みんな大切な人です。
2016年04月29日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

GW初日は良いお天気に恵まれ、私もまたまた山歩きに・・・。


今回は、昔の五百円紙幣の裏側に印刷されていた富士山の絵の原画と
なった写真の場所、雁ヶ腹摺山へ。 ここも大月市秀麗富嶽十二景です。

雁ヶ腹摺山と名の付く山は大月市だけでも3つあり、先日トレーニングで
行った笹子雁ヶ腹摺山、大菩薩嶺に続く牛奥ノ雁ヶ腹摺山と、ここ。

まるで雁ヶ腹摺3兄弟といったところですが、ここだけ名前の前に何もついて
いないから本家ということなのかな? 雁ヶ腹摺の名前の由来は、渡り鳥の
ガンがその腹をこするようにしてここを越えていったことから・・だそうです。


大峠1540mまで車で行って、そこから山頂までは約1時間。 標高差330m。
登り始めはこんな感じで、なんだか八ヶ岳に来たような雰囲気です。


この山は大きな岩があちこちにあるんですが、その岩がまるで石積のように
重なって見えるんです。 これは亀の甲羅みたい。


マルバダケブキの葉だそうで、夏になったら黄色い花が咲くとか。
あちこちに群生してました。 夏は見事でしょうね^^。


こんな石垣のような岩もあるんです。 これも自然に出来た割れ目だとか。
どうしてこんな風に割れるんだろう? 不思議だ~。


予定通り1時間弱で山頂1,874mに。 今回は元気だぞ~。(#^.^#)


朝着いたときは、まだ富士山は雲の中でしたが、15分ほど待っていたら
半分顔を見せてくれました^^。


ここで待っていても時間が勿体ないので、次に姥子山に向かいます。

当たり前のことなんですが、山は普段見かけない鳥がたくさんいますねぇ。
この鳥も名前もわかりませんが、やっと撮れた一枚。 他にも背中が青い
鳥やお腹がオレンジ色の鳥なども見かけたんですが、早すぎて・・・・。


これも上の鳥と同じなのかなぁ、よくわかりません。ww


姥子山雁ヶ腹摺山から下って下って約1時間、標高1503m。
富士山の雲が晴れました! 面倒だから東峰は行きません。


姥子山から再度、雁ヶ腹摺山に戻って、そのまま帰ります。


帰り道、散りかけですが桜が咲いてました。
今回はお花が全くなかったので、ちょっと嬉しい^^。


新緑の季節ですね~。緑が美しかったです!


今回は富士山づくし。 これは帰りに大峠から撮った富士山です。
雁ヶ腹摺山ー姥子山、ピストンで往復4時間、累計標高差700m。

ほどほどの疲れで写真もたくさん撮れて満足^^。
朝は6時台から中央高速がだだ混みで、何時に着くだろう・・・と心配しました
が、相模湖を超えたらスイスイ。 予定通り8時半に着きました。
でも渋滞は、実際の時間より長く感じて疲れますね~。 帰りは楽々でした^^。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック