みんな大切な人です。
2015年06月01日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

お勧めなのかどうか、わかりませんが・・・。

    

正直、難しかったです。 私は読みだした本は、 とりあえず最後まで全部
読む主義なので読みました。 が 最初のうちこそ、この本の中で出てくる
概念を理解しようと、補足を見ながら難解な方程式を一生懸命頑張りました。
でも、途中で完全にお手上げ~。

書評では数学が苦手な人でも、まるで推理小説を読んでいるように楽しめる
と書いてあったので、諦めずに読み続けましたが、う~~~~ん・・・。



フェルマーの最終定理とは
  3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない
  自然数 (x, y, z) の組が存在しない、という定理のことである。
  フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、
  長らく証明も反例もなされなかったことからフェルマー予想とも
  称されたが、360年後アンドリュー・ワイルズによって完全に証明。



このワイルズさんが証明に至るまでの、たくさんの歴史が描かれた本、
という感じでしょうか。 
興味があったから読んだけど、途中で理解を放棄しました・・・。
やっぱ普通の小説の方がいいや~。(+o+) 背伸びしてはあきまへん。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック