みんな大切な人です。
2011年12月28日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

先日、買い物のついでに松尾芭蕉が愛したという義仲寺に寄ってみた。


このお寺には悲劇の武将・木曾義仲(源義仲)と愛妾・巴御前の墓がある。
義仲の死後、巴御前がこの墓所近くに草庵を結び「われは名も無き女性」と
称し、日々ここで供養したそうだ。
この二人は美男美女だったようで、義仲は「眉目形はきよげにて美男なり」
巴御前は「色白く髪長く、容顔まことに優れたり」と伝えられている。

芭蕉は源義経や木曽義仲のように、運命に翻弄された悲運の武将に深く心を
寄せていたようで、度々この寺を訪れている。
旅の途中で病に罹り大坂の旅宿で床に臥せた芭蕉は、生前に残した遺言
「木曽殿の隣に」によって、この義仲寺に葬られた。

木曽殿と背中合せの寒さかな」   松尾芭蕉の門人・島崎又玄の句



【木曾義仲】
木曾義仲(1154~1184)は、武蔵の国(さいたま)大蔵で誕生。
父・源義賢は源頼朝の父・義朝の弟で、義仲は源頼朝の従弟。
幼少の時、父・義賢が甥の源義平(悪源太)に殺され、その後斎藤別当実盛ら
の情により、木曾の山中に匿われ成長。 1180年、似仁王の令旨によって
平家追討の挙兵をし、1183年砺波山で平維盛を敗り入京。

そこで後白河法皇からその功を賞して「朝日将軍」の称号を与えられた。
ところが、その後の木曾義仲軍の粗暴な行為に困った後白河法皇は、
とりあえず平家追討の院宣を義仲に与え都から遠ざけ、その隙に鎌倉の
頼朝に上洛を促し密かに頼朝に義仲追討命令をだした。1184年、義仲は
頼朝が差し向けた源範頼、・義経軍と戦って敗れ、近江国粟津ヶ原で戦死。
享年31歳。

私も芭蕉と同じで、歴史の表舞台から退けられてしまった悲運の人々、
名もなき人々についつい心が惹かれてしまいます。
ちょっと歴史の散歩でした^^。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月24日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します


メリークリスマス。  素敵な夜をお過ごしください。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月19日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します


夕陽に照らされた歩道を、帰りを急ぐ自転車。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月17日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

昨日は初雪が降りました。
終わりかけの最後の紅色は、ちょっと暖かい色。


竹林の小径、動画にしました。






ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月15日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は仕事帰りに、嵐山花灯籠へ。


渡月橋が撮りたかったのですが、うまく撮れなくて・・・。
で、もう一つ見たかった竹林の小径を。



なんだか かぐや姫が現れそうな・・・。


幻想的で美しかったのですが、平日だというのにすごい人!
あちこちで三脚を立てて、撮影のために人だかりでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月10日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は皆既月食。
お天気に恵まれ、撮影成功^^。


YouTubeでいつも素敵な動画を配信くださっているaomorigontaさんの
ところからお借りしました。皆既日食のすばらしい映像です。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月07日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

動く電車の窓ガラス越しに撮った保津峡。

終わりかけの紅葉が鮮やかに。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2011年12月03日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します


おうちに帰ろう。

人の心は弱いものだ。何度も周りから拒否され続けると、性格まで変わってくる。
最初は意気揚々と将来の夢を語り、傲慢不遜と思えるほどに恐れを知らず、元気
いっぱいに就職活動を始めた若者たちも、この不景気で何ヶ月も就職先が決まら
ず、自分のどこが悪いんだろう、と修正を繰り返すうちに、自分を見失っていく。

就職できないのは社会のせいだけではないが、それでもあまりに厳しい現実に
彼らは自信を失い未来に不安を覚え、そんな自分を庇うように虚勢を張ったり、
自分の中に籠ってしまったりする。

そんな彼らを「今の若者は弱い、根性がない」と誰が言えるだろう。去年に続き
深刻化する就職難、戦後最悪あのバブル崩壊時よりも厳しい雇用環境。
なんとか彼らに本来の自分を取り戻してもらって、いつか必ず自分の場所が
見つかるから!と前を向いて進んでいけるように、応援するだけの応援団。
じれったくて(政治に)腹が立っても、何もできない無力な私。情けない・・・。

12月に入り、例年より2ヶ月遅くこの就職戦線に参戦してきた大学3回生。
焦らず自分を見失わず、自分の未来像をしっかり見据えて活動して欲しい。




ブログランキング・にほんブログ村へ