みんな大切な人です。
2014年06月12日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

私の通勤時間に本は欠かせません。 最近読んだ「神様のカルテ」。

        

歴史小説や社会派小説が多い中で、久しぶりに気に入った本です。
映画にもなりました(見てないんですが・・・)が、これは面白かった~。^^

舞台は信州松本。 下の息子が大学1年生の時に住んでいた町です。
女鳥羽川、松本城 本を読んでいるとそのあたりの風景が思い出されます。

主人公の青年医師、正しいという字をふたつに分けて「一止」という名前の
夏目漱石の「草枕」が愛読書という変わった青年と周りの愛すべき人々。
読みながら、ひとりで笑い涙。 ひさしぶりに面白い本に出会いました。^^
これ、シリーズで3まで出ているようですね。 次は2を^^。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック