みんな大切な人です。
2014年07月29日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

いつも一人で山に行ってしまうので、たまには親孝行を・・・と
母を連れて草津温泉へ。


草津よいと~こ、いちどはおいで は~どっこいしょ
お湯の中にもこ~りゃ 花が咲くよ ちょいなちょいな。


草津温泉のシンボル湯畑。 ここには八代将軍御汲み上げの木枠があり
この枠の中の湯を汲んで江戸まで運ばせたとか。


自然湧出量は日本一、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出す
そうで、その効能は神経痛から切り傷、アトピーまで。
長期療養者用の宿もあり、数年かけて療養をされる方も多いそうです。


無料で利用できる足湯・湯けむり亭。 一杯の人で入れませんでした・・・。


ホテル一井の前で実演販売されていた 「伝統銘菓 龍の舞」。
水あめの塊を伸ばして伸ばして1万6千本の糸のようにして、その糸束で
胡桃やアーモンドなどを包んだ、口どけの良い和菓子です。
固い塊からたった1分ほどで、美しい糸状にに伸ばす技は実に見事。
初めての触感、むっちゃ美味しかったです! もっと買いたかったなぁ。


折角なので、熱の湯でゆもみ体験を。 草津の源泉はとても熱くてその
ままでは入浴できません。 その源泉の成分を水で薄めず自然に温度を
下げる方法として、長い棒でお湯をもむ「湯もみ」が考え出されたそうです。
これがなかなかの大仕事。 体験だけで十分です・・・。


汗をたくさんかいたので、宿に戻って温泉に。 ここにも湯もみ棒・・・。


美味しいお料理をお部屋で堪能。 この自家製紫蘇ワイン、最高 (*^_^*)。


この日最後のイベントは、温泉落語を見に夜の温泉街へ。 この日の
演者は古今亭 志ん八さん。 最初は大河ドラマの方がいいと、気乗り
しない風でブツブツ文句を言っていた母でしたが、巧みな話術と面白い
落語ですっかりご機嫌に。^^ また落語見に行きたいわ~ですって・・・。


最後に夜の湯畑を見ながら宿に帰り、おやすみなさい~。(*^_^*)


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック