが、残念ながら雪の欠片も無し。ガッカリ・・・。
その代わり大きな霜柱がありました。


お天気は良く、すっきり晴れ上がった空。富士山から相模湾まで
広く見渡すことができました。


やっぱり丹沢は冬ですね。多くの人が登ってきています。


雨氷は見れなかったけど、真っ白な雪をかぶった富士山が見られた
初登りでした。

朝7時半から登り始めて塔ノ岳山頂に11時15分、お昼休憩して下山、
大倉に14時半に戻ってこれました。
歩数3万3千、ちょっと無理しましたが、ほぼコースタイム通り。
明日は筋肉痛かもー。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年12月02日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

日帰りで筑波山へ。筑波山は標高871mの男体山と標高877mの女体山
から成ります。低山ながら日本百名山のひとつです。


筑波山麓は紅葉の盛りもほぼ終わり、ギリギリセーフで見れました。


登山口は筑波山神社。神社の左側にケーブル乗場があり、その脇から
登山道が始まります。筑波山は筑波神社の御神体なので、まずお参り。


今回はオーソドックスに御幸ヶ原コースで、男体山を目指します。


しかし、このコースが面白くない。見晴らしも悪いし、この日はガスって
更に何も見えません。山頂まで標高差610mをひたすら登ります。


さすがにご神体だけあって、途中に結界が張られています。


約90分で御幸ヶ原に到着。ここで暖かいキノコ汁を頂き、それから15分で
男体山山頂へ。ここでも全く見晴らしゼロ。


早々に男体山から山頂連絡路を通り、女体山へ。
こちらの方が標高が高いので、筑波山の山頂標識があります。


こちらからは素晴らしい見晴し!遠く海岸線まで見えます。
展望場所が岩場のため、滑りやすくて怖かったけど、やっと登って
良かったと思えました。


ここからの夜景は綺麗でしょうねぇ。


下りは白雲橋コースで。こちらの方が面白いですね。
途中に奇岩・怪岩があり、岩場・鎖場もあってちょっとアスレチック。


こんな苔の森もありました。


そして筑波神社に到着。休憩時間も含めて、合計5時間のトレッキング。
筑波山は、なんとなく阿夫利神社のある大山に似た雰囲気の山でした。
同じご神体の山だからでしょうか?
ただ、ガスっていて見晴らしに景色に恵まれなかったのが残念でした。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年11月03日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

山の紅葉も終わりに近づいています。そろそろ街に降りてきますね。


そこで今回は甘利山から千頭星山へ。甘利山は富士山が美しく
見えることで人気の山ですね。私は朝6時に着きましたが、既に
多くの方が三脚を立てて、朝日が昇る瞬間を待っていました。


甘利山山頂まで駐車場から20分ほどで行けてしまいます。
今日はお天気にも恵まれ、美しい富士山に出会えました。


殆どの方が、甘利山での富士山撮影で来られているので軽装です。
千頭星山まで登る方は少ないですね。


千頭星山までは甘利山から約2時間、写真を撮りながらゆっくりと。
途中、木立の向こうに八ヶ岳や鳳凰三山が見えました。


雲海が綺麗ですね~。


千頭星山山頂です。標高2,138m、駐車場の標高が1,638mあるので、
標高差500mほどです。それでも急登の南アルプス、結構疲れました。
登頂した9時に私の前は一人だけでしたが、下りではぼちぼち登って
くる方たちもいました。ここから先日登った鳳凰山まで登山道が続い
ています。でも、かなり大変そう~私はこのルートは来ないわ。


山頂付近から見る富士山は、また格別でした。(^^♪





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年10月16日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

夜行バスで草紅葉が広がる尾瀬へ。今回の目的は至仏山。
標高2,228m、眼下に見える尾瀬ガ原が美しいと期待したのですが
天気予報ではずっと雨だったので、どうかなーと思いながら・・・。


予約した尾瀬行き夜行の小さなバスは満席ギューギュー。
この時期を狙っていく方が多いことを改めて実感、そのためシートに
余裕はなく、あまり眠れませんでした。


朝5時半、まだ暗い尾瀬はガスの中。取りあえず雨は降っていません。


同じバスのほとんどの方が、至仏山を目指しています。


鳩待峠から山の鼻まで1時間、そこから至仏山山頂を目指します。
こちらは登り専用となっていて、時期によっては閉鎖されています。


木道や木製階段の登山道ですが、これがまるで小川のように水浸し。
滑らない様に神経を使って登るため、かなり疲れます。


山の鼻からは2時間半で行けるはずです。雨が降らなかったのは
幸いとしても、暑い!汗だくだくでTシャツ一枚で登ります。


森林限界を超えたあたりからは、岩だらけの急登が続きます。
それに加えて鎖場。前日からの雨霧で岩は濡れ、滑りやすい。


山頂近くになってから、急激に風が強くなり、雨も降ってきました。
良く見ると白いものが混じっています。霙です。さっきまで汗だくだった
のですが、急激に冷えてきました。結局登頂まで3時間。


山頂は狭く、次々と登ってくる方のためにゆっくり休憩できません。
また霙が吹雪く中では立っているだけでも、寒くて仕方ないので、
早々に小至仏山に向かうことにしました。


尾瀬ヶ原方面は真っ白なガスに包まれて、視界ゼロでしたが、
反対側には見事な雲海が広がって見えました。


岩だらけの急傾斜を下って、再び軽く登ったら小至仏山2,162m。
まだ霙の吹雪は止まない上に、山頂も狭いので、すぐに下ります。


標高が下るに従って、雨も止み気温も上がってきました。
ほとんど休憩を取らないまま登ってきたので、やっと見つけた
ベンチでお昼休憩。暖かいインスタントラーメンで暖を取ります。

少しゆっくりしたいな、と思っていましたが、次々と降りてくる
団体さんのために場所を開けなくてはならなくなり、早々に
出発です。あ~疲れた~。


眼下の山々は既に紅葉真っ盛り、いや既に終わりかけですかね?


睡眠不足と濡れた岩で体力を消耗し、鳩待峠に着いたのは午後1時。
朝6時に出発し、ところどころの立ち休憩の含めて約7時間です。

今回はタイムスケジュールより2時間オーバー。でも同じバスで
登山した若者たちも同じ時間かかっていたので、良しとしましょう。

風光明媚な尾瀬の山なので、ちょっと軽いハイキングくらいに
考えていましたが、甘かったなあ。なかなかハードでした。
帰りは花咲の湯でゆっくり汗を流して帰宅しました。

前回の鳳凰三山で滑る岩と木の根に苦労したため、今回は
モンベルのリバーシブルグリッパーを用意して行きました。


これのおかげかな?今回は一度も滑りませんでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月26日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

鳳凰三山で一番有名なのが、地蔵ヶ岳のオベリスク。


やっぱり格好良いです!間近で見れてホレボレしてしまいました。


山小屋の朝食は6時、その段階では、まだ雨が降っていました。
それから徐々に雨は小降りになり、6時半ごろにはほぼ霧雨に。

出発です。今日は三山を巡って、白鳳峠から広河原に降りる予定。
この白鳳峠がかなりアスレチックな場所らしく、雨の後は要注意と
山小屋のお兄さんから厳重注意を受けました。昨日も女性が一人、
滑落し足を骨折したとか…。大丈夫かな。


薬師岳小屋は薬師岳直下にあるため、約10分で山頂に到着。
ガスで真っ白、何も見えません。


ナナカマドが色付いてます。


観音岳までは、薬師岳から小一時間、途中雲が切れ景色が広がりました。
うわ~綺麗!これから晴れるかな?
しかし残念、鳳凰三山最高峰の観音岳は真っ白なガスの中です。


観音岳から地蔵ヶ岳までの道が実にわかりにくい。途中何度も道を
見失いました。道しるべが所々消えている上に、登山道がハイマツに
覆われ、わからなくなっていました。かなり体力を消耗。


本来なら小屋から2時間半もあれば到着の予定でしたが、地蔵ヶ岳に
9時半過ぎに到着。道迷いのせいで、30分以上オーバーです。


地蔵ヶ岳は古くから信仰の山で、子宝を願ったお地蔵様がたくさん
祀られています。


せっかくここまで来たのだから、登れるところまで登りたい、オベリスク
下まで岩登り。またまた予定時間超過。これが後々響きます。


結局、地蔵ヶ岳を10時半過ぎに出発、ここからがきつかった~。
アカヌケ沢の頭から高嶺2779mまで登り、ここからが崖下りです。
本当に、切り立った岩場を急降下し、それが終わると今度は
ゴロゴロ岩のガレ場が延々と続きます。


高嶺から白鳳峠まで約2時間、今度は湿った岩と木の根っこで滑る滑る、
それに加えて連続する鉄梯子、鎖場、腐った木梯子。どんだけ続くの?
というくらい長い長い谷道です。


最期は膝はガクガク、数回転び、足にも手にもあざと傷が…。
フラフラになりながら、15時半に広河原に到着。小屋を出てから
なんと8時間半もかかってしまいました。

白鳳峠は本当にきつかった。滑って滑落しなかっただけマシかな。
無事に下山でき、その後、金山沢温泉で汗を洗い流して帰宅しました。
あ~疲れた。もう白鳳峠は二度と通らないぞ~!



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月25日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

南御室小屋から更に1時間半、やっと薬師岳が見えてきました。


ここまでずっと樹林帯の中ばかりだったので、ぱあっと広がる
景色には感動です。


鳳凰三山は、地蔵ヶ岳2764m、観音岳2841m、薬師岳2780mの3つを
指します。どの山も、花崗岩でできた白い山肌が美しい山です。


高山植物の少ない山ですが、それでもこんな秋の花が咲いています。


草紅葉も始まっていますね。


ヘロヘロになりながら、やっと本日の宿に到着です。


薬師岳小屋は、今年の8月にリニューアルオープンしたばかりです。
木の香りがする、真新しい宿。何より2階の宿泊施設が素晴らしい。

各寝所には真新しい畳が敷かれ、プライバシーを守れるカーテンが
個別に設置されています。大混雑の場合は、これも難しいのかも
知れませんが、今回は私は個室をゲット!これで水場さえあったら
最高なのにな~。

宿の到着を見計らったように、雨が降り出しました。
明日は三山を巡る予定なのに、大丈夫かな。心配しながらも疲れて
早目の寝てしまいました。夜中に目覚めたら、まだ雨です…。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月24日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年の夏は、山行をセーブしていたので、そろそろ限界。


ぼちぼち、お山は紅葉してるかな?と、以前よりチャレンジしたかった
南アルプス鳳凰三山に行ってきました。


今回は夜叉神峠から鳳凰三山を巡って広河原に降りるロングコース。
そこで、いつもどおり夜叉神峠駐車場で車中泊。夜中1時頃に到着した
のですが既に駐車場は半分以上埋まっています。すごいですね~。


朝5時前から、既に周りの人は動き始めています。もうちょっと寝てから…
次に起きたら7時前!やば!慌てて用意して、結局7時半に出発です。


ちなみに、夜叉神峠の名前の由来は、昔大雨を降らせたり干ばつを
引き起こすなどする荒々しい巨大な夜叉が住んでいて、その被害に
困った土地の人々が夜叉を鎮めるために、この峠に祠を立てたこと
から、だそうです。


夜叉神登山口は標高1380m、そこから約1時間で夜叉神峠に到着。
夜叉神峠の標高は1770m、本来なら白根三山が見えるはずですが…。
頭が雲に隠れてしまっています。残念。


そして、ここからが長かった~。
まず大崖頭山を経由して約2時間で辻立峠に。そこから更に何度か
登ったり降りたりしながら苺平まで2時間です。


途中、下山してくる人から、今朝熊に遭遇したとの話を聞き、慌てて
ザックに仕舞っておいた熊除け鈴を装着。怖いですものね。


苺平は標高2520m、随分可愛らしい名前ですよね。でもこの名前は
ヘビイチゴが群生していることから付いたそうです。


まだかな~、かなりバテて来ました。山の上の方はうっすら紅葉が
始まっています。


苺平から約30分で南御室小屋に到着。ここで遅めのお昼。
南御室小屋は標高2420m、苺平から100mも下っちゃったんです。

本日の宿・薬師岳小屋は標高2720m、ここからまた300m登らなきゃ
ならない。更に薬師岳小屋には水場が無いので、ここで翌日分の
水も汲んでおかなくっちゃ…。かなり足が重くなってきました。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年08月06日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

以前より一度行ってみたかった山、日光白根山。
本当は、泊りがけで座禅山や吹割の滝などもゆっくり回ってみたかった
のですが、そうもいかないので日帰りで行ってきました。


北関東のコマクサ群生では草津白根山が有名ですが、ここ日光白根山も
コマクサが群生しています。時期が遅かったので見れないと思ってました
が、白いコマクサを見ることができました。ラッキー!(*^^*)


朝4時半に出発し、日光白根山ロープウェイ山麓に8時頃到着。
8時半に登山開始です。


まず二荒山神社に安全祈願。


日光白根山は、登山道も綺麗に整備されていて迷う心配もありません。
森林浴を楽しみながら、約2時間。森林限界を越した後はちょっと急登。


そして最後の岩場を登って山頂に到着。人気の山だけあって多くの人が
登ってきています。


山頂からは、弥陀ヶ池、五色沼が見えます。その向こうには、男体山など
日光連峰も見えるのですが、台風の影響か雲で隠れていました。

170806_043.jpg
日光白根山は標高2,578m、関東最高峰です。じっとしてれば、爽やかな
空気と吹き抜ける風が気持ち良いのですが、さすが登山は暑かったです。


山の上では赤とんぼがたくさん飛んでいました。


山頂から弥陀ヶ池に下り、六地蔵までぐるっと回って5時間半。最後に
天空の足湯で、ゆったり足の疲れを癒して帰路につきました。


北関東にも行きたい山がたくさんあるのですが、関越・東北道はいつも
渋滞していて、最低でも片道4時間かかってしまいます。
往復8時間はキツイ。できたら泊りで、ゆっくり回ってみたい・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月11日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

富士山も登頂できたし、ご来光も見れたし。


たくさん寝たおかげで体力も回復、朝5時半に下山開始です。
下山道を歩く8割ほどが外国人。すごい!


富士山の登山道を見ると、行列ができてました。昨日で良かった~。


富士山はほとんどお花がありません。5合目あたりに少しだけ。


富士スバルライン五合目に到着。下りは3時間半でした。


五合目周辺には観光バスが十数台、駐車場は満杯、すごい人です。
そのほとんどが外国人観光客、日本人と同じような顔をしていても
韓国や中国の方だったりします。改めて富士山人気、すごいですね~。


帰りに東名・足柄SAで見つけた静岡茶コーラ。これが美味しかった!
普通のコーラよりさっぱりしていて、後味が良いです。これもっと欲しい。
そして午前中には帰宅。取りあえず日本最高峰、登りました!
これまで山を登るたびに「え?富士山登ってないの?」と言われることが
何度かあったので、これで心置きなく他の山を楽しめます。

今回思ったこと。
外国人にとって富士山は、京都や東京と同列の観光地のようでハイキング
感覚で登られている方が多かったです。服装もTシャツに短パンやスパッツ、
スニーカーやスリッポンとラフなスタイルが多く、登山という感じじゃない。
でも山小屋も救護所も充実しているので、それでも安心なんですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月10日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

バテバテの一日、宿に戻ってしばらく休憩したら4時に夕食。
夕食は定番のハンバーグカレー、隣ではスペインの方が食べています。
片言の英語で伺うと、今は仕事で香港に住んでいて、富士山に登るため
3泊4日で来日しているそうです。そしてその後も、外国人ばかり。


疲れて部屋で休んでいると、18時半ごろ「外がきれい」とざわめきが。
慌ててカメラを持って行くと、うわ!綺麗~。吉田ルートは東に面して
いるためご来光は見えるのですが夕陽は見えません。それでも空が
オレンジ色に染まって綺麗です!


山小屋の寝床は、シュラフがずらり。幅30cmくらいで身動きできません。
隣には埼玉からいらした親子さん。お母様は私と同年代、息子さんに
お願いして富士山に連れてきてもらったとか。いいな~。
息子さんの方は富士山は4回目だそうです。


19時には眠ってしまったので、夜中に目が覚めてしまいました。そして
外を見たら、美しい星空が…。あまりに寒いので数枚撮って二度寝。


朝2時、山頂でご来光を見る方たちは出発。私は前日登ったので
ここでご来光を見ようと4時起床。実に静かな夜明けです。私には
うまく撮れなかったのですが、太陽が真っ赤に浮かんでいて美しい。
山小屋のお兄さんによると、今年最高のご来光だとか。


富士山のモルゲンロート。山肌が真っ赤です。


朝の4時、夜中の出発組が続々と富士山に登ってきます。
今日は混みそうだな~。



ブログランキング・にほんブログ村へ