みんな大切な人です。
2017年04月10日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

帰国した早々、今度は鹿児島に飛びました。


実は4月1日付けで、下の息子が鹿児島に転勤となりました。
しかし兄の結婚式のために、引越しの片付けもままならないまま
グアムへ来てくれました。そのため私が片づけの手伝いに。


初めての鹿児島。空港には足湯があるんですね~。


息子に空港まで迎えに来てもらい、その後、ひたすらお部屋の片づけ。
そしてお昼と夜は、息子に案内されて地元の美味しいものを頂きました。
昼は少しスパイシーなトマトラーメン、むっちゃ美味しかった~。
そして夜は鹿児島名物鳥刺しや溶岩焼き、さつま揚げなど。
どれも本当に美味でした^^。


1日目でほぼ片付いたので、2日目は観光に連れて行ってもらいました。
私の希望で霧島神宮へ。これは入り口にある霧島温泉の湧水。


霧島神宮は6世紀創建、神話にも登場するニニギノミコトが祀られた神宮
です。霧島山の度重なる噴火により何度も焼失・再建が繰り返されました。


現在の社殿は島津氏第21代当主・島津吉貴が、1715年に建立・寄進した
ものだそうです。社殿は鮮やかな朱塗りの絢爛豪華。綺麗ですね~。


横浜で桜を見る時間もなかったので、こちらで桜見物^^。


その後、空港に向かいがてら寄ってもらったのが、和気神社。
ここは、奈良時代の宇佐八幡宮神託事件により大隅国に流された和気
清麻呂公が祀られた神社です。

宇佐八幡宮神託事件とは、天皇の寵愛を受けた僧侶・道鏡が偽のお告げ
をもって天皇になろうとした事件です。真偽のほどを確かめ、真の大神の
ご神託を献上した和気清麻呂公は道鏡の怒りを買い、足の腱を切られた
上、この地に流されました。


こちらには日本一大きい絵馬があります。またすぐ下には豪快な犬飼滝が
流れ落ち、あの坂本龍馬夫妻も新婚旅行でも訪れた場所だとか。


その後空港まで送ってもらい、鹿児島を後に。


慌ただしい鹿児島への旅でしたが、これでやっとひと段落。
息子たちの新しい旅立ち、ふたりともが頑張って幸せになってくれることを
霧島神宮にお祈りしてきました。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ