みんな大切な人です。
2016年11月26日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年最後?の山トレーニングで箱根湯坂路へ。


一昨日の雪が残っているかなぁ、と期待してやってきました。


箱根湯本からバスで畑宿へ。 そこから飛竜の滝に向かいます。


飛竜の滝の下流、水が綺麗です。


登ること約1時間、飛竜の滝に出ました。 鎌倉時代には箱根権現信仰の
行者がこの滝に打たれて身を清めたとか。高さがかなりあります。痛そう…。


そして湯坂路入り口から、鷹ノ巣山へ。ここからは、かなり雪が残っています。
まるで雪山に来たみたい。あまり人もいないので新雪の中を歩きます。


雪の上に降り積もった紅葉、きれいです。(#^.^#)


そして標高834mの鷹ノ巣山、標高802mの浅間山へ。一面真っ白です!


当初は紅葉を楽しむために計画していたハイキングだったのですが、
一昨日の雪のおかげで雪山登山になってしまいました。


浅間山で軽くお昼を食べて、あとは下りです。前半は雪にルンルンだったの
ですが、下りはズブズブの雪と泥で滑ること、滑ること! 私は3度も滑って
しまいました。 軽アイゼンを持ってくるべきだったかも…。


滑らないように、普段より緊張と足を踏ん張りながら歩いたので疲れました。
休憩も合わせて、スタートから5時間ほどで箱根湯本駅の湯坂路入口に到着。


早川を眺めながら、しばらくぼうっと休憩。 そして帰路につきました。

湯坂路の紅葉は、早い雪のせいであちこち枝ごと折れてしまってました。
でも紅葉が美しく、雪が降らなかったら素晴らしい紅葉が楽しめたでしょう。
あ~疲れた!明日は筋肉痛だ・・・。




スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年11月21日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

今はどこを探しても売っていない貴重な古書、「穂高小屋物語」を
知り合いから借りることができ、読んでみました。


作者は上高地から奥穂高へのルート重太郎新道や穂高岳山荘と
穂高に生涯をささげ、「穂高の名ガイド」と呼ばれた今田重太郎氏。

最初は登山者の避難所である石室を作ることから始まった山荘作り、
木材や石を自ら強力となって運び、奥穂の山頂の祠をあげたり、
三笠宮様を穂高に案内された様子なども記録されていますが、
今田氏の山男らしい素朴な人柄が読み取れる本でした。
紀美子平は、早世してしまった娘さん(正確には姪)紀美子さんの
名前が付けられていたんですね。

こんな本を読むと、いつか奥穂に行ってみたいと思ってしまいます。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年11月14日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は登山トレーニングを兼ねて、大山詣で。


昨日・一昨日とお天気が良くて登山日和だったのですが、相当混みそうだった
ので、あえて今日にしました。


このところ山歩きをしていなかったので、体力に不安を感じ、久々に山へ。
朝9時半、大山ケーブルの下から女坂経由で、山頂を目指します。


結構、紅葉してますね。 大山に来たのは3年ぶりくらいかな?


こんな風に、途中・途中に見どころがあると、歩くのも飽きませんね。
あっという間に本堂下の長い階段に到着。 


ここはかなり紅葉が進んでいて見事でした。 階段横では明日から始まる
ライトアップの準備に大忙しのおじさんたち。

私 「見事に紅葉してますね~。」
おじさん「今年の大山は紅葉が綺麗だよ、ここ数年では一番だよ。」


その土地や植えられた樹々によっても違うんでしょうね。 大山は本当に
鮮やかに紅葉しています。 まだ色付きはじめなので、これからもっとかな?


本堂へお参りした後、山道に入ります。


下の方は紅葉がまだありますが、上の方に行くにつれて徐々に枯木に。


先に登っていた子どもたちの歓声が聞こえたので、なんだろう?と思ったら
富士見台から、雲の上に富士山の頭が見えていました。ラッキー!^^


そして山頂に到着、標高1,252m。 今日は平日だったからか人は少なめ。
12時に到着したので、登りは2時間半。ほぼコースタイムどおりでした。


山頂から墨絵のような山脈と雲海が見えたのには驚きました。 大山でも
見えるんですね、知らなかったなぁ。
山頂で豚汁を食べたり、写真を撮ったりと、1時間近く休憩してから下山。


再び大山阿夫利神社へ。 かわいいカップルが鮮やかに紅葉した木の下で
写真を撮っていたので、その様子を撮っちゃいました^^。


大山阿夫利神社は菊花展、私が戻るころにも続々と人がやってきます。


再び女坂経由で下山。 下りは1時間半で戻れました。

合計4時間の登山トレーニングだったので、ちょうどいい感じでした。
家に帰って調べたら、ケーブル下は標高310m。 なんと標高差942mなん
ですね。 そんなに登ったのに、それほど疲れてないのは、体力が付いた
から? それとも途中にある風景で疲れ方も変わるのかな? でも往復で
も4時間ほどなので、山道が整備されているからかもしれませんね。
ここならトレーニングに良いかも^^です。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年11月10日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

今朝の朝焼け。


イギリスはEUを離脱することを決定し、アメリカはトランプさんが大統領に。

世界が内向きになってきています。それだけ世界に閉塞感が蔓延してきて
いるということなのでしょうか。日本も電通問題に見るように、過剰な成果を
求める既存の働き方を、考えなさなければならない時期に来ているのでは
ないかと思います。

ワークライフバランスならぬライフワークバランス。
なんのために働くのか、企業は誰のためにあるのか、見直すことが必要
だと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年11月07日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

奥多摩は紅葉が始まっていました。 でも今年は色があまり良くないですね。
そこで奥多摩湖の奥にある麦山の浮橋へ。


ここ、一度歩いてみたかった^^。 湖上を歩くなんて滅多にできません。
この浮橋、もともとはドラム缶で作られた、この地域の方のための歩行者
専用道路で、対岸のわさび園への往来用だそうです。 ERP製の筏を繋げた
ような橋で、歩くとユラユラします。 ちょっと面白かった^^。


水がとても綺麗で、小さなお魚がたくさん泳いでました。 ワカサギかなぁ?
ちなみに、この橋上での釣りは禁止になっています。


このあたりはかなり紅葉が進んでいて、湖面に反射する樹々が綺麗でした。


そして帰り道にちょっと寄ったのが、日原鍾乳洞。
この鍾乳洞、日本7大鍾乳洞のひとつなんですね~。


天井が低くて、通路も狭いのですが、途中様々な形の鍾乳石を見ながら
ずっと奥まで行くと、いきなり大きな空間が広がります。 それがここ。


天井も高く、ビルの3階くらいまではありそうです。 これは縁結び観音で
鍾乳石でできた塊の上にあります。


ここは、弘法大師が修業をされた場所だとか。
こちらの内部は狭い通路と階段が多くて、結構全部回るのに疲れたw。


ひさしぶりに自然を満喫できて、満足です。(#^.^#)
ただ、なんでか帰りの高速では事故渋滞に合う。 それが疲れました。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2016年11月06日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

そろそろ紅葉シーズン。 紅葉散策に行きたくてウズウズしてました。
そこで、近場でそろそろ紅葉しているかも?と奥多摩に行ってきました。


奥多摩の紅葉名所で有名な鳩ノ巣渓谷を目指していったのですが・・・
残念、まだ色づいていません。


それならせっかく来たので、奥多摩観光でもしましょうか。


鳩ノ巣渓谷のちょっとだけの紅葉。 水がきれいですね~。


これ、多摩川なんですよね? 下流の多摩川と同じ川だとは思えないほど
透き通った美しい水です。


最初に訪れた観光地は、白丸ダムの魚道。最近ちょっと人気らしいので、
覗いてみました。階段をず~っと下っていきます。


魚道はダムなどで川がせき止められることによって、魚たちの生態系が
壊れてしまうことを防ぐために、ダムの中に魚の道を作ったものです。
ここをマスなどの魚が遡上していくそうなんですが・・・残念、見えません。


そして奥多摩湖に移動。 やった!こちらは紅葉しています。


奥多摩ビジターセンターに車を止めて、しばし写真撮影。
今日は暑いくらいのお天気でした。最近、休みの日も自宅で仕事をして
いたりするので、久しぶりにリフレッシュ(#^.^#)。やっぱ自然はいいなぁ。




ブログランキング・にほんブログ村へ