みんな大切な人です。
2015年08月29日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します


なんだか疲れたなあ・・・・。

私は優等生じゃない、勉強も嫌いだし、ダメなところの方が多い。
綺麗ごとも嘘も見栄も嫌い、できたら 素のままでいたい。

私は若いころの自分を知ってる。
我儘でいい加減で、根拠もなく自惚れてて、そのくせそんな浅はかな自分が
ばれてしまうことに、心の中でビクビクしていた、そんな自分を知っている。

だから若い人たちと接する時、彼らのいい加減さも甘さも理解できる、
だって私がそうだったんだもの、そんな私が偉そうに言えるわけがない。

どうしてみんな自分が若かったころのことを、忘れてしまうんだろう?
それとも私ほどいい加減な人はいなかったのかな。

私は過去を美化しないでいたい、若さは未完成なのだから、それでいい。




関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック