みんな大切な人です。
2016年02月25日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します


わかっている答えを聞くために、あれこれ自分のことを言いたい人がいます。
みんな優しくしたいから、困った人・頑張った人を見ると黙ってはいられない。

私はどんなに辛い時も頑張った時も言葉に出さず、周りに心配かけないように
黙って行動する人が好きです。 でも最近はそういう人が少ないですねぇ。
言ったもん勝ちの社会。 なんだか日本人の美徳が失われている気がします。



スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月21日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は大月市秀麗富嶽十二景の11番目 高川山に。
JR大月駅で降りて、むすび山から高川山に向かいます。


今日はお天気も良く、富士山も綺麗に見えました。 特にむすび山から
見えたこの雪煙の富士山、格好良かった^^。


大月駅からむすび山、天神峠を通って約4時間、高川山山頂に到着。
低山ながら360度の大展望、真正面に富士山が見え美しかったです^^。


ここから見る富士山、山間の街並みが川の流れのようで綺麗です。


富士山の左手には御正体山も見えます。 右手奥には南アルプスも。
ハイキング気分で登ったのですが、むすび山経由でのこの山、急登続きで
かなりきつかった~。 岩場・ロープとまるでアスレチックでした。


麓は梅がそろそろ満開。 


福寿草もたくさん咲いてました^^。


帰りは富士急行のトーマス列車に乗って・・・。


車内もカラフルで可愛いです。 子どもたちの団体さんも乗ってました^^。


車内のブラインドまでトーマスなんですね~。

朝、相模湖の辺りは低く霧が垂れこめていて、とても幻想的でした。
写真撮りたかった~、残念! いつか雲に浮かぶ富士山撮ってみたい。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月16日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

朝陽は心と身体にパワーを与えてくれます。




今日の朝陽は綺麗だったなぁ・・・ 身体に活力が満ちてきました。^^


又吉さんの「火花」、読み終わりました。
内容については、ずいぶん話題になっていたので割愛しますが、感想として
う~ん、芥川賞を取るほどの本なのかなぁ・・・というのが正直なところ。

さすが太宰さんが好きというだけあって、文学的描写というのはそれなりに
上手だとは思うし、内容も宵越しの金は持たない的な芸人の世界は面白く
その中で冷静かつストイックな又吉さんの視点も感じました が、・・・。

やはり出版業界の不況から、話題作りの必要があったのかな。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月14日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

いやぁ、久々に面白い本でした。

map2.jpg
2014年の本屋大賞、吉川英治文学新人賞を受賞した本です。

戦国時代に瀬戸内海を席巻した「海賊王」村上武吉に、父親譲りの豪胆さ、
海賊としての素質をすべて引き継いだ景(きょう)という娘がいたということ
から物語が始まります。 舞台は1576年の第一次木津川口の戦い、信長に
追い詰められ窮地に陥った本願寺を救うべく、毛利家からの依頼で物資を
運ぶ村上海賊、そこで出会う堺の海賊・真鍋七五三兵衛、道夢斎親子との
戦い、陸上戦とは違う海での攻防戦、海賊気質など、これまでとは違った
時代劇で、実に面白かったです。 2度読み返してしまいました^^。

    

この準主役でもある真鍋七五三兵衛がとても魅力的な男気溢れる海賊で
なんだかTOKIOの長瀬君がやったら似合いそう~。

また主人公である景は醜女と言われていますが、当時の美女はお多福顔で
細い目・小太り・色白が条件、それと反対で背が高く手足も長い、今でいう
ハーフのような彫の深い美人だったとか。 この時代から少しずつ美人の
定義が変わってきたのかもしれませんね。 物語の中の話ですが・・・。

今日、ずっと品切れで手に入らなかった又吉さんの「火花」が買えました。
これから読むのが楽しみです~。(#^.^#)





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月14日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します


あのヤンキー先生で一躍有名になった北海道の余市高校が廃校の危機に
あると・・・。 管理教育の歪から不登校になった子どもたちを積極的に受け
入れてきた学校としてメディアで話題になった学校です。

廃校危機の根底は貧困だそうです。 昔はなんだかんだ言っても子どもの
教育のために支出できる余力があった。 しかし今はその余力もないくらい
格差が広がったということなのでしょうか。

実際に仕事をしていても、家庭の事情で大学中退、高校中退が多くて・・。
ケースによっては10代の若者が親または祖父母を介護する親のために
学業を断念し、アルバイトをしながら通院や家族の面倒を見ていることも。

その反面、祖父母の年金に甘えて仕事もしないでフリーターをしていた方
も多かったりして、なんだか とても社会のバランスが狂っていると感じて
います。 こんな社会でいいんですか? 今の若者たちの未来はどうなる
のでしょうか・・・。

PS:京都のTさん、春に待ってます^^。いろいろ話しましょうね~。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月11日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します



自己愛性パーソナリティ障害と似ているものに サイコパス=反社会性
パーソナリティ障害があります。 パーソナリティ障害の分類では同じB群で
自分の欲するままに行動し、罪悪感なく人を利用する人たちです。

サイコパスの全てが猟奇事件や小説に描かれているような犯罪者ばかり
ではありません。 実はビジネス界のリーダーとして成功を収めている方にも
多く存在するのです。 

サイコパスは「良心を持たない人」であり、自己愛性パーソナリティ障害が
後天性の障害に対し、先天性で前頭葉の障害であるとされています。

自らの目的のためには手段を選ばない、そのためには人も利用する、それ
によって人を傷つけても罪悪感を持たない、冷酷無比な経営者になりえる
のです。

【サイコパスの特徴】
   1.すごく魅力的で第一印象の良い人。
     頭の回転が速く、人の心を引き付けるような話をし、人の信頼を
     得るためには、お世辞を言ったり、称賛したりもする。
   2.人に共感しない。
     たとえ自分の家族であっても、自分以外の人のことを気にしない。
     顔色一つ変えずに誰かを傷つけることがあるが、それでも良心が
     痛むことはない。 自分を非難する人がいれば、逆に非難する相手
     の弱みを突き容赦なく責め立てる。
   3.人の気持ちを食い物にする。
     サイコパスは、知的レベルにおいては他人の感情を理解している。
     そしてその知識を、自分の都合の良いように利用する。  また他人
     の同情を引こうと言葉巧みに支援を得たりできる。
   4.良心を持たない。
     ここが一番の特徴で、彼らはためらうことなく嘘をつく。
     自身の行動について問い詰められれば延々と言い訳をし、自分の
     非は認めずに人のせいにする。 目的を達成するためにはあらゆる
     手段を取り、他人に害を及ぼしても、後悔することはない。
   5.自分を過大評価する。
     自分は他の者たちよりも優れていると考え、平凡な仕事などを軽蔑
     し傲慢で尊大な態度をとる。 また相手が自分にとって利用できる
     人間かどうか素早く判断でき、それによって著しく態度を変える。

そんなサイコパスに利用されやすいのが、共依存の人たちです。

【共依存の特徴】
   1.必要とされることを必要とする。
     他人が自分を必要とする=自分は生きている価値がある、という式が
     根底にあり、自分の存在価値はあくまで他人次第である。
   2.救済者になりたがる。
     相手にとって自分は必要不可欠な存在だと信じたい。そのため仕事・
     金銭面でうまくいっていない人、性格面や情緒面に問題がある人等
     救いがいのある人を好んで近づく。
   3.罪悪感が強く、行動が極端。
     すぐに結果を求め、待つことが出来ない。そのため上手くいかないと
     罪悪感を強く感じ、何事も自分の責任だと思ってしまう。
   4.現実をみつめることができない。
     認知の歪みから、現実を都合よく捻じ曲げてしまう。
   5.自分を持てず、過去から学ぶことが出来ない
     一番の問題がここで、自分を大切に出来ない、自分を持っていない
     ので未来を思い描くことができず自分自身のことすら理解出来ない。

この組み合わせはDVの加害者・被害者に多く見られる関係です。
実はサイコパスは人口の4%いると言われ、それは25人に1人という割合。

先日も北海道で悲惨な事件が起きましたが、あの加害者もサイコパスの傾向
が見て取れます。 DVは身体的暴力のみならず精神的暴力も含まれます。


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月09日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します



自己愛性パーソナリティ障害とは、自分は特別な存在だという肥大した
自己意識(誇大自己)を持つ事を特徴とするパーソナリティ障害です。

最近、この自己愛性パーソナリティ障害と見られる若者が増えています。

その原因のひとつとして、少子化の影響から、親や祖父母など周囲からの
愛情と期待を一身に受け、育ったことが考えられます。 物をふんだんに
与えられ、我慢や何かを得るための努力の経験をしないで育ったリ、逆に
過剰な期待から過干渉、放任主義など極端が家庭環境もあります。 

またメディアでは、学校など若者向けの宣伝で 「君だけの仕事がある!」
「君の眠った才能を目覚めさせよう」 など、自分は特別だと勘違いさせる
美辞麗句であおっていることも一因でしょう。 

自己愛は自分を守るための大切な価値観ですが、それが過剰になると
物事がうまく行かないと、それは他人のせい、社会のせいだと責任転嫁し
客観的に自分を見ることができなくなります。そして 他人への共感性が
欠如し、他人を平気で利用したり、傲慢な態度で他人に接するトラブル
メーカーになることも少なくありません。

  1. 自己の重要性に関する誇大な感覚。
  2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想に
    とらわれている。
  3. 自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人
    たちにしか理解されない。または関係があるべきだ、と信じている。
  4. 過剰な賞賛を求める。
  5. 特権意識。つまり特別有利な取り計らい、または自分の期待に
    自動的に従うことを理由無く期待する。
  6. 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を
    達成するために他人を利用する。
  7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない。
    またはそれに気づこうとしない。
  8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると
    思い込む。 
  9. 尊大で傲慢な行動、または態度。
  DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引き より

人格障害の多くは年をとれば落ち着いていくことが多いのですが、自己愛
性パーソナリティ障害は、年齢とともに悪化していく傾向があります。
できたら若いうちに、何か変だと気付いて、自分自身の方向修正ができたら
良いのですが・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月08日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します


樹に咲く氷の花、本当に美しく感動的でした。


丹沢は急登で標高差も大きく、1年に一度トレーニングがてらに登る程度
でしたが、この雨氷を見たら苦しくても来年も見たい~!と思いました。


塔ノ岳は丹沢修験道の要、かっては尊仏岩という巨岩があったそうですが
それも関東大震災の時に崩れ落ちてしまったらしく、今はこの拘留孫仏が
祭られています。

今回は大分足に慣れてきたザンバランの革靴で。 この靴のソールが硬い
のはアイゼンを装着するためなのだそうです。 元々冬山を想定して作ら
れた靴のようですね。 なので決して柔らかくしちゃだめだよ、と教えて頂
きました。 確かに安定感はありましたが、長時間歩くとかなり疲れます。
う~ん、冬山はそれほど登らないんだけど~・・・。

PS:京都のTさん、山頂はマイナス2度だったので、顔色悪く見えたのかも。
私はかなり頑丈に出来ているので、風邪もひきましぇ~~~ん^^。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年02月06日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

雨氷とは・・・雨が木などに付着し凍ること。


今年初の山歩きは丹沢塔ノ岳へ。 雪を見たくていったのですが、ラッキー
なことに、雨氷を見ることができました。^^


今回は表丹沢県民の森に車を停めて、小丸尾根から二股・塔ノ岳へ。
この小丸尾根、距離は短いのですが、傾斜がきつい~。標高900m
あたりからは雪も現れました。


ゼイゼイ言いながらやっと二股に到着。 そこにはたくさんの小鳥たちが^^。


さっきの子の後姿。ふっくらして可愛い^^。 


もう一羽、こんな子も。 私は名前がさっぱりわかりません・・。


上の方はガスってます。 これじゃ富士山は見えないなぁ・・・。


二股から大丸へ。 塔ノ岳目指してたくさん登ってきます。


山頂が近づくにつれ、こんな雨氷のトンネルが! 美しい~。^^
思いがけず、こんな美しい景色を見れて、疲れも飛んでいきます。


山頂、1491m。 雪がいっぱいです。


人もいっぱいです・・・。 みんな口々に綺麗|と写真撮りまくり。


尾根の途中からご一緒になった男性が
「神奈川の低山で、こんな雨氷が見れるなんて感激だね~」と。
ほんと、ほんと。 感激しちゃいますよね~。(#^.^#)


自撮りで写真を撮っていたら、その方が撮ってあげるよ、と。
ありがとうございます~。^^


私も滅多に見れない美しい景色、写真を撮りまくり^^。


いつもながら丹沢はきつい。 標高差 約1200m、登り4時間下り3時間。
明日は筋肉痛だ~。

PS:京都のTさん、いつもありがとうね^^。 最近また勉強したくなりました。

追記:鳥さんの名前がわかりました。 最初のはヤマガラ、二羽目は
ゴジュウカラだそうです。 教えてくださってありがとうございます~^^。


ブログランキング・にほんブログ村へ