みんな大切な人です。
2006年05月14日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

IP アドレスの枯渇、早ければ4年後には現実に?

インターネット上のコンピュータなどを区別するもの、
それが IPアドレス。(個を識別できる住所みたいなもの)
しかしその数には限界があり、携帯電話などインターネットに
直接、接続する機器が増えている現在、枯渇の危機に瀕している。
市場調査会社 Frost&Sullivan の調査報告によると、
あと4年ないし7年で現在の IPv4アドレスは完全に枯渇する見込み。

こうした問題を解決するために生まれたのが、次世代プロトコルIPv6
IPv6は128ビットのアドレス幅をもち(IPv4は32ビット)、
天文学的な数の固有アドレスを表現できるほか、
セキュリティや優先度を付けた配信など、機能面でも先進化を図っている。
アドレス資源に乏しい中国などのインターネット後発組の方が積極的で 中国はIPv6化を国策として推進している。

しっかし これはもっと早くに動けなかったのかな?
もっと前から 予想はついてたと思うけど。
これは ただ、ただ、お願いするのみ。
頑張ってください!
関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック