みんな大切な人です。
2015年01月31日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

29日の朝はとても美しかった。



このところ絶不調です。
2月より新しい事業に配属されますが、その準備であれこれ行き違い。
思うように進まない、進められないフラストレーションの溜まる日々でした。
やっとなんとか形は整い、後はやるっきゃない!というところですが・・・。

何年も頑張って頑張って、やっとここまで辿りついた、
何度も挫折を味わいながらも、それでもなんとか気持ちを持ち直して
自分を叱咤激励して、やっと思いが報われると思ったその時になって
また振り出しに戻される・・・ こんな一気に心が萎えてしまう状況を
「心が折れる」というんですね。

私は「心が折れる」という言葉は、とても重い言葉だと思っているので
簡単に使うべきではないと思いますが、心底そういう状況になった時は
他に表現がないほど、苦しい挫折感を表した言葉だと感じます。

そんな時は、穴倉に籠ってひたすら心の傷が癒えるのを待つしかない。
太古の昔より、人は傷ついた時、危険から身を守れる暗い穴倉に籠り
じっと体を丸めて、傷が自然と癒えるのを待ったそうです。
体の傷も心の傷も同じなんですよね。

現実には仕事に行ったり、食事をしたりと日常生活をこなさなければ
いけませんが、心を閉じ鈍感を装って傷が癒えるのを待ちましょう。




関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック