みんな大切な人です。
2013年05月03日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

山口の最終日、最初に行ったのは昨日夜景で見えた海峡ゆめタワー。


平成22年6月22日発行の「日経プラス1・眺めが素晴らしいタワー展望台」で
東京タワー、横浜マリンタワー、神戸ポートタワーに次いで、このゆめタワーが
第4位に選ばれたとか・・・。


地上143mの展望室からは、瀬戸内海から関門海峡、巌流島、九州の連山
そして響灘(日本海)が見渡せる雄大なパノラマが一望に広がります。

     purikura02.jpg
ここで母と初めてのプリクラに挑戦。 すごい!20歳以上若く見える~。
歴史にも景色にも全く興味のない母が、この旅で一番喜んだのは、この
プリクラでした。(ちなみに母は77歳です) 恐るべしプリクラ・・・。



旧秋田商会と日本で一番古い郵便局。


日清講和条約が締結された、旅館春帆楼[の敷地内に立つ日清講和記念館。
伊藤博文と李鴻章の像があります。

このすぐ下にある駐車場は、長府藩赤間関の大年寄であり下関を代表する
豪商・伊藤助太夫の家があったところで、彼はあの坂本龍馬を物心両面から
支援した人物です。 竜馬が愛妻お龍さんと新婚旅行に行った帰り、そのまま
伊藤邸の一室である「自然堂」を借り受け、新婚生活を送ったとか・・・。

夫婦げんかの際に龍馬が三味線をつま弾きながら即興で作った俚謡をうたい、
お龍の機嫌が直ったという微笑ましいエピソードもここ伊藤邸での出来事。


そして今回一番来たかった場所、赤間神宮。 壇ノ浦の戦いで幼くして
亡くなった安徳天皇が祀られた場所。 ここについては、またデジブックで。


ここには有名な琵琶法師「耳なし芳一」も祀られています。 ちなみに耳なし芳一
は足利尊氏の従弟で播州書写山の僧であった明石覚一がモデルだそうです。


そろそろ時間も10時を回ったところで、昨日見れなかった唐戸市場へ。
おお~!活きのいいお魚がたくさん!


中は多くの人たちで賑わっています。 新鮮な海鮮丼がなんと500円から!
握り寿司もたくさんの種類があって、一貫ずつ選んで買えます。


至る所にふくの唐揚げやサザエのつぼ焼き、焼きアワビが・・・。
私はノドグロとウチワエビ、ふくのお寿司を食べました。美味しかった。^^


お腹も膨れたところで、みもすそ川公園へ・・・。この前が壇ノ浦です。
「今ぞ知る 身もすそ川の 御ながれ 波の下にもみやこありとは」
源平合戦で海に身を投げた二位の尼辞世の歌からこの地名に・・・。


ここは幕末の攘夷戦(馬関戦争)で、外国船に砲撃した砲台跡でもあります。

下関は、3つの大きな歴史の転換期の舞台となっています。
ひとつめが平家滅亡、ふたつめが幕末の欧米との初めての戦い・馬関戦争、
最後は日清講和条約締結の地として・・・。なのにあまり知られてない。

また、横浜DeNAベイスターズの原型である大洋ホエールズもこの地から!
横浜とも縁が深いんですね~。(*^_^*)  もう少し旅は続きます。



関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック