みんな大切な人です。
2012年11月15日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

10月終わりの日曜日、朝起きたら腰から足にかけて激痛が走り、
起き上がることさえできなくなり、そのまま救急外来へ一直線。
椎間板ヘルニアとの診断。

3度に渡る神経根ブロック注射も全く効かず、これは手術しかないなあ、と
お医者様に言われ・・・。ええ~~~~~! ショック・・・。
スケジュールが一杯だったため仕事を調整して、バス乗継等で通勤をカバー
しながらなんとか2週間、激痛に耐えながら仕事をこなしやっと手術入院へ。


手術は簡単なものでほぼ1時間で完了。足の神経は痛め過ぎていたため、
まだ完全回復とまでは行きませんが、なんとか歩けるようになりました。


病院という所は切ないところです。それぞれ、いろんな事情を抱えながら
病気と闘い頑張っておられます。

怪我から認知症を併発されたおばあちゃん。
毎日、目が覚めている間中「痛いよう、助けてよう、お願いします」を朝から
晩まで繰り返し訴え続けています。
看護師さんによると、お見舞いの親族も誰一人来ないと・・・。


窓から見える空は、明るすぎるほど青く高く眩しい。


窓の向こうには当たり前の日常が・・・。
早く日常の中に戻りたいと、ここにいる誰もが願ってやみません。

私は早めに退院して、来週からまた仕事復帰です。
年なので、もう無理はしないようにしながら・・・頑張ります!!
日常の大切さを改めて感じた病院生活でした。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2012年11月03日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

先週初め腰を痛めてしまい動けなくなってしまったため、今日は映画三昧。

一つ目は「バベットの晩餐会」。
19世紀後半のデンマークの片田舎が舞台のハートウォーミングなお話。
幸せってなんだろう?と考えさせてくれます。
babe92.jpg

二つ目は韓国で大ヒットの切ないラブストーリー「ただ君だけ」。
これでもか!というくらい、ただただ泣かせてくれます。
onlyyou_20111103.jpg

最後は、心に傷を負った少女たちが織りなすドラマ「17歳のカルテ
境界性人格障害など心の闇を抱えた少女たちが苦しみぶつかりながら
前を向いて歩きだす、その過程を描いた問題作です。
img_1783472_49618923_0.jpg

どれもそれぞれ味のある映画でした^^。けど早く動けるようになりたい・・・。







ブログランキング・にほんブログ村へ