みんな大切な人です。
2015年11月22日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

久しぶりに裏の公園へ行ったら、紅葉していました。



先日のパリ同時多発テロ事件の翌日14日、イタリアの聖職者放送局
「TV2000」の電話インタビューに応じたローマ法王が、「イスラム国」の
暴挙を厳しく非難した上で、パリ同時テロは「第三次世界大戦の一部だ」
と語ったとか・・・。 皆が恐れていた戦争が始まっているのですか? 

イスラム国は爆撃で破壊できても、長い歴史の中で傍若無人にアラブ・
アフリカで資源を搾取し続けた西欧諸国を憎むイスラム原理主義者は
一時は各地に散らばっても、またどこかで集結し争い続けそうです。

シリアでは国民の半分が家を失い、20%が難民となり、30万人以上が
死亡したと言われています。 今回のテロ事件で難民たちは行き先を
失いつつあり、それが更に反発・憎しみを増加させるだけのような気が
してしまうのは私だけでしょうか? 
憎しみの連鎖はどうやったら止まるのでしょうか・・・。



関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック