みんな大切な人です。
2013年08月31日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日はトレーニングのつもりで丹沢は檜洞丸へ。
山は涼しいはずなのに暑い・・・。


西丹沢自然教室からツツジ新道を通って・・・最初はこんな穏やかな山道。


ところがゴーヤ沢出会を過ぎると岩ゴロゴロの急登が始まりました。
標高差1045Mもあったんですね~。最初の1時間半ほどで汗だくになり
体力消耗、息切れ・眩暈が・・・。こんなキツイ山だとは思わなかった~。


ここで誰か亡くなられたようで、墓標にお花が添えられてました。


目を楽しませてくれるお花も少ないし、鎖場、崖っぷちに岩場だらけ・・・。
何度か引き返そうかと思いましたが、ん~~これもトレーニング! 
ゆっくりでも歩けば必ず登れる・・・と言い聞かせながら・・・。


途中から雲の中に入りました。 お天気もなんだか怪しいぞ・・・。


やっと山頂近くへ。この辺りはなだらか木道があり、まるで尾瀬のようです。


お花畑~。頑張った甲斐がありました。(*^_^*)


こんな風景もなかなか風情があります。^^


3時間コースのところ、4時間近くかかってしまいましたが、なんとか登頂!
檜洞丸1601M、帰りも当然ながらの急下り・・・大変でした。疲れた~。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月29日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は遅い夏休みを取り、ゆっくり朝寝坊。
昨夜は昔の仕事仲間の送別会だったため、今朝はちょっと二日酔い・・・。
でもとっても良いお天気だったので、ちょっと近場を探索に。


大船にある定泉寺、入り口には大きな百日紅の樹。 


ここには田谷の洞窟と呼ばれる古い人工の地底伽藍があります。鎌倉時代に
真言密教の修行場として開鑿されたとか・・・。 正式名称は瑜伽洞、
瑜伽(ゆが)とは密教用語で瞑想的合一をはかる修行法だそうです。


鎌倉時代の初期、ここには幕府侍所の別当で和田義盛の三男・朝比奈三郎の
館がありました。 1213年、北条義時に対する憤りから発した和田合戦、
この事変によって北条氏の権力は一層強まり、1215年正月の将軍実朝暗殺
へ向かうことになります。


この戦いで幕府軍を苦戦させ続けた勇将がこの朝比奈三郎泰秀です。
同族三浦義村の裏切りによって敗色が濃くなった時、三郎はこの洞窟を
伝って脱出したといわれています。


全長1キロに及ぶ洞窟には、300体をこえる仏像や仏画の見事な彫刻が
残されています。 天井には曼荼羅、十八羅漢、刈萱道心の仏教説話などが
彫られ西国三十三所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所、四国八十八箇所の
壁画は、それらをすべて回ることで巡礼したことの代替とするものだそうです。


田谷の洞窟が真言密教の修行窟として逐次拡大されつつあった1532年
鶴岡二十五坊相承院の僧快元法印の門弟・隆継阿闍梨によってこの地に
定泉寺が建立されました。


境内には水子供養の小さなお地蔵様がたくさん年代ごとに分けて祀られてます。 


外には子授かり・安産祈願の「玉石」。 撫でられて丸くなったそうです。


田谷の洞窟は、わが国にはほとんどその例を見ない人工の地底伽藍として
有名だそうですが、私は今日初めて訪れました。 こんなに近くなのに(-_-;)。
洞窟の中はひんやりして気持ち良かったです。^^




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月27日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

朝の通勤途中、青い空がビルの窓に映りこんで・・・。


爽やかな朝でした。(*^_^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月25日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は恵みの雨、久しぶりに過ごしやすい一日でした。
お天気が良かったら山歩きをしようと考えていたのですが、ちょっと残念。

おかげで久しぶりの映画三昧。
「沈まぬ太陽」の映画をどうしても見たくて・・・。
本を読んだ時もそうでしたが、御巣鷹山シーンは涙が止まりませんでした。
いつか登ってみたい山です・・・。

そして続けてみた映画は1998年版「レ・ミゼラブル」。
心が洗われました。そして勇気も・・・。

lesmiserables.jpg
この映画の主役リーアム・ニーソンさんて、どこかで見た顔だなあ、と思ったら
あの「シンドラーのリスト」のシンドラーさんだったんですね。

そしてこの映画で憎たらしいジャベール警部役のジェフリー・ラッシュさん。
偶然にもその後見た映画「シャイン」の天才ピアニスト役でした。
この方は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の方が有名ですね・・・。

shine.jpg
あまりにも雰囲気が違うために、え?同じ人?と びっくりしてしまいました。
さすが名優と呼ばれる方、素晴らしい演技力です。

この映画「シャイン」は実在のピアニスト、ディビッド・ヘルフゴッドさんが
モデルでピアノを弾くシーンの指は、彼自身のものだそうです。
この映画では彼の父親がひどく支配的かつ暴力的に描かれていますが、
実際と違うとご家族から抗議があったようです。

しかし不安神経症、もしかしたら統合失調症?で何度も入退院を繰り返し、
治療を受けながらもピアノを諦めなかった姿は、同じ病で苦しんでいる人達に
勇気を与えるでしょうね。良い映画でした。

さ、また明日からお仕事頑張ろう~。(*^_^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月21日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

幻想的な十五夜のお月様。流れる雲の合間に・・・。


昨日の天気予報では雨のはずだったのに・・・暑いです。(-_-;)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月20日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

明日は十五夜、今日は待宵月。


今夜のお月様は綺麗です。


明日はお天気が崩れそう、でもこの暑さもやっと一息つけるかな・・・。(^.^)

京都のTさん、京都はむっちゃ暑いでしょう?
今年は異常! もう少しで秋、頑張ってね (*^_^*)。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月11日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

ひまわりもいろんな種類があるんですねぇ。


赤いひまわりや・・・


こんなグレデーションのひまわり。


でもやっぱり ひまわりは元気な黄色がいい。(*^_^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月10日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

2年前父が亡くなった時、父の残した本の中から見つけた百田尚樹さんの
「永遠の0」。 そこで初めて知った人間魚雷の存在。 あまりに衝撃的で
しばらくは戦争に関する本ばかり読み漁っていました。

沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)

沈まぬ太陽 文庫 全5巻 完結セット (新潮文庫)

(2002/01/01)
山崎 豊子

商品詳細を見る

そして今再び、偶然に読み出した山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」の主人公
恩地元のモデルとなった小倉寛太郎さん(1930-2002年)のことを調べて
いたら、この方の従妹もまた特攻隊、人間魚雷で亡くなっていたと・・・。

当時、陸軍士官学校や海軍兵学校をでた人たちから見ると、民間の学校から
学徒動員されていった人たちは「スペア」つまり予備部品と呼ばれていたとか。
戦争という異常な環境の中で、あまりに軽い人の命。 悲しいですね。

「沈まぬ太陽」この小説も発表当時かなり物議をかもした作品で、日航では
機内から「週刊新潮」販売を排除したり、マスコミを動員して登場人物たち
への個人攻撃や政府がらみの抑え込みがあったりと大変だったようですね。
この中で、御巣鷹山事故の場面は涙なくしては読めませんでした。

お盆に寄せて・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月03日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

去年から見たいと思っていたレンゲショウマ。
奥多摩の御岳山で見ることができました。(*^_^*)


もっと見通しが良ければ、遠くスカイツリーも見えるそうです。


レンゲショウマ、やっと会えたね~。^^


こちらはキレンゲショウマ、花はまだ咲きかけているところみたい。
他にもたくさんの花と出会え、マイナスイオンもたっぷり頂きました。^^




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2013年08月02日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

久しぶりに花火大会に行ったので、たくさん撮ってしまいました・・・。
やっぱり花火大会には浴衣がよく似合う。最近は浴衣男子も多いですね。


飛鳥Ⅱ?が停泊中。


どど~んと2万発ですか? 同じような花火だけど大放出!(笑)
















海辺は風が気持ちよくて、大満足でした~。(*^_^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ