みんな大切な人です。
2006年05月11日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

放した子グマ死ぬ

20060511-00000006-maip-soci-view-000.jpg


札幌市中央区の山中で11日朝、10日に一度保護した後に放した
生後数カ月とみられる子グマが死んでいるのが見つかった。

同市などによると、10日午前9時ごろ、
同区盤渓の山中にいた体長約40センチの子グマを通行人が見つけた。
通報を受けて駆けつけた西署員が一度保護したが、
猟友会などと話し合った結果「一度保護すると野生に戻れなくなる」
として、同日午後、同じ場所に放した。

しかし、11日朝、巡回中の猟友会のハンターが
放した所とほぼ同じ場所で子グマが死んでいるのを発見した。
外傷などはなく衰弱とみられている。
関係者によると、子グマは一度放した後も
しばらくその場所を離れなかったという。


なんか 切ない。
みんな なんとか助かって!と思ってした結果なのに
助からなかった小熊。
熊の被害も多いけど やっぱり小さな小熊を見ると可哀想だよね。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>Nekobusさん
自然と動物の共存・・・難しいね。
でも この子 助かって欲しかったなあ。
2006/05/12(金) 19:33:50 | URL | shoko #-[ 編集]
ニュース見てたけど、ホントかわいそうだった。。。
良かれと思って、みんな頑張ってたしね・・・

自然がどんどん破壊されて、人里に来るしかなくて、
野生の動物も生きにくくなってるのかなぁ。
2006/05/12(金) 18:00:21 | URL | nekobus #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック