みんな大切な人です。
2017年07月29日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は、三浦半島の天神島へハマユウを見に行ってきました。


ハマユウは、彼岸花科の多年草で、別名ハマオモトとも言います。
東南アジアの温暖な地域に主として自生し、その分布は年平均気温15℃、
年最低気温の平均-3.5℃の等温線とほぼ一致するため、この境界線は
ハマオモト線と呼ばれています。ハマオモト線の本州最北限が、ここ三浦
半島なんです。 が、最近の温暖化により、更に北上しているかも・・・。


久々に見る三浦半島の豪快な海岸線。この海岸線は、リアス式海岸に
似ていますが、正確には海岸段丘というのだそうです。


こちらはハマゴウ。


海沿いに作られた、樹のトンネル遊歩道。


ハマユウが見ごろを迎え、たくさん咲いていました。


天神島臨海自然教育園の方が作られた、可愛らしい展示ベンチ。


こちらはハマボウ。こちらもハマユウと同じ温暖な内陸海岸に自生します
が、最近は減少傾向にあり、神奈川県では絶滅危惧I類に掲載されてます。


朝は雲が多かったのですが、昼頃には気持ちの良い青空に恵まれ
久しぶりに潮風を満喫してきました。


スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月23日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

ここ最近は、あまり家を空けないようにしています。そこでとても重宝
しているのがAmazonのプライム・ビデオ。良い作品がたくさん無料で
見られるので有難いです。(#^.^#)

41HNMXP484L.jpg
最近見た映画「ビューティフル・マインド(A Beautiful Mind)」は、
1994年のノーベル経済学賞を受賞されたジョン・ナッシュ博士の生涯を
描いたものです。アカデミー賞4部門を受賞するなど絶賛されました。

2001年に公開された映画ですが、今回見るまでは内容については全く
知りませんでした。そのため、天才数学者と言われゲーム理論を経済
学への応用に成功されたジョン・ナッシュ博士が長年、統合失調症に
苦しんでいたというのは、かなり衝撃的でした。

統合失調症は、100人に1人の割合でかかると言われる精神疾患です。
原因はまだ解明されていませんが、遺伝によるものが多く、それに
何らかの脳機能異常と心理的ストレスなどの相互作用で発症すると
言われています。


映画では、幻聴・幻視の世界と実社会の区別がつかないまま生き、次第
に妄想に追い詰められていく博士の異様な姿が描き出されています。
統合失調症で苦しむ人から見える世界を、これほどリアルに描いた作品
は初めて見ました。博士が発病し苦しんでいた時代が古いこともあって、
その治療にも、荒い電気ショック療法やインスリンショック療法など
薬の開発が進んだ今では、使われない治療法もありました。

統合失調症に悩み相談に来る人もいます。この映画で、彼らから見える
世界を少しだけ見ることができ、これから何か役に立てたらと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月16日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

最近、アマゾンのプライム会員になった。
本好きの私にとってはFire7がとても魅力的で、プライム会員になれば
安く購入できるし、無料で見られるビデオもたくさんあって、ラッキー。
毎月、そこそこ本代が費やされていたので、これで少し節約できるかな。


アマゾンのプライム会員は本当にお得。写真などを容量無制限でWEB
保存できるし、割と最近の映画も無料で見ることができるし、ポイント
もたくさん付くし。
先日も吉田修一原作の映画「怒り」を見た。原作に忠実に作られていて、
実に見ごたえがあったなぁ。素晴らしい作品でした。

そして、このところずっと心に引っかかっていること。
身内で介護を経験されている友達やお医者様、ケアマネさんは、本当に
家族の気持ちをわかってくれるので有難い。「たまには爆発してもいい
んだよ」なんて言ってくださる。そう言ってもらえると少し気持ちが
楽になります。実際に爆発すると、後が大変なので自制しますが…。

それに対して頭では理解されていても、自分自身が介護者の家族の経験
されてない方は綺麗ごとばかり。知らない人が何を言ってる?なんて
思ってしまいます。まぁ、わからない人には言っても意味がないので、
仕方ないです。

自分自身も年々年を取っていくし、いずれは介護の仲間入りする。
その時に事前に対処ができるように、今は日々の変化をしっかりと
見ながら、自分の将来に備えておきましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月11日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

富士山も登頂できたし、ご来光も見れたし。


たくさん寝たおかげで体力も回復、朝5時半に下山開始です。
下山道を歩く8割ほどが外国人。すごい!


富士山の登山道を見ると、行列ができてました。昨日で良かった~。


富士山はほとんどお花がありません。5合目あたりに少しだけ。


富士スバルライン五合目に到着。下りは3時間半でした。


五合目周辺には観光バスが十数台、駐車場は満杯、すごい人です。
そのほとんどが外国人観光客、日本人と同じような顔をしていても
韓国や中国の方だったりします。改めて富士山人気、すごいですね~。


帰りに東名・足柄SAで見つけた静岡茶コーラ。これが美味しかった!
普通のコーラよりさっぱりしていて、後味が良いです。これもっと欲しい。
そして午前中には帰宅。取りあえず日本最高峰、登りました!
これまで山を登るたびに「え?富士山登ってないの?」と言われることが
何度かあったので、これで心置きなく他の山を楽しめます。

今回思ったこと。
外国人にとって富士山は、京都や東京と同列の観光地のようでハイキング
感覚で登られている方が多かったです。服装もTシャツに短パンやスパッツ、
スニーカーやスリッポンとラフなスタイルが多く、登山という感じじゃない。
でも山小屋も救護所も充実しているので、それでも安心なんですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月10日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

バテバテの一日、宿に戻ってしばらく休憩したら4時に夕食。
夕食は定番のハンバーグカレー、隣ではスペインの方が食べています。
片言の英語で伺うと、今は仕事で香港に住んでいて、富士山に登るため
3泊4日で来日しているそうです。そしてその後も、外国人ばかり。


疲れて部屋で休んでいると、18時半ごろ「外がきれい」とざわめきが。
慌ててカメラを持って行くと、うわ!綺麗~。吉田ルートは東に面して
いるためご来光は見えるのですが夕陽は見えません。それでも空が
オレンジ色に染まって綺麗です!


山小屋の寝床は、シュラフがずらり。幅30cmくらいで身動きできません。
隣には埼玉からいらした親子さん。お母様は私と同年代、息子さんに
お願いして富士山に連れてきてもらったとか。いいな~。
息子さんの方は富士山は4回目だそうです。


19時には眠ってしまったので、夜中に目が覚めてしまいました。そして
外を見たら、美しい星空が…。あまりに寒いので数枚撮って二度寝。


朝2時、山頂でご来光を見る方たちは出発。私は前日登ったので
ここでご来光を見ようと4時起床。実に静かな夜明けです。私には
うまく撮れなかったのですが、太陽が真っ赤に浮かんでいて美しい。
山小屋のお兄さんによると、今年最高のご来光だとか。


富士山のモルゲンロート。山肌が真っ赤です。


朝の4時、夜中の出発組が続々と富士山に登ってきます。
今日は混みそうだな~。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月09日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

山小屋に着いて、小1時間ほどゴロンと横になり休憩。まだ時間は
たっぷりあるし、もったいないので山頂まで行ってみよう!


これは富士山のお鉢です。雪がたっぷり残っています。


12時半ごろ、登頂開始。本八合目まで5時間半で来れたなら、山頂まで
1時間で行ってこれるよ、と山小屋のおじさんにおだてられ、その気に
なって登っていきました。が九合目あたりから異変が・・・。


眩暈がする、吐き気もする、苦しい…。そう、高山病になったみたいです。
これまで最高でも3,200m、ここまで高いところに来たのは初めてです。
しかし、ここまで来て降りるのは辛い。休み休み時間をかけて…。

170707_047.jpg
なんとか登頂!やった~!寒いです!でも日本最高峰、気持ちいい。


頂上の各施設は7月10日に向けて修繕中。富士山の山小屋は修繕も
たいへんだろうなぁ、と思っていましたが、今はブルドーザーで資材や
人員は運ぶんだそうです。ちなみに山小屋のスタッフの方も、みんな
ブルドーザーでやってくるとか。登らなくていいのか…。


せっかくなので、お鉢を覗いて行こう。さすがに富士山のお鉢は大きい!
これまで見た中では一番の大きさです、当たり前ですが…。


下山道には、こんな高い雪壁が残っていました。


疲れた~。でもやっと富士山に登頂できました。美しい雲海に大満足。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年07月08日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

日本で2番目に高い北岳に登ったのなら、やっぱり富士山には登って
おかないと…と思い、通行規制に入る前に行ってきました。


毎度毎度の前日車中泊。富士スバルライン五合目に0時前に到着、しかし
既に駐車場にはたくさんの車が止まっていました。ご来光を見るために
この時間から登山開始される方も多くいました。すごい!私には無理。


なんとなく落ち着かない雰囲気のせいか、あまり眠れませんでした。
朝5時半、小御嶽神社に安全祈願をしてから登山開始。良いお天気です!


富士スバルライン五合目から吉田口へ。石畳の道が続きます。


ここから、いよいよ登山開始。


多くの人が登っていきます。中でも目立つのが外国人観光客。
富士山の保全協力金を支払うところで、おじさんたちが最近、日本人が
少ないとぼやいてらっしゃいましたが、本当に7割近くが外国人です。


富士山は北岳と同じで、延々と登りが続きます。結構きつい。
六合目まで1時間と思って歩いていたのですが、六合目がわかりません。
2時間近く登ってやっと着いたところが、七合目。


あれ?六合目はどこだったんだろう?気づかないうちに過ぎてしまった
ようです。七合目からは、山小屋が続いてあるので、歩くのも飽きません。


このあたりから溶岩の岩登りも出てきました。


ワンちゃんを連れてきている方も。


やっと八合目、標高3,250m。北岳を越えたぞ~!


そして胸突八丁と呼ばれる本八合目、3,400m。最後の難関にある
この山小屋は、明治40年創業の富士山ホテル。本日の宿です。
なぜ山小屋なのにホテルかというと、外国人登山客のためだそうです。

朝5時半に出発して5時間半で到着。疲れた~。
しかしまだ11時過ぎです。しばらく休んでから頂上を目指します。



ブログランキング・にほんブログ村へ