みんな大切な人です。
2016年02月11日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します



自己愛性パーソナリティ障害と似ているものに サイコパス=反社会性
パーソナリティ障害があります。 パーソナリティ障害の分類では同じB群で
自分の欲するままに行動し、罪悪感なく人を利用する人たちです。

サイコパスの全てが猟奇事件や小説に描かれているような犯罪者ばかり
ではありません。 実はビジネス界のリーダーとして成功を収めている方にも
多く存在するのです。 

サイコパスは「良心を持たない人」であり、自己愛性パーソナリティ障害が
後天性の障害に対し、先天性で前頭葉の障害であるとされています。

自らの目的のためには手段を選ばない、そのためには人も利用する、それ
によって人を傷つけても罪悪感を持たない、冷酷無比な経営者になりえる
のです。

【サイコパスの特徴】
   1.すごく魅力的で第一印象の良い人。
     頭の回転が速く、人の心を引き付けるような話をし、人の信頼を
     得るためには、お世辞を言ったり、称賛したりもする。
   2.人に共感しない。
     たとえ自分の家族であっても、自分以外の人のことを気にしない。
     顔色一つ変えずに誰かを傷つけることがあるが、それでも良心が
     痛むことはない。 自分を非難する人がいれば、逆に非難する相手
     の弱みを突き容赦なく責め立てる。
   3.人の気持ちを食い物にする。
     サイコパスは、知的レベルにおいては他人の感情を理解している。
     そしてその知識を、自分の都合の良いように利用する。  また他人
     の同情を引こうと言葉巧みに支援を得たりできる。
   4.良心を持たない。
     ここが一番の特徴で、彼らはためらうことなく嘘をつく。
     自身の行動について問い詰められれば延々と言い訳をし、自分の
     非は認めずに人のせいにする。 目的を達成するためにはあらゆる
     手段を取り、他人に害を及ぼしても、後悔することはない。
   5.自分を過大評価する。
     自分は他の者たちよりも優れていると考え、平凡な仕事などを軽蔑
     し傲慢で尊大な態度をとる。 また相手が自分にとって利用できる
     人間かどうか素早く判断でき、それによって著しく態度を変える。

そんなサイコパスに利用されやすいのが、共依存の人たちです。

【共依存の特徴】
   1.必要とされることを必要とする。
     他人が自分を必要とする=自分は生きている価値がある、という式が
     根底にあり、自分の存在価値はあくまで他人次第である。
   2.救済者になりたがる。
     相手にとって自分は必要不可欠な存在だと信じたい。そのため仕事・
     金銭面でうまくいっていない人、性格面や情緒面に問題がある人等
     救いがいのある人を好んで近づく。
   3.罪悪感が強く、行動が極端。
     すぐに結果を求め、待つことが出来ない。そのため上手くいかないと
     罪悪感を強く感じ、何事も自分の責任だと思ってしまう。
   4.現実をみつめることができない。
     認知の歪みから、現実を都合よく捻じ曲げてしまう。
   5.自分を持てず、過去から学ぶことが出来ない
     一番の問題がここで、自分を大切に出来ない、自分を持っていない
     ので未来を思い描くことができず自分自身のことすら理解出来ない。

この組み合わせはDVの加害者・被害者に多く見られる関係です。
実はサイコパスは人口の4%いると言われ、それは25人に1人という割合。

先日も北海道で悲惨な事件が起きましたが、あの加害者もサイコパスの傾向
が見て取れます。 DVは身体的暴力のみならず精神的暴力も含まれます。


最後に 「サイコパス(良心のない人)に対する13のルール」をご紹介します。

   1.世の中には文字通り良心のない人たちもいるという、苦い薬を飲み
     こむこと
   2.自分の直感と、相手の肩書き(教育者、医師、指導者、動物愛好家、
     人道主義者、親)が伝えるものとの間で判断が分かれたら、自分の
     直感に従うこと
   3.どんな種類の関係であれ、新たなつきあいが始まったときは、相手の
     言葉、約束、責任について、「三回の原理(三回嘘が重なったら嘘つきの
     証拠)」をあてはめてみること。
   4.権威を疑うこと
   5.調子のいい言葉を疑うこと
   6.必要なときは、尊敬の意味を自分に問いなおすこと(私たちは恐怖心を
     尊敬ととりちがえることが多い)
   7.ゲームに加わらないこと(人の心をあおるのは、サイコパスの手口)
   8.サイコパスから身を守る最良の方法は、相手を避けること、いかなる
     種類の連絡も絶つこと(サイコパスは社会の約束ごとと切り離された
     世界にいるので、彼らを自分の交友関係や社会的つきあいの中に入り
     こませるのは危険)
   9.人に同情しやすい自分の性格に、疑問をもつこと(周りの人を絶えず
     傷つけておきながら同情を買おうと大げさに働きかけてくる相手は、
     サイコパスである可能性が高い)。
   10.治らないものを、治そうとしないこと(サイコパスのとった行動はあなたの
     責任ではない。あなたが責任をとるべきものは、あなた自身の人生
   11.同情からであれ、その他どんな理由からであれ、サイコパスが素顔を
     隠す手伝いは絶対にしないこと(「誰にも言わないでほしい」と涙ながらに
     訴えるのは、サイコパスの得意技。「あんたは俺に“借り”がある」という
     のは、サイコパスの典型的な台詞である)
   12.自分の心を守ること
   13.しあわせに生きること(それが最高の報復である)
   (参考文献:マーサ・スタウト著 木村博江訳『良心をもたない人たち』草思社文庫,2012年)


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック