みんな大切な人です。
2016年12月07日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

近頃、よくニュースに出てくる「ポピュリズム」。


・・・ポピュリズムとは・・・
 民衆の情緒的支持を基盤とする指導者が,国家主導により民族主義的
 政策を進める政治運動。民衆主義。人民主義。
 政治指導者が大衆の一面的な欲望に迎合し,大衆を操作することにより
 権力を維持する方法。大衆迎合主義。


アメリカ・トランプ大統領誕生、イタリア国民投票による現政権の敗北、そして
イギリスEU離脱。世界がポピュリズム化してきていることを、あちこちの報道
機関が警鐘を鳴らしています。この現象は第一次世界大戦前の世界状況に
似ていると危機感を煽っています。

しかし他方、これは行き過ぎた経済至上主義による格差の広がりや、格差
増大を冗長してきた政治家たちへの政治不信が招いたことだとも言われて
います。

私は雇用促進の現場にいますが、優れた能力をもつ人間以外は不要とする
ような社会全体の余裕の無さ、失敗したら再チャレンジが難しい社会の構造
が人を追い詰め、夢を失わせ、働くことに臆病な若者を増やしているように
感じています。

経済活動とは、本来人の生活を安定させ、人を豊かに幸せにするはずの
ものでした。しかし今は人の手を離れ経済だけが先行してしまっています。

人にはいろんな個性があります。手先の器用な人、対人能力の優れた人、
単調作業を飽きずに根気よくできる人、人は全て同じではなくそれぞれ違う
能力を持っています。全ての人が働く権利を持ち、受け入れられる社会で
あるべきだと思います。しかし今の社会には、その余裕がないのではない
でしょうか?それが格差を生み、社会不安を作り、政治不信を作っている
のだと思うのです。

立派な大人たちが作っている既存メディア、経済至上主義の賢い政治家、
他方で人道主義を唱えテロ組織を壊滅するためといいながらも、普通の人々
を殺戮する国家の争い。矛盾だらけの社会がポピュリズムを生んでいます。
今世界は転換期に来ています。トップにいる立派な大人たちが立ち止まって
考え直さないと、世界は危険な方向に進んでいくような気がします。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年02月12日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

ムバラク政権が崩壊した。
戦前戦後と100年近く世界に君臨してきたアメリカ中心主義が
崩壊し始めたような気がする。

hanaki-370357.jpg


グローバリズム=アメリカイズムは世界に貧富の差を拡大し続け
テロへの制裁との大義名分の下に争いを作り、アメリカこそ正義と
主張してきた。その裏で戦争景気で経済を立て直してきたアメリカ。
去年のトヨタ・リコールも当時から私も含め多くの人が主張してきた
ように、結局はアメリカの日本車潰しの嘘だった。

WHO、IMFなど多くの国際機関の主要メンバーに自国の要人をつけ
結局はアメリカの意向に沿った対策ばかりを取り公平さもなかった。
貧しい国はより貧しく、アメリカの意に沿った国だけが栄えてきた。

かって植民地支配を続けてきたイギリス・スペイン・フランス・・・。
その衰退と同じ道を、今アメリカも取っていくのだろうなぁ。
これからはしばらく混乱の時代が続くのかもしれない。
それでもせめて、世界が平和に移行していくよう祈りたい。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2010年10月23日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

栄養失調-1億9500万人のストーリー-歴史を書き変える時
http://www.starvedforattention.org/index.php

TKY201007090324.jpg TKY201010070376.jpg
【asahi.com 国境なき医師団@世界の活動地より】

良かったら署名を・・・。


琵琶湖のDB,UPしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2010年06月20日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

2007年から2008年にかけて、
バイオ燃料・自然災害など様々な影響から食糧価格が高騰し、
1億1500万人もの人が新たに飢餓に陥った。

現在、世界の飢餓人口は10億人近くにまで上っているという。
つまり世界の全人口のうち、7人に1人が飢えている
というこということ。
そして今回の金融危機、飢餓人口はさらに増えると見られている。


また飢餓やそれに関連する病気のため、
毎日2万5千人が命を落としている。

そのうち、5歳以下の子どもは1万4千人。
時間に直すと6秒に1人、飢えが原因で子どもが命を落としている

子どもの飢餓は身体的・知的発達の遅れにつながり、さらに
その子どもが住む国の経済に大きな損失をもたらしていく・・・。

image_4c05cd7121c60.jpg
    (C)WFP/Stéphanie Savariaud

2008年ローマで開催された食料サミットで、
国連食糧農業機関(FAO)のディウフ事務局長は訴えた。

「年間300億ドル(3兆円)の支出があれば、
 世界の飢餓を根絶できる


「2006年、世界では、
 1兆2000億ドル(120兆円)もの金額が武器に使われ、
 ひとつの国で1000億ドル(10兆円)もの食糧が廃棄され、
 200億ドル(2兆円)もの余分な食事で肥満となっている。」

「その一方で、
 今飢えている8億6200万もの人々
 最も基本的な権利、食べること=生きて行く
 という権利のための300億ドル(3兆円)の資金がないと、
 どうして説明ができるだろうか?」



【関連サイト】
●地球の腹ペコを救え
●WMF世界ハンガーマップ・ナビ

そして 以前書いた記事
●身の程知らず「飽食日本」





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2010年06月16日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

アムネスティでお願いしている2つのアクションをお知らせします。

(1)パレスチナ自治区ガザ



先日もトルコ活動家たちによるガザ支援船を攻撃し 20名弱を殺害、
数十名を負傷させたイスラエル政府軍。

パレスチナ自治区ガザ・・・この長さ40km、幅9.5kmの中に
140万人を超えるパレスチナの男性、女性、子どもたちが
閉じ込められている。
その生活は電力不足、わずかしかない質の悪い水道水、ひどい食料不足、
そして大量失業、極度の貧困、と深刻な状況になっている。

gaza.jpg
(イスラエルの攻撃によって破壊されたオマール・ビン・ハタブ女子小学校。
 しかしガラスがないために、教室の窓が修繕できない。)


そのイスラエルの暴走に非難の声をあげる1クリック・アクション。
下のリンク先を訪問いただき、3のお名前、4のEmailを記入して送信。
「アムネスティ1クリック・アクション」ウェブアクション ガザ地区


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2010年01月16日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

またもや 貧しい国を天災が襲った。
ハイチ大地震での被害は 20万以上とも言われている。
同国の人口は約1000万人。
最悪の場合、国民の50人に1人が震災で死亡する計算で、
西半球の最貧国に壊滅的被害を及ぼす大惨事となる。

日本政府の対応、遅すぎる。

【APF通信による 被害状況写真】
amr1001150942003-p1.jpg
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2682967/5167377
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2682967/5168577
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2682967/5168649


ハイチ支援サイト

国境無き医師団
ユニセフ
Save the Children
日本赤十字

アメリカから医療設備の整った軍艦がポルトープランスに着いたそうだが、
まず、4万5千人いるアメリカ人の救出が最優先のようだ。
フランスやアメリカから来た救助隊が外国人を救助している現場の
すぐ隣のブロックで、ハイチ人も助けを必要としているというのに・・・。







ブログランキング・にほんブログ村へ   
2009年09月27日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

少し前にも取り上げたロシアの人権活動家狩りに対する
オンラインアクションが アムネスティで掲載されました。
興味のある方は 良かったらぜひ 参加してみてください。

【アムネスティ・ジャパン】
ロシア:人権活動家狩りに終止符を!

(ロシアにおける 人権活動家暗殺について書いたトピックはこちら。)
止まらない暗殺 - ナタリヤ・エステミロワさん暗殺事件
ロシア元KGB幹部変死事件から見るチェチェン
 - アンナ・ポリトコフスカヤさん、アレクサンドル・リトビネンコ暗殺事件


このロシアの人権家狩りについては あのアメリカさえだんまりを決め込んでいる。
ましてや 日本の政治家が言葉にさえだせるはずもない。
だから私たち一般人からの抗議メールだけが せめてもの活動なのです。

        

また先月 アフリカのコンゴ北東部・スーダンについての現状が
国境無き医師団のHPに掲載されました。
コンゴ北東部・スーダン南部:苛烈な暴力から逃げ惑う人びと
このコンゴ・スーダン地域における 暴力や虐殺行為は もう随分前から続いているのに
これも なんら解決の糸口が見えてこない。
実に情けない 悲しいこと。

(スーダンにおける人権侵害について書いたトピックはこちら。)
助けてください - ダルフール大虐殺
伝えたいこと - 奴隷にされた少女メンデ

平和な日本にいると 目の前の欲ばかりに囚われ権利主張ばかりが目立つが
世界では 最低の人権さえ守られない場所がたくさんある。
だから私たちは 自分たちにできることを しっかりしていかなければ、と思う。
そして 私たちが今生きている同じ空の下に 今も苦しんでいるたくさんの人が
いることを忘れてはいけない。 と肝に銘じておこう。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2009年03月17日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

久々に あの映画「それでも生きる子どもたち」を見た。
そして このブログから遠のいている理由を 改めて思った。


この地球上のどこかでは、今この時も 争いがおき 人が傷つき
食べ物に餓え、 寒さに震え、恐怖に震えている人たちがいる。


中国によるチベット民族への民族弾圧、
民族を根絶やしにしようとする むごい人権侵害、虐待の数々。
ロシアによる グルジア侵攻やチェチェン民族虐殺など 旧ソ連邦加盟国への
横暴極まりない弾圧。 そして アンナやリトビネンコのように抵抗する人々の暗殺。
スーダン政府軍とアラブ系民兵によるダルフール大虐殺。
イスラエル軍によるガザ地域への侵攻・攻撃。


なぜ人はこんなにも争うことが好きなんだろう。
「争いをやめよう、人々に自由を!」と 運動するたくさんの人たちがいる他方で
人間とはどれほど残酷に 自己の欲求ばかりを追求できるのだろう。


世界のいたるところで 貧富・教育・環境の格差が広がり 貧困や無教養ゆえに
かってとは違う形の人身売買、奴隷制度がじわじわと広がっている。

豊かな人間・力の強い人間が 貧しい無教養な人間を弾圧してるのである。



[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2009年03月08日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

1年半ぶりの放送、「世界がもし100人の村だったら6」(FujiTV)。
毎回のことだが この番組は 今の自分を見直す機会を与えてくれる。

http://wwwz.fujitv.co.jp/sekai100/index.html

今回は 世界でも最も貧しいアフリカのガーナ、シェラレオネ、ニジェールのお話。
痩せた土地、その中で鉱石などの少ない資源による利権争いからおきる内戦。
そして医療格差、貧困、そのしわ寄せは 弱者である女性や子どもに。
その原因であるダイヤモンドの購入量世界第二位はこの日本。


残酷にも 親を目の前で殺害された子どもたち。
言葉を失くし 恐怖から心も閉ざされてしまった子どもたち。
心が締め付けられる。
なぜ、人はこんなにも残酷なことが出来るのだろう。


だからといって 私たちに何が出来るんだろう。
所詮は何も出来ない、何もしてない、なのにそれを忘れている。
ただただ 自らを反省するのみ。


それでも この番組を見ている間、この番組途中で入るCMにはすごい違和感。
特にスバル「フォレスター」のCMには あまりに場違い。
日本の勘違いしたセレブぶりに 怒りさえ感じた。


これだけ苦しい世界にいる子どもたちの話をしている番組で
あの馬鹿げた、成金趣味のCM? ちょっと考えるべきじゃない?
と思った。


最後にこの番組のテーマ曲
★Isn't she lovely - スティービー・ワンダー★
Click!視聴できます。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2009年01月07日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

フランスのサルコジ大統領が調停していた ガザ地区での
人道援助物資搬入のため「48時間停戦」が不発に終わった。

エッフェル塔にロケット弾?=イスラエルが宣伝アニメ
 パリのエッフェル塔やロンドンの英議会時計塔(ビッグベン)に
 ロケット弾が降り注ぐ-。イスラエル外務省は6日までに、同国の
 パレスチナ自治区ガザ攻撃に理解を得るための宣伝アニメーション
 を作成し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公表した。
 約30秒間のアニメは、英仏独3国を象徴する建造物の前に次々と
 ロケット弾が降り注ぎ、それぞれの前にいる男性が怒りをあらわに
 しながら、ついに着弾の衝撃で倒れるという内容。最後に
 「イスラエルのスデロト(ガザ境界付近の町)では、人々が過去8年間、
 このような感じで暮らしています」とメッセージが表示される。


その問題の動画が どうやらこれらしい。


仮にもフランスの大統領の 正式な調停行為に対しての返事がこれ?
なんだかなあ・・・ イスラエルもまるで北朝鮮のようになってきたー。
それを自分たちのために守るアメリカ、そもそも原因を作りながら知らん顔のイギリス。

なんだか 世界中がイライラしている。
世界はどこに向かうんだろう・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ