みんな大切な人です。
2015年06月20日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

入笠山でスズラン以外にも見たかった花がいくつかありました。


そのひとつがこれ、ホテイアツモリソウ(布袋敦盛草)。
この名前は、袋状の唇弁を持つ花の姿を、平敦盛の背負った母衣(ほろ)に
見立ててつけられた、ラン科の多年草で絶滅危惧II類となっています。

ツアーでご一緒だったご夫婦は6月初めに礼文島でレブンアツモリソウを
ご覧になってきたとか。 レブンアツモリソウは色が白くて少し小さめの花
群生していてとても綺麗だったわよ~と教えて頂きました。
いつか見に行きたいです!


そして次が クリンソウ。 ここは前の記事にも書いた通り群生してるんです。


色も薄いピンクから濃い鮮やかなもの、


白いクリンソウもありました。 これサクラソウの一種なんですね^^。


こちらのレンゲツツジも鮮やかに群生してました。


スズラン群の中にちらほらと残っていたサクラソウ。


最後にピンクのシモツケソウ。
他にもベニバナイチヤクを見つけたのですが、写真撮りそこなった・・・。





関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック