みんな大切な人です。
2014年09月28日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します






枯花も美しい。

30名以上の方が倒れているとか・・・。 詳細がわかってくるほど被害者の
数が増えていくようです。 できるだけたくさんの方に生きていてほしい。

山で出会った、山小屋通いをしている美しい方、彼女も元気でいてほしい。
また逢いましょう、と名前も教え合って、再開の約束をしたんですから・・。
祈ってます。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月27日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

出会った花たち。


アキニレ?


ウラジロナナカマド?


ヤマハハコ。


ノコンギク。


キソアザミ。


オンタデ。 これは御嶽山の名前から付けられたそうです。

今日、御嶽山が噴火しました。
私が登ってからたった6日。

登っている時には、硫黄の匂い・噴煙も多少ありましたが
気になるほどじゃなかったので、まさか!と驚いてます。

たくさんの登山者がまだ山に取り残されてるようで・・・
皆さん無事に帰れることを心よりお祈りします。

これらの花も火山灰で埋もれてしまったでしょうか・・・。
山は生きている。 地球は生きているんですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月26日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します


秋の景色。




そこここで、色づいてました。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月25日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

御嶽山で迎えた朝5時半、ご来光を期待して外へ。


気温は1度。 フリースを着てダウンも着て、それでも寒い。
厚い雲に覆われて、期待のモルゲンロードは雲の中・・・。


でもこの雲海に浮かぶ山々、綺麗です!!!


日の出と反対側の空は、なんとも幻想的。(*^_^*)


霜の花です。


さあ、今日は朝のうちに剣ヶ峰まで登ってこよう。


昨日、お風呂に入れたおかげで、疲れは残ってません。^^


2日目にしてやっと剣ヶ峰(3,067m)登頂。 日本で10番目に高い山です。


朝5時から登ってきたという若者お二人、元気で楽しそうです^^。


二の池が見える~。


この景色、最高!!! ずっとこのまま見ていたい。


朝ごはんを食べたばかりなのですが・・・同宿の大阪からいらしてた
カップルの女性から頂いたお菓子を・・・。 美味しい~。(*^_^*)


向こうに見えるのは頂上奥社本宮。


朝8時だというのに、続々と登ってきます。 このカップルとは後ほど
山を下りたところで一緒になりました。^^;


あれ? ほら貝の音が聞こえる・・・と思ったら行者さんでした。
夏は白装束だそうですが、寒くなったのでこの服装だとか。
まるで天狗のように走って登って、走って下りていかれました・・・。 速い!


皆さん、朝の5時くらいから登り始めたそうで・・・。 すごい健脚ですねぇ。

「もう登ってきたんですか?」 と驚かれる度に
「いえいえ、昨夜宿泊したので、今日は下りるだけです。 昨日はここまで
 5時間かかって登ってきました。」
というと みんな、ほっとしたように笑ってくれます。
私みたいな鈍足も人の役に立ちますね^^。


山はほんの少し、色づき始めていました。


ナナカマド。


ススキ。


最後に出会った美しい女性は、なんと毎週東京から、山小屋を手伝いに
通ってきているそうで・・・ すごい! 格好いい~。(*^_^*)
また御嶽山に逢いに来ますね!と 約束して帰路へ。


帰り諏訪湖SAで食べた、揚げ茄子と辛味肉味噌そば、美味しかった~。
これは本当に絶品、お勧めです!

今回の旅でもたくさんの方と出会いました。
広島からやってきた楽しい年配の団体さん、イケメン美女のカップルさん
グループ、「昨夜は飲みすぎたっす」 と汗だくで登ってきた若者たち。
「昨日は木曽駒、宝剣山に登ってきたんですけど、ここきついっすね~。」
2日連続で木曽アルプスを登頂という大阪からやってきた素敵な青年。
こういう人との出会いも楽しいのが山歩きです。

御嶽山は本当に美しい山でした。 御嶽山詣でをされる気持ちがわかります。
また来るぞ~。 (*^_^*)   今度はロープウェイから・・・。







ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月24日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

本当はゆっくり池の周りを散策・・・と思っていたのですが
ついつい宿のお兄さんに進められて 摩利支天へ向かうことに・・・。


チングルマ。


日帰り登山の方たちは、そろそろ帰っていきます。


「ここから45分くらいで摩利支天の鳥居まで行けますよ~」と言われ
「折角なので行ってみます」 と元気よく答えたものの・・・。


あ~疲れた、と賽の河原でヘタりこんでます。


草紅葉がキレイです^^。 このままここで眺めててもいいなあ。


あちこち石積みの上には小さなお地蔵さんたち。


あそこが摩利支天の登山道かぁ。


仕方ない、ぼちぼち行きますか。


摩利支天とは、太陽や月の光線を意味し陽炎を神格化したものだそうです。


ここから三の池が覗けます。


御嶽山には5つの池があります。 鮮やかなコバルト・ブルーですね^^。


ああ、この景色好きなんですよね~。^^


え?ここを登るの? 無理でしょう~。


と言いながら、疲れた足を引きずって、途中まで・・・。


もう、近くで見たからいい。 宿に戻ろう!


すっかり秋の景色ですね~。


疲れたと言いながらも、ついつい写真を撮っている私って・・・バカですねぇ。


夕飯も終わり、ほっと一息ついていたら、同宿の兵庫からいらしたご夫婦の
奥様が 「今窓から見たらすごい雲海よ!」。


外は凍えるほど寒かったけど、きれいでした~。(*^_^*)
お風呂であったまって 今夜は早めにおやすみなさい。 疲れた・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月23日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

木曽のなー 中乗りさん
木曽の御嶽さんは なんじゃらほい
夏でも寒い よいよいい

幼い頃から聞き知っていた民謡木曽節、その御嶽山に行ってきました。


夜がけで車を飛ばし道の駅で車中泊、朝こんな景色を見ながら王滝村へ。

お猿さんがたくさん道路で遊んでるんですね~。 御嶽湖からは靄が・・・。


御嶽山は大きな裾野を広げる独立峰、実に雄々しい山です。


朝7時半、さあ登山開始。 既にたくさんの方が登って行きます。


とはいうものの、やっぱり私はこ~んな写真や


あ~んな写真を撮ってばかりで、遅々として進みません・・・。 キリンソウ。


御嶽講の信者さんかな? チリンチリンと鈴を鳴らしながら金剛杖をついて
歩いて行かれます。 さすがに寒いので白装束の上にはジャケット^^。


8合目金剛童子(2475m)。


この森林限界を超えたあたりから、息がきつくなってきました。
目の前に王滝山頂が見えるのに、なかなか近くなりません・・・。




遠くに見えるのは、田の原駐車場。 ずいぶん登って来たなぁ。


あ、コケモモの実だ~。 一粒口に・・・ 甘酸っぱい味が広がります。^^


やっと9合目の一口水、でも水は出ていません。 飲みたかったな。


御嶽山は、時間がかかっても諦めずに歩き続けることが大切だそうです。
なので牛歩より遅い亀の私ですが、諦めずに歩き続けます。


といいながらも、またこんな花を見るとつい・・・。 イワギキョウ。


トウヤクリンドウ、たくさん咲いてました。(*^_^*)


王滝山頂(2936m)にようやく到着。 時間を見ると12時半!
なんと、ここまで5時間かかってしまいました。 人の倍近くかかる私。^^;


ここで小鳥が、「お疲れさん!」と言ってくれたような・・・ 嘘です^^。


あれ?朝前を歩いてた山ガールさんたちだ。 
「もう剣ヶ峰行って来たの?」  「はーい、これから帰ります^^。」
気を付けて帰ってね~ ・・・て私が言えるセリフじゃありませんが(苦笑)。


剣ヶ峰。


剣ヶ峰からは続々と人が下りてきます。


しかし、ここまでで体力を使い果たしてしまった私は、剣ヶ峰登頂は明日に
回して、横滑りで今日の宿・二の池本館に向かいます。


二の池本館。 今日は宿泊者が3カップルと私ひとりの7名だそうで
なんと個室が頂けました^^。 ラッキー!!!
取りあえず荷物を置いて・・・・まだ1時半。 さあどうしよう?

続く・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月17日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します


秋のもこもこ雲。



思いは止められないよね
だから そのまま思い続けようようよ
心が締め付けられ
息苦しいほどの苦しさで
いつか疲れはてて
心の呼吸を止めてしまうかもしれない

心は折れるんじゃない
ただ壊れてしまう
それでも生きて行けるさ



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月16日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します


久しぶりの、夕陽に映える富士山。 



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月09日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します


同じ空を見ているね。


空は繋がっているよ、どこまでも。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2014年09月05日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します



頑張ったね、よく頑張ってきたね
華々しい結果は出なかったかもしれないけど
いつだって前を向いて 生きてきたよね

誰も褒めてくれなくても
あなたが頑張ってきたこと
私は知ってる

偉かったね、 本当に偉いよ
自分自身を褒めてあげよう
価値ある自分を 認めてあげよう

褒め言葉は、頑張った自分へのご褒美
自分を優しく労わってあげよう
あなたは最高です





ブログランキング・にほんブログ村へ