みんな大切な人です。
2015年07月27日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します


重いザックを背負って、雨でずぶ濡れの山歩きはキツかったです。
でも・・・お天気が良いに越したことはありませんが、雨対策をしっかりして
いれば、なんとか行けるものなんですね。^^ これは教訓になりました。


今回の山歩きでひとつ感じたことがありました。 それは・・・
Beauty is on the inside. (美しさとは内側に宿るもの)


実は山でお会いしたフランスからのグループのお一人にご年配の女性が
いらっしゃいました。 ご主人とその友達、私の息子と同年代らしき青年たち
という組み合わせから見るとお母様、私と同年代かしら? 自然な皺が
とても美しい、まさに大人の女性のという雰囲気の凛とした方でした。 

最近の日本って、大きなお目目にお星さまキラキラ・アニメキャラのCMが
やたら多く、バラエティーもお子様アイドルがたくさん、まるで若く幼い方が
良いみたいな、節度のないロリコン化が進んでいるような気がします。
これって、日本以外の国から見たら変に見えないのかな。

その影響もあるのか、年齢不明の「美魔女ブーム」もありましたね。
若く美しく見えるのは良いことだとは思いますが、彼女たちの美に対する
猛烈な執念、そちらの方がすごいなぁ、と感心してしまいました。
これについては、あの小藪さんが辛辣に批判してましたねぇ

オバハン頑張れ!と言われると嬉しくなっちゃう、オバハンの私です。^^
いつも、見た目は元気でパワフルと言われてしまう切ない私ですから、
内面も充実できるようにこれからも自分磨きを頑張ろ~。^^



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月26日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します


タカネグンナイフウロ。


ミヤマキンポウゲ。


ヒロハコンロンソウ。


ミヤマクワガタ。


イチヨウラン。

人は普段、ぼうっとしているようでも色々頭の中で考えています。 でも
山を歩く時は肉体的に疲れるからでしょうか、無になれるんですね~。
それがなんだか、とても気持ちがいい。^^

そして到達した時のほっとした瞬間、山頂から見える美しい景色が、
最高のご褒美。 空も花も緑も色が違う、すべて色鮮やかなんです。

今回、山小屋の親父さんから教えられた大切なことのひとつが
「登りたい山に登るんじゃなく、登れる山に登りなさい。」

そうですよね、年々体力も落ちるし、自分が登りたい山に登れる訳じゃない。
登れる山を探して、無理ないように楽しんで登っていきます。(#^.^#)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月25日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します





とても可愛い花なんですが、白が飛んでしまって上手く撮れません。
毎回、どうしたら綺麗に撮れるだろう?と悩んでしまいます。

山ではいろんな方と出会います。 仙丈ヶ岳は登山口が甲斐駒と一緒と
いうこともあって、老若男女たくさんの方で賑わっていました。

関西からの男性グループ、高校時代は山岳部だったという可愛い女の子、
フランス人グループの方、来月槍を登るための練習登山という男性二人、
北沢峠でベースキャンプし甲斐駒・仙丈ヶ岳を連続で登るという男の子
など、普段話すこともないような方たちと情報交換できます。 そんなことも
山ならではの楽しみのひとつです。(#^.^#)




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月24日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します





山を歩く時は、いつも足元を見ています。 どの花も小さくて見逃してしまい
そうなんです。 小さな、でも普段見ることのできない花、それを見つけた時
は本当に嬉しくて。 このヤマオダマキ、大好きな花です。(#^.^#)







ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月23日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

今回はついてないなぁ・・・それでも3000m級に登ったのは昨年9月の
御嶽山以来です。 頑張ったでしょう!と自分を褒めます^^。


しばらく降りていくと、いきなりパア~っと目の前が晴れました。



ええ~! そんなぁ・・・。 目の前には雲の立ち昇る甲斐駒が・・・。


振返ると、藪沢カールと仙丈小屋がくっきり。


ハクサンシャクナゲ。


朝の真っ白な世界が嘘のように、空も澄み渡り雲海が美しく広がります。


小仙丈から帰ったら良かった・・・そうは思っても後の祭り。 今から戻る
体力・時間はありません。 まあ、最後にこの美しい景色が見えただけでも
良しとしましょう。 最後は晴れ! (#^.^#)


もう一度仙丈ヶ岳を振り返り、目に焼き付けます。
ここからはお花畑。 他の山ではなかなか見れない花がいっぱいです。


ハクサンチドリ。


キバナノコマノツメ。


ヤツガタケタンポポ。 馬ノ背ヒュッテに咲いてました。


ヒメコゴメグサ。


ミヤママンネングサ。


藪沢コースの渓流沿いに出たところで、ど~んと目の前に甲斐駒。
ここらあたりはまだ雪渓がたくさん残っています。


チシマギキョウ。


キソチドリ。


ウサギギク。


コバノイチヤクソウ。


藪沢コースはなだらかですが、長いです。 大平山荘まで遠かったなぁ。


ミネウスユキソウ。

結局下りも5時間近くかかってしまいました。 登るより下る方が苦手だ~。
この後またバスで芦安まで戻り、日帰り温泉で疲れを取った後、車で
帰路に向かいましたが、日曜だったため中央高速がだだ混み!

なんと大月~八王子間が少しずつしか動かず2時間以上。 結局車でも
5時間もかかってしまいました。 あ~疲れた~。^^




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月22日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

翌朝3時半に目が覚めたら、既にあちこちでゴソゴソ出かける準備中。
ご来光見えるかなぁ、わずかな期待をして私も準備します。

朝4時半の日の出に合わせて、真っ暗な中ヘッドライト装着で仙丈ヶ岳
山頂へ。 途中雪渓がまだ残ってました。


タカネツメクサ。


あ~、だめだ真っ白~。 とりあえず仙丈ヶ岳3033m登頂。


イワベンケイ。
せめて薄らとでもオレンジ色の朝陽が見えないかしら、としばらく待機。


他の方も小仙丈ヶ岳方面の道を歩いてみたり、


記念撮影をしたりして時間を潰しながら待っています。


それでも、親父さんが言うところの巻き付いたガスは晴れそうにありません。


タカネシオガマ。

風も強く寒いので、諦めて小屋に戻ることにします。 残念。
もし晴れていたら、ここから富士山や北岳が見えるのに~。(T_T)


ここもたくさんのお花が咲いてます。 お花畑きれいだろうなあ。


コケモモ。


ハクサンイチゲ。


朝食を食べた後も、ガスの様子を見ながら、いつ発とうか思案します。
7時前、朝4時くらいに北沢峠から登ってきたという方に、小屋の親父さんが
下の様子を伺うと、昨夜は下では満天の星だったとか。 馬ノ瀬ヒュッテ辺り
まではガスも少しましだったとのこと。

「2800m位から下は晴れてるっていうから、きっとあと少しで晴れるよ。」


とはいうものの、下りが苦手な私はそろそろ降り始めないと帰りのバスが
きつくなります。残念だけど、諦めて帰りは藪沢経由で降りることにします。
最後に山小屋前で記念に撮っていただきました。 すっぴん隠しに眼鏡を^^。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月21日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

お天気が良ければ、ここ小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳へのコースは左側に
小仙丈沢カールが広がり、まっすぐ尾根が続く素晴らしい見晴し、のはず
なのですが・・・。 前は真っ白で何も見えません。


ミヤマゼンコ、かな? 


尾根道にはたくさんのお花も咲いています。


あ~この先に続く広々とした尾根が見たかったなあ~。残念!


あれ、もしかしたらチシマギキョウ? やった!見~つけた。^^ ・・・なんて
言ってる場合じゃありません。 このままでは体が冷え切ってしまいます。


どうせこの天気では景色も見えないし、何より寒いので、仙丈ヶ岳登頂は
明日にして、小屋分れ分岐点から仙丈小屋を目指します。

朝2時に家を出て、始発の林道バスに乗り、7時半に登山口を出発。
約5時間かかりました。 通常は3時間半のコースらしいのでやっぱり鈍足・・。


小屋では薪ストーブがガンガン燃えています、 あったかい~。(#^.^#)

やはり雨の中、ずぶ濡れで先着された埼玉からのご夫婦が温まって
いらっしゃいました。 「寒いですね~」 「天気予報はずれちゃったね」
などと会話をしながら、ストーブで濡れた手袋や帽子を乾かします。


そうしている間にも続々とずぶ濡れの方たちが到着してきます。 山小屋の
親父さんの話だと、もともと予約が多い上にこのお天気で予定を変更して
山小屋泊の問合せがひっきりなしだそうです。

「悪いね~、今日はかなり混んじゃってるから一人分のスペースも狭くて。
 まあ、山の天気なんてこんなもんだよ。 予想がつかないからね~。」


ストーブで十分温まった私は荷物の整理をして、ほっと一息。 そういえば
仙丈小屋のブログにクロユリが咲いたって書いてあったなぁ。 これです。^^


この仙丈小屋はたくさんの風力発電機が設置されています。 なんとNTT
Wifiもあってスマホも繋がるんです。 これは驚きでした^^。
気温は5、6度かな、かなり冷えています。 


雨は上がりましたが、ガスで真っ白。 あ~ガス晴れないかなぁ。
食事を終わった後もみんな諦めきれずに、外の景色を気にしています。

「晴れたぞ~!」

その声で小屋中の人が一斉に外に飛び出してきました。 やった~~~!


時間にすると10分くらいでしょうか、それでも一瞬にガスが吹き飛んで、
光輝く尾根道と甲斐駒の雄姿が見れました。(*^▽^*)
「おお、すげえ!」 「やった、良かった!」


今日の山小屋の寝床はこんな感じ。 本当にぎゅうぎゅうです。
私の隣は同じく横浜から一人でいらした女性の方で、いつも丹沢を登って
いらしてアルプス登山は今回が初めてとのこと。

「山小屋って楽しいんですね~^^」
山小屋泊は初めてとのことですが、普段から鍛えていらっしゃるのでしょう、
なんとここまで3時間で登ってこられたとのこと! すごい~~~!
それならどこでも登れてしまいそうじゃないですか、などと楽しくお喋りを
しながら、夜7時半消灯。 明日は晴れますように~おやすみなさい。^^




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月20日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

せっかくの連休、どこも行かないのは勿体ない・・・と仙丈ヶ岳(3033m)に
行ってきました。 「南アルプスの女王」と呼ばれる美しい山です。

本当は17日から行く予定だったのですが、台風のため予定変更、1日遅れ
18日から行ってきました。


南アルプスはマイカー規制のため、山梨側からは芦安または夜叉神峠に
車を置いて、そこからバスで広河原、そして林道バスで北沢峠に行きます。
(ちなみに長野側からは仙流荘から林道バスです。)

ここ広河原は北岳・間ノ岳登山のベースになります。 こんなにたくさんの
人が北岳を目指すんですね~、こんな小さな子どもまで・・・・びっくりです。 


私は広河原から更に林道バスに乗換え北沢峠へ。 ここは仙丈ヶ岳以外
にも甲斐駒ヶ岳、双児山などへのベースになります。


登山口にはクリンソウがたくさん咲いていました。^^


さあ、ここからいよいよ山歩き開始。 北沢峠は2030mなので、仙丈ヶ岳は
標高差1000mになります。 行けるかなあ・・・かなり不安。


あ、銀竜草~! 早々に撮影タイムですww。 こんな調子なのでなかなか
予定時間通りに進みません。(-_-;)


マイヅルソウ。 今日は台風一過で午前中はイマイチでも午後からは晴れる
予定・・・と信じて 山歩き決行しましたが・・・。


コウリンカ。 ガスっていてなかなか晴れません。


一般的な藪沢コースではなく小仙丈ヶ岳コースを歩いていると、昨夜泊で
降りてこられたご夫婦が小仙丈は風が強いから、大滝頭分岐で馬ノ瀬に
回ったほうがいいよ、と教えてくださいました・・・が、馬ノ瀬への迂回路は
絶壁下りの岩場で、私にはかえって怖かったので、そのまま小仙丈へ。 
すみません・・・・。


大滝頭は五合目に当たり2520m、この辺りから森林限界を超えます。
小仙丈に入るころには、先ほどまでのガスが雨に変わってきました。


ゴゼンタチバナ。 え~天気予報ではお天気回復するって書いてあった
のに・・・ 今回は台風の影響が長引いてるみたいですねぇ。


オオヒョウタンボク、かな? 雨はどんどん酷くなってきます。


トウヤクリンドウ。 森林限界を超えているため雨を避ける場所もありません。
レインウェアを着ていますが、冷たい雨と風で体温が奪われます。 寒い~。


そう言いながらも、こんな景色を撮っている私って・・・。(*_*;


とりあえず、ここが小仙丈ヶ岳(2864m)みたいです。 山頂まで迂回する
のは体力的に厳しいので、このままスルーして先に進みます。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月15日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

台風接近の影響か、今日の夕陽は真っ赤でしたね~。


これは台風の接近で吹き出した水蒸気が、太陽光を異常に散乱させた
結果だとか。 それにしても綺麗でした。


明日は朝から土砂降りだとか。 通勤に支障が出ませんように・・・。

あ~、まただ。 毎月大量のWindows Update いい加減にしてほしい。
セキュリティがやたら問題になるけど、そもそもインターネット自体が
情報の共有化が目的で始まったものだから、どんなにセキュリティを
強化しようがイタチゴッコ。 みんなわかってるはず。

ソフトでセキュリティをなんとかしようなんてこと自体、無理でしょう。
それぞれのサイト、例えば銀行なら銀行で独自のセキュリティ機器を
ユーザーに配布するとかしてブロックするしかないんじゃないのかな。

そしてユーザー登録させる商業サイトを禁止したらどう?
ネット上に個人情報を乗せなければ流出はかなり削減できるだろうし。
人の生活を便利にするためのインターネットなのに、なんだか本末転倒
・・・・と感じているこの頃です。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2015年07月12日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

ちょっと用事のついでに、話題の葛西水族園に寄ってきました。


そう、あのクロマグロが大量死した葛西水族園です。


実際、クロマグロ少なかったです。


あの原因は光だとか言われてましたね。 クロマグロのいる水槽、確かに
明るいですね~。 光のストレスすごいかもしれません。


水槽全体が明るくて、写真もこんな感じでボケボケ。 ただ技術がないだけかも・・・。


梅雨はまだ明けてないけど、いきなり30度越えの真夏日。


なので水族園は目が涼しくなって良いですね。^^


こんな水の中のお花畑や


一時話題になったニモ君。 子どもたちが水槽にかぶりつき。^^


でも一番の人気はやっぱりペンギン。


グアーグアー、みんな一斉に空に向かって吠えていました。 これって
求愛のポーズらしいのですが、初めて聴くペンギンに声びっくりしました。


こんな暑い日、ベンギンたちは大丈夫なのかな?


この水族園は公営だから安いですね~。 なんと!入場料700円!!!
横浜のシーパラは3000円だから、かなりお得です。


子どもが大きくなってから行くことのなかった水族館。
たまにはいいですね^^。




ブログランキング・にほんブログ村へ