みんな大切な人です。
2015年03月30日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

息子のアパートの引渡し立合いが終わった後、息子は最後の上田の夜を
友達と過ごすため出かけてしまったので、暇になった私は生島足島神社へ。


この神社の創建は不詳ですが、文献での初見は平安時代初期(806年)。


建御名方富命(摂社・諏訪神社祭神)が諏訪へ向かっていた時、この地に
留まり、生島・足島両神に米粥を煮て献じたといいます。


ここの主祭神は2神で、生島大神は万物を生み育て生命力を与える神、
足島大神は国中を満ち足らしめる神だとか。


実に美しい神社です。


明るい陽の中でしっかり見たいと、翌日朝早く再訪しました。


この本社は、池に浮かぶ小島の上に鎮座する「池心の宮」。 本社社殿は
摂社・諏訪神社(下の宮)と正対し、諏方神社に対して「上の宮」と称されます。


この樹は、平成28年度の御柱祭で使われる樅ノ木です。 式年祭として有名な
御柱祭とは、諏訪神が諏訪に向かう途中で当地に留まった際、生島・足島両神
に対して御柱を奉ったのが由来だとか・・・。


これが御本社。


こちらは真田信之公が寄進された摂社 諏訪神社。 この前には大欅(樹齢800年)
左右二本の夫婦樹、更に西欅洞の中が夫婦になっており夫婦円満の御神木。


両社の間には「神橋」と呼ばれる橋がかかり、普段は渡ることができず、
諏訪神が本社に遷座する時のみ開かれるそうです。


ここには武田信玄が上杉謙信との戦いに際し奉じた直筆の願文等が現在も
「生島足島神社文書」(重要文化財)として残されています。


こちらはその隣にある長福寺。 この八角円堂は奈良、法隆寺の夢殿を
模して、二分の一の縮尺で建てられた美しい御堂で信州夢殿と呼ばれて
います。 美しい見事な梅でした。



関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック