みんな大切な人です。
2014年01月04日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

毎年8月19・20日に行われる平安時代から続く由緒ある祭り、花輪ばやし。
手締め式は花輪独特。 全町で円陣を組み行われ、祭神への挨拶である
「サンサンサントセ、オササノサントセ、ヨイヨイヨーイ」を三度繰り返すとか。


道の駅かづのには、花輪ばやしで使われる屋台が一堂に展示されています。


ここに保存され、現在もお祭に使われている屋台は十町内ともすべて、
囃子の演奏者も歩きながら演じる「腰抜け屋台」と呼ばれるもの。


屋台の中はくり抜かれていて、この太鼓も歩きながら叩くそうです。


まあるい雪洞が可愛らしい。^^


屋台は町ごとに異なり、特に懸魚は町内自慢の屋台の顔で、それぞれ
見事な彫りもので彩られています。


まだ4時過ぎだというのに、外は吹雪で真っ暗・真っ白。


次に向かったのは「旧関善酒店」。 秋田は酒造りの名産地ですね。
「旧関善酒店」は昭和58年に130年の歴史に幕を閉じましたが、
この見事な吹き抜けの通り土間上部の架構が、国の有形文化財に。


これはかって造り酒屋時代の写真。 歴史を感じさせます。


鹿角を代表する造り酒屋だった趣が今もそのまま残っています。


ここには古い昔の生活用品などもたくさん残され展示されています。
電話機・鉄釜の炊飯器・竹のスキー・機織り機・日本人形・・などなど。


特に私の目を引いたのは、ランプと一緒に飾られたお雛様たち。


気分は昭和初期・・・とホッコリした気分で今日の宿「姫の湯」へ。


ここの露天風呂、最高! 雪の露天風呂 憧れだったんです。(*^_^*)
※写真はこの旅でずっとご一緒させていただいた千葉のSさんより頂きもの。
 Sさん、ありがとうございました。^^


こうして旅の一日目は無事に終了。 ホテルの外は雪国。
明日のために暖かくして、おやすみなさい~。 (-_-)Zzz・・・


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック