みんな大切な人です。
2015年08月09日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

今の日本の憲法が古く時代にそぐわないこと、平和憲法と言われている
第9条が決して日本特有ではないということも わかりますが・・・。


今の自民党、安倍さんの自信満々で強引な論理が、不安を感じさせるん
です。 あの強引さがいざとなったら徴兵制もあり得ると思わせるんです。

政治家は謙虚に自国民のことを第一に考えないといけない、と思うんです。
自民党は民主党でズタズタになった経済を復活させました。 けどそれは
長年にわたって政治の中枢を担っていた自民党と経済界との結びつきに
よるものが大きいだけで、安倍さんの力だとは思えない。 それに自民以外
の党が政権を取ると、未曾有の災害に見舞われるのも不思議ですが・・・。

確かに親友が困っている時に助けないことは友達甲斐がないことです。
でもその友達が間違っていたら、どうなんでしょう?
あのベトナム戦争、イラク戦争でアメリカは間違って罪のない人たちをたくさん
殺戮してきました。 そこに謝罪や反省は国家として出していません。

この安保法改正が通ってしまうと、間違っている方針にも友達だからと
罪のない人たちまで攻撃しなければならないことにならないんでしょうか?
本当の友達なら間違っていることを諌めるべきだと思うし、そのためには
自国の方針・立場をしっかりと表明することも必要だと思うのですが・・・。

暴力からは憎しみしか産まない。 友達を助けるために一緒に攻撃すれば
その友達と同じように憎しみの対象になるのではないでしょうか。

日本は戦中、自国民に玉砕を命じた人命軽視の国でした。 これは武士社会
の時代から続いた殉死を求める風土かもしれません。 でも間違ってます。
人の命は何よりも尊いはずです。 攻撃を放棄した日本だからたくさんの国
から信頼を得て、アメリカと不仲のイランともうまく付き合えってこれたのでは
ないでしょうか?  世界の全ての国に戦争放棄を求めることができたらいい
のに・・・この平和憲法の原案を作ったハーバート・ジョージ・ウェルズさんは、
全世界にこの憲法を広めたかった。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック