みんな大切な人です。
2015年03月01日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

運動不足とストレス解消、しばらく我慢していた山に行ってきました。


今回は山梨県は茅ヶ岳、「日本百名山」の著者・深田久弥が登山中に
亡くなった山として有名です。 写真は中央高速・双葉Pの展望台にて。


朝4時過ぎに出発して、7時に深田公園に到着。 あら、もう3台ほど
車が止まっています。

深田公園の標高が約950mなので標高差755m。 その割には最初のうち
なだらかな山道が続きはてな?と思っていたら、女岩の辺りから急登に・・・。
えええ~! ここ登るの~?!


見通しはあまり良くない上に岩ごろごろの急坂、崖っぷちありで
1250mあたりからは凍った雪が山道のところどころにあります。


大きな岩が重なった下には、こ~んな氷柱が^^;。


気温は氷点下4度くらいのはずなんですが、ヒートテックTとフリースだけで
歩いていても汗をかいてきました。 これは夏はきついかも・・・。


まだかなあ~、そろそろ頂上のはずなんだけど・・・と思っていたら
いきなり視界がぱぁ~と開け、「おおお~すごい!」思わず感嘆です。


目の前には八ヶ岳、左には甲斐駒や鳳凰三山、遠くに南アルプスの
北岳・間ノ岳まで! 


右手には金峰山・瑞牆山などの奥秩父連峰。


なんと八ヶ岳の左側遠くには北アルプスまで見えるんですね。
北穂高の大キレットがしっかり見えています。


そしてどこに行っても探してしまうのが富士山。 麓が霞んでよい感じ。^^


山頂に到着した時、既におひとり先客がいました。 「こんにちわ~」と挨拶し
荷物を降ろして写真を撮っていたら、「おお~すごい!」と数人の声が。
今度は3名の同年輩の男性グループ。

「やっぱここ来て良かったな~。」「360度の見晴し、最高だぁ。」などと
口々にお話しているのを、写真を撮りながらウンウンと心の中で相槌。^^

しばらく写真を撮ってから、コンビニで買ってきたお握りを食べていると
今度は単独の年配の女性、そして若い関西弁の男性グループと
続々と登ってこられます。 さすが人気の山です^^。


山頂で4、50分ほどのんびりしてから、人で賑わってきたので下ることに。
帰りは千本桜方面へ降りていきます。 こちらの方が道が広く歩きやすい。

こちらからもご年配の男性グループなど、次々と登ってこられます。
「こんにちわ~」 「早いですね~」 とか 「単独ですか?」
「山頂は雪ありましたか?」 などと言葉を交わしてすれ違います。


山道では、この子たちがとても元気にうるさく飛び回ってました。
他にもきれいな鳥を見つけたんですが、上手く撮れなかった・・・残念。


最後に、カラーフィルターで遊んでみました^^。
駐車場についた午後1時には既に満車。 やっぱりすごい人気ですね。

茅ヶ岳は山頂が360度パノラマ、眺望のすばらしい山でした。
が まるで丹沢を思わせる短い距離での急登りで結構きつい山でした。

女岩を越したあたりからはずっと足首が鋭角になってしまうため、
アキレス腱がのびっぱなし。 普段鍛えてないので少し不安になりました。
おかげで「深田久弥先生終焉の地」の小さな石碑を見逃した~。^^;

久しぶりにたくさん歩いて、美しい景色を見れて大満足でした。(#^.^#)



関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック