みんな大切な人です。
2016年12月31日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

私は本が好きなので、毎週1冊のペースで本を読みますが種類はバラバラ。
歴史物から社会派小説、心理学もの、経済に関するものまで、その時々に
興味のあるものを読みます。

Gyachung_Kang.jpg
最近読んで、その凄さに思わず鳥肌が立ったのが、沢木耕太郎著「凍」。
※写真はウィキペディアからの借り物です。

   
フリークライミングの第一人者、山野井泰史・妙子夫婦による標高7,952m
ヒマラヤ・ギャチュン・カン北壁登頂の記録です。

彼らは嵐と数度の雪崩に巻き込まれながら、顔・両手足に酷い凍傷を負い、
更には目も見えなくなるという死に直面した状況ながらも、最後まで諦めず
自らの力でキャンプベースに戻ってきました。小説家であり登山家でもある
沢木氏の描写力によるところも多いのでしょうが、その細部にわたる氷壁
の描写や、手足の感覚、寒さや息苦しさが、まるで目の前で起きているか
のように切迫して感じられました。

最終的に山野井泰史氏は10本、妙子さんは18本もの手足の指を失いなが
ら、その後もクライミングをを続けているというのですから、本当にすごい
ご夫婦です。

特に奥様の妙子さんは、グランドジョラス北壁ウォーカー稜を女性初で、
冬季登攀に成功された方。両手の指を失われた後も、料理をはじめ家事
全般をすべてこなすというのですから、まさに静かな不屈の人。

山野井氏は高校卒業後から数年にわたって、アメリカのヨセミテでフリー
クライミング三昧の生活を送っていたというので、もしかしたら同時期に
ヨセミテでクライミング生活をしていた私のも一緒に登っていたのかも
しれませんね。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック