みんな大切な人です。
2011年03月31日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

hanaki-370563.jpg

iphone110331004.jpg

明日いよいよ、松本へお引越し。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月29日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

hanaki-370555.jpg
いつの間にか、こ~んなにたくさんのつくしが!



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月28日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

hanaki-370552.jpg
冷え込んだ朝の空気。

hanaki-370551.jpg
それでも季節は春に。

油断したせいか、風邪を引いてしまいました。
今日は鼻水がずるずる・・・。
今週末は引越しだというのに~。根性で治さなきゃ!



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月27日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

iphone110327002.jpg
まだ風は少し冷たいけど、今日はひさしぶりの良いお天気。
かわいい男の子ふたりを連れたお母さん。
こんな日もあったなあ、と懐かしく思い出しました。

iphone110327010.jpg
空も春色に。


ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月27日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

未曾有の震災から2週間。
徐々に表面化してきている震災のトラウマ(心的外傷)による神経性障害、
PTSD(心的外傷後ストレス障害、またはASD(急性ストレス障害)。

iphone110326008.jpg

何の前触れもなく襲ってきた天地が引っくり返るような大地震、
目の前に迫ってきた大津波、一瞬の間になぎ倒されていった建物、
自分の目の前で流されたり波に飲まれていった家族や友人たち・・・。
そんなショックな状態に追い討ちをかけるように続く大きな余震。
どれほど深く精神をえぐられてしまったことか・・・・。
被災地の誰もが、今、心のケアを必要としている。

◇災害発生初期の「心のケア」
治療よりも、安全を確保し安心感を与え、心身のストレスを緩和すること
が大事。もともと心身に備わっている回復力を支援し補助する。

① まず必要なのは質の良い睡眠を含む休息。
② 今度のような大災害の時に、このようなストレス症状が起きることは、
  正常な反応であることを伝え、誤った理解による悪循環(たとえば
  罪悪感の増大)が起こらないようにする。
③ 体験を語ることは回復を助けることもあるが、援助の最優先課題ではない。

今回の場合、そのあまりにも広範囲被災のため、これすら難しい。
早く全被災地へ水や物資を補給し、孤立地域を救うため全力を尽くしてほしい。
そしてメディアは被災地目線にたった正確な情報を!

[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月26日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

地面に触れた途端に溶けてしまう春の雪。

iphone110326002.jpg

iphone110326003.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月25日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

iphone110321002.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月24日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

精神障害には内因性と外因性がある。

◇外因性とは、体の病気から精神障害を発症するもの。
 脳器質性精神障害・薬物依存による精神障害・てんかんなど。

◇内因性とは、精神的ストレスから精神障害を発症するもの。
 神経症・統合失調症・躁うつ病など。

iphone110319022.jpg

内因性精神障害の中でも、ここ数年増えているのが不安障害。
主な不安障害。

①広場恐怖
   広い開放空間や公共の場にいるときに起こる恐怖。
   パニック障害の原発性であり、パニック障害を併発する。

②社会恐怖症
   人前で話すことなど注目されることに恐怖を感じる。
   生涯有病率13.3%。5歳、11~15歳の間が発症のピーク。
   男性より女性に多い。 

③パニック障害(恐慌性障害)
   思いがけない時に、突然生じるパニック症状が特徴。
   生涯有病率1~2.5%。15~24歳と45~54歳に発症ピーク。
   女性が多く、遺伝性も示唆されている。

④全般性不安障害
   いろいろなストレスの重なる状況が慢性的に続くことにより、過剰な
   不安や心配から、自律神経系の過覚醒状態を中心とした身体症状を発症。
   原因となるものは経済状態、家族の健康など生活環境についてが多い。
   生涯有病率5%。 男女比では1:2で女性に多い。成人初期に発症。
   家族集積が示唆されていて、弱い遺伝因子の存在も推定される。

[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月23日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

iphone110323016.jpg
空高く伸びろ~。


ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年03月22日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

講習会の最終日、テーマは「ストレス関連障害」。
今回は盛りだくさんなので、数回に分けて書きます。

最近多いものに、荷おろしうつ病がある。
長年の夢がかなったり目標を達成して、肩の荷を降ろした途端に、それまで
溜め込んでいたストレスからの疲れがどっとでてしまい、無気力状態やうつ状態
に落ちいってしまうもの。

iphone110321001.jpg

例えば、節約に節約をかさねてやっと念願のマイホームを手に入れた。
脇目も降らずに仕事に励んで、ようやく昇進にこぎつけたら目的を失った・・。
また長年、仕事や家事・育児などに追われて、ふっと気がついた時、子供達は
就職や結婚して独立、持ち家もあって精神的にも安定しているのに、なぜか
心の中が空虚で、生きていく目的を失う・・・など。

また大きな災害などの直後は、緊張から気が張っていて頑張れたものの、
半年くらいして落ち着いた頃に、ふと気力が失われ抑うつ症状に。
神戸大震災やJR福知山線事故の半年後からこの症状の患者が増えたという。
今回の東北太平洋沖震災でもPTSDと共に、この荷おろしうつ病が懸念される。


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ