みんな大切な人です。
2015年07月09日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

最近、心療内科の壁が低くなったのか、少し辛いとメンタル不調で受診し
精神安定剤を処方して頂く人が増えています。 


「安定剤を飲むと、落ち込まないで生活できるんです。」
「気持ちが不安定にならないで済むんです。」

でもね、人は心があるから人であって、その心は感情的なもの。
イライラしたり、楽しかったり、不安だったり、普通に生活していれば
毎日いろんな感情が生じます。 その感情を上手くコントロール出来る
ように、みんな日々努力しているんです。
なのに、それをお薬で抑えてしまっては、心を強くすることが出来ない。

躁うつ病のように何の原因もなく、突然気持ちが落ち込み自分でも
コントロール不能な方など明らかに病気の方はお薬が必要ですが、
それ以外の方はあまり簡単に精神安定剤に頼らないでほしい。

辛いときは引きこもっていても良いので、自分の心を強くする努力を
してほしい。 お医者様も簡単に処方しないでほしい、新型ウツなど
馬鹿げた病名を付けないでほしい。

精神安定剤は、感情を鈍くします。 イライラを感じなくします。
動作が緩慢(のんびり)になります。 反応が鈍くなります。
その結果、普通の人はそんな自分に自信を失くします。

人はいろんな思いを経験しながら心を鍛えていくんです。
辛い時間も永遠には続かない、いつかは晴れる日が来る。
心を強くする努力から逃げないでほしい・・・と切に思います。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック