みんな大切な人です。
2016年08月20日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

最近、仕事をしていて感じること。


大学や高校を卒業してから、5年、場合によっては10年、ほとんど仕事を
していない若者たち、いわゆるニートやフリーターと呼ばれる子たちの多くが、
生活に困っていないこと。

仕事をしなければいけないと頭ではわかっていても、実際には働かなくとも
生活できてしまっていることから、困っていない。 困っていないから仕事を
したいといいながらも、働く覚悟ができていない。

そしてそういう子たちの多くが、決まって言うのが条件重視。 残業がなくて、
室内作業で、お給料にはそこまで拘らないけど、完全週休2日制で年間休日
は120日以上、一生安定して出来る仕事がいい。 それか自分の好きなこと
なら努力もするし残業してもいい・・・?。 

ではその好きなことって? というと音楽だったり出版だったり、ブライダル
だったり。 人に役立つ仕事がしたい言いながら、介護や外でするキツイ
仕事は嫌。 体力に自信がないし興味がないことは頑張れない、と・・・。

働く=労働を提供してその代価をいただく、ということを額面通りに受け取り、
会社に行って与えられた仕事を労働時間の中で作業し、時間内で終わらない
ような仕事を与え、できないと文句をいう企業はブラックだというのです。

でも仕事ってそんなもんじゃないですよね。 そこで、「働くということは」から、
「好きなことと出来ることの違い」「社会保障の仕組」「企業から求められる質」
「職種について」など、時間をかけて、こんこんと説明します。 徐々に頭では
わかってはきていても、今一つ覚悟ができない。 その原因として一番大きな
障害に、実は家庭環境があります。

つまり彼らの親御さんの多くが、とても優しく、子どもたちの意思を尊重して
くださっているんです。 仕事に就いても続かなければ意味がない、納得の
いく仕事が見つかるまで探し続けていいよ、と言ってくださっているんですね。

経済的に余裕があり、子どもたちの人生を大切にしてくださり、子どもたちが
満足のいく人生を送れるために、無理に嫌な仕事に就かなくてもいい、と。
きっとあなたにはあなたにしかできない適職がある、と応援してくださいます。

そんな風に大切にされ、好きなことだけをしてこられた暖かい世界で、場合に
よっては30半ばまで生きてきて、それで条件を満たした好きな仕事をしたい、
と言っても難しいですよね。 

本当に子どもたちのことを大切に考えるのであれば、生きていくために必要な
様々な力を付けることを教えてほしい。 忍耐力や継続力、適応力と自立心。
親は必ず先に逝ってしまうので、その時に子どもたちが一人でも生活していけ
るように導いてほしい。

そして何より、働いて収入を得ないと生活できないんだ、と彼らが実感できる
ように、経済的にも追い込んでほしいと思います。 あなたにしかできない
仕事とは、あなたが働き経験を積んでいく中で生まれてくるものなのですから。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
たまちゃん(#^.^#)
ご無沙汰しております。
コメント、ありがとうございました。^^
当方でも、マナーや社会人基礎、キャリアビジョン講座など
若者向け講座をいろいろしています。
最近、長年(5年~10年)引きこもりだった方が
相談にいらっしゃることが多く、その理由のほとんどが
やりたいことが見つからなかったから、とか
働かなくても生活できるし、親も特に言わなかったから
などという理由が多かったんです。
なんだかなぁ~と思って、ついぼやいてしまいました。

お元気そうで何よりです。
またお会いできるチャンスがあれば、ぜひ!(*^^*)
2016/09/05(月) 22:09:29 | URL | Sofia #buI3a3AE[ 編集]
マナーの重要性・・・
お久しぶりです。
貴重なご意見、なるほどと読ませていただきました。
タマちゃんもハローワークの就職支援コースで
引き続きビジネス実務の指導をしています。

特にコミュニケーションの重要性
その原点がマナーであり
マナーの基本は
「人を思いやる心を持つ」ことだと・・・

反応はいろいろですが修了時には
あいさつも良くなるし
マナーの重要性をよく理解してくれています。

あとは、いかに意欲を持って
仕事に取り組んでくれるのか・・・
せっかく学んだことを実践してほしいですね。
2016/09/05(月) 06:53:56 | URL | タマちゃん #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック