みんな大切な人です。
2013年10月14日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年最後の山行は、初めての難関・西穂高。 山頂までは11ものピークを
越さねばならず、独標まででさえも最後の登りは急勾配の岩場です。

新穂高ロープウェイしらかば平に着いた時は雨。 山荘にお天気を尋ねると
山荘付近もかなりの風雨で予想付かず、とのこと。 さてどうしよう・・・と
迷っていると下の方から上がってくる雲間に青空が・・・。 決行~(*^_^*)。


ロープウェイの中から見る景色はすっかり秋模様。 紅葉がきれいです。


西穂高口駅に着いた時には、空も明るく青空も見えてきました。


ロープウェイ乗口で偶然にも、引率者が以前千畳敷で出会った女の子たちと
驚きの再会。 これもなにかの縁、一緒に登りましょう^^。


朝の雨が嘘のように、澄み切った青空。


花はほとんど無くなっていましたが、花の名残が・・・。


1時間ほど歩くと視界が開けてきて、笠ヶ岳が目の前に広がります 。


ゆっくりゆっくり歩いて、2時間弱で山荘到着。 ここの名物ラーメンを完食。
(すみません、私の体力がないもので他の方に歩調を合わせて頂きました・・・)


これから独標にはちょっと時間が足りないので、取りあえず丸山まで。


一輪だけ咲いていたイワオトギリ・・・かな?


山荘から15分ほど歩くと、360度の雄大なパノラマが広がります。
下に上高地を見下ろしながら、南に焼岳・乗鞍岳、北には穂高連峰、笠が岳。


ここから先が、明日登る独標への道、緑のハイマツ林を越えたその先のピーク。
あのとんがったところに登るのかぁ・・・不安・・・。


後ろに見えるのは、西穂高岳から奥穂高岳への縦走路上にあるジャンダルム。
山岳写真の被写体としてもよく使われる超難関の山です。


みんなでワイワイ、楽しくおしゃべりしながらの夕食。 結構ご馳走でした。
さつま汁とご飯はお代わり自由、美味しかった~。(*^_^*)


夜にかけて雨模様となり、夕陽も雲間に怪しげに見えました。 山は9時消灯。
明日は晴れるかなぁ、明日のために早々に おやすみなさい~。 (-_-)zzz


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック