みんな大切な人です。
2013年09月25日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

今日は仕事で、某自動車メーカーの工場見学へ。


昭和33年創業、田健治郎の「D」、青山禄朗の「A」、竹内明太郎の「T」の
息子=SON(のちに太陽=SUN)から命名された日本ブランド「ダットサン」
で有名なこの会社の広大なエンジン工場は、ロボット技術をフルに駆使した、
人の少ないFA工場でした。

無人運搬機が部品を自動で運び、ロボットが組み立てる。人の手は最小限に
押えられ、ほとんどが派遣社員と期間従業員。ああ、これが製造業の現実・・。

そのうち鉄道の運行管理室みたいなところで、全ての工程を少人数で管理
できるようになり、ほぼ完璧な無人工場となるんだろうなあ・・。
そしたら営業や管理のできない不器用な人は、どこで働いたらいいんだろう?
日本の技術の優秀さと同時に、二極化する雇用の現状を実感しました。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック