みんな大切な人です。
2016年09月26日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

昨夜は早く寝てしまったので、朝4時に起床。 一番に気になるのがお天気。


せめて曇り・・・を期待しましたが、残念!雨です・・・。
通常ならこの時期、テントで埋まっている涸沢ですが、少ないですね~。


同宿の方が、「せっかく親子で来てるんだから記念撮影しなきゃ!」と言って
くださり、息子と一緒に記念撮影。 私、これでも166㎝あるんですけどねー、
息子が180㎝あるもんで、私がまるで子どものように小さく見えます。


雨止まないかなぁ・・・としばらく様子見。 宿の方に伺うと、今日は午前中は
雨が降り続き、合間に少し曇りかも、ということ。


このまま下るのは心残りなので、行けるところまで行ってみない?と息子を
口説きます。 え~この雨で?と言いながらも付き合ってくれました。


ダメですね~、ずっと雨です。 岩場が濡れているので神経使う。


岩登りなので、高度はどんどん上がります。


この辺りが森林限界かな、背の高い草木がなくなり、ハイマツだけに。


雨で煙っているので見えにくいですが、下の方に涸沢テント場が見えます。


北穂高南陵取付近く。 このあたりが限界かな。 危険な岩場が増えてきて
これ以上行くと、戻ることが難しくなりそう。 ここで折り返します。


多分標高2600mあたり。 1時間でいっきに300mくらい登ったのかな。


滑らないように慎重に岩場を下り、涸沢小屋に戻りました。

息子は初登山。 同宿のベテランの皆さんに「初登山で北穂なんて大胆!」
と言われました。 「普通、初心者には木曾駒あたりでしょう~。」 

そうですよね、言われて初めて気が付きました。息子は小学校の時は少林寺
に少年野球、中高とテニス、大学ではスキー部で部長をしていたので、つい
彼の運動神経を過信してしまって・・・。 あ~無事に戻れて良かった。^^

危険登山はここで終了。 冷えた体を温め休憩後、横尾に下ります。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック