みんな大切な人です。
2016年08月11日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

2日目はこの山旅のメインイベント、剱岳登山。 剱岳は谷川岳、穂高岳と
ともに日本三大岩場とされ、危険度の最も高い山です。


2009年映画化された新田次郎原作「点の記」の舞台でもあります。


まだ薄暗い朝4時半に山小屋を出発。 


約1時間弱で一服劔に到着。 雲海が綺麗だ~。


ここでご来光タイム。 朝陽パワーを浴びて、いざ出陣!^^


劔岳は針の山に例えられるように岩の山。 途中13の鎖場と25段梯子など、
難関が随所にあります。 そこをまるで猿の気分で全身を使って登ります。


本山の剱岳までに、一服劔、前劔、平蔵のコルと3つの峰を越します。


せっかく登ったのに~と言いたくなるほど、登っては下っての繰り返し。
それもぜ~んぶ岩場・・・ でも稜線が綺麗です!


前劔を超え、平蔵の頭へ。 ここからがいよいよ本番。 前を進むのは
防衛大学の山岳部の皆さん。 ザイル・カラビナを使って基本に忠実な
登山練習。 若くて格好いい~!のですが、時間がかかるので待機・・・。


私たちも鎖、岩場のクラックを使い、岩をよじ登ります。 


出てきました、登りの最難所、カニの縦ばい! ほぼ垂直な壁です。


あれ、カメラクルーが? そうなんです、この日はトレランジャパンアルプス
レースの二日目だそうで、ここ劔から薬師岳へ向かう途中のようです。

 ※トレランジャパンアルプスは、日本海から静岡まで日本アルプスの
  ルートを通って、8日間トレイルランニングで競うもの。


いや~すごいですね~! 


と言いながらも私たちも岩にへばりついて、慎重に縦、横に鎖場を登ります。


最後は山頂直下のガレ場急登。 しんどいけどあと少し・・・。


やりました! 劔岳2,999m登頂。 すごい!すごい! 
ダメだったら途中で引き返そうと思っていましたが、頑張った甲斐があった。


山頂からは360度の大展望。 鹿島槍ヶ岳、五龍岳、白馬岳も見えます。


剱嶽社の祠。 素晴らしいお天気にも恵まれ、気分は最高潮。(#^.^#)
山頂は人でいっぱい、のんびりしたいところですが、30分ほど休憩して
次のグループのために場所をあけないといけません。


そして下山。 ここが劔岳最難所と言われるカニの横ばい。
いやぁ、ここは本当に怖かった。 距離は短いものの、足場が見えない。
鎖につかまりながら、見えないクラックを足で探りながら横歩きです。


そして垂直な梯子。 ひとりずつ慎重に・・・。


この素晴らしい景色も、そろそろ見納め。 しっかり目に焼き付けます。


最後まで続く鎖場、そして休憩を含めた約7時間の劔岳登山は終了。

あ~疲れた。 これまで自分の山旅が、登山と言えるのかわからなかった
けど、今回剱岳を登頂できたことで、やっと登山してると自信が持てました。
ツアー仲間にも身軽だと言われ嬉しい^^。 頑張ってきた甲斐があったなぁ。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック