みんな大切な人です。
2015年10月11日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

突然思い立って、紅葉谷川岳に行ってきました。


谷川岳はいつか行ってみたい山ではありましたが、ほんの先週まで全く
考えていませんでした。 ネットで今年の紅葉はどこの山がいいかなぁ、と
検索していたところ、そこで見つけた谷川岳のノゾキから見える一ノ倉沢、
あ~これ見たい!と思い、出かけてしまいました。


朝3時前に家を出て、眠い~と三芳SAでコーヒーを買った時に見上げた空。
金星と木星が仲良く並んでいました。 少し上の方には金星も。


朝6時半に土合口到着、しかし既にロープウェイ切符売り場は長蛇の列!


すごい混んでるのですが、ロープウェイは2、3分おきに出発するので、
それほど待たずに乗り込めました。 

「すごい混んでますね~」と乗り合わせたご年配の男性と話していたら、
「先週、木曾駒に行ったけど、あっちはもっとすごかったよ。朝4時頃から
 乗合バスに列ができていたから。」 とのこと。 う~凄すぎる・・・。


ロープウェイが登っていくと徐々に山が色づいていきます。


天神平駅、うわぁ綺麗! 今日はお天気にも恵まれ最高の紅葉が見れそう。


しかし混んでますね~! 谷川岳に向かう登山道は、このとおり大縦列。
富士山登山もこうなんだろうなあ・・・。


しばらく歩くと谷川岳が見えてきました。 右がオキの耳、左がトマの耳


ここの登山道は、良く整備されていて、肩の小屋あたりまでは、登山道の
多くの部分が木の階段になっています。 もっと険しい山だと思っていた
のでこれは意外でした。 まあ楽に越したことはありません。(#^.^#)


それでも数か所こんな鎖場があり、そのたびに大渋滞が起こります・・・。


俎嵒(マナイタグラ)、昔はこちらが谷川岳と呼ばれていたそうですね。


どんどんと高度を上げ、それに伴って紅葉が鮮やかになってきました。


天狗のザンゲ岩。 大きな岩の塊があると、必ずそこに登っている人が・・・。


あ、肩の小屋あたりが見えてきました。 山肌が美しい^^。


肩の小屋で少し休憩し山頂へ向かいます。 ここらあたりが森林限界かな。


トマの耳1963m。 トマの耳は「戸間」で入り口のこと、オキは「奥」だとか。
先ほど書いたように昔は俎嵒(マナイタグラ)が谷川岳と呼ばれており、
今のトマの耳は薬師岳、オキの耳は谷川富士と呼ばれていたそうです。


この山頂標の後ろ切り立った絶壁で、すごく怖いんです。 落ちないように
岩にしがみ付きながら恐々とパチリ。 山頂もたくさんの人で、混み合って
いて腰を下ろす所もないほど。 少しだけ休んでオキの耳に向かいます。

151010_095.jpg
オキの耳登頂、1977m。 すごい風でした。


そこから更に先に進み、奥の院。 ここで無事を祈願し、更に奥へ・・・


と思ったのですが、タイムアウト・・・今日中に戻るにはこれ以上はちょっと
キツイ。 ノゾキの手前ですが、ここからも一ノ倉沢が少し見えます。 
もう、これだけでも凄い~~~! 断崖絶壁です。 ここを登るなんて・・・。


帰りは、登ってくる人と降りる人が相混じって、更に大渋滞。 あちこちで
滑っておられました。 私はなんとか無事に^^。 但し岩や木の根にぶつけ
足には幾多の青タンが・・・。(-_-;)
 

ロープウェイを使ったので標高差は650mほど、登山道も尾瀬や入笠山の
ように綺麗に整備され、これまでの登山とはかなり趣が違いました、が一足
早い紅葉を見れて、大満足でした。 (#^.^#)



関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック