みんな大切な人です。
2017年06月24日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

うちの職場では、月に一度は年休を取るように言われます。そこで
特に予定もなかったのですが、23日を年休消化日にしていました。

そしたら、23-24日は2日続いて絶好のお天気じゃありませんか!
これは神様からの贈り物、山に行かなくっちゃ~。


ということで、以前より一度登りたかった北岳にGo!


いつものとおり前日車中泊。朝5時30分の芦安駐車場発のバスに乗る
予定でしたが、なんと目覚めたら5時30分。
あ~やっちまった・・・当然バスには間に合いません。

今更焦っても仕方ないので、ゆっくり用意して、7時10分の乗合タクシーで
広河原に向かいます。広河原から見た北岳、遠いなあ。


吊橋を通って広河原山荘側に行き、そこから登山道へ。

今回は特別に、芦安駐車場に山岳連盟の方が朝から待機していて、
「今年は残雪が多く、大樺沢・八本歯のコルは落石等危険が多いので、
できるだけ通らないように」と注意を受けました。
仕方ないので、白根御池小屋・草すべりコースを行くことに。


登山道入り口に咲いていたクリンソウ。


北岳は標高3,193m、日本で2番目、富士山の次に高い山です。
あの「平家物語」にも「手越を過ぎて行きければ北に遠ざかりて、雪白き
山あり」と出てくるほど、古くから知られた山です。


その登山道は急登の連続、ここまでキツイとは思いませんでした。
8時過ぎに広河原を出て、白根御池小屋まで約3時間。ほぼコースタイム
どおりですが、かなりバテバテ。お天気が良いこともあり、汗だくです。
しかし、まだ時間は11時。焦らず休み休み、肩の小屋まで頑張りましょう。


ところが次に出てきたのが、その気持ちが萎えてしまいそうなほどの急峻
草すべり。あちこちに残雪もあり、とにかく歩きにくい、すべりやすい。


ずり落ちない様に、目いっぱい神経を使って登りました。


そして3時間かかって、やっと小太郎尾根分岐点へ。
目の前には、雄大な北岳がそびえています。
うわ~格好いい!あと30分頑張れば山小屋だ!


ここで同じコースを登っていた方が、「あ!猿!」と驚かれたので、
そちらを見ると、確かに猿がいました。

猿の生息域は標高2,000mくらいまでだと思っていましたが、ここは
標高約2,800mです。少し前に雷鳥の雛が猿に捕食されていると
ニュースになっていましたが、これほどの高地でも生息できるとは。
今は信州大の教授がプロジェクトチームを作って、雷鳥の保護に
務めてくださっているようです。


肩の小屋までの尾根道には、キバナシャクナゲが群生しています。
北岳は花の山としても有名で、すばらしいお花畑が広がります。


しかし私には、お花畑を楽しむ余裕もなく、疲れ切った足を引きずり
ながら「まだ急登が続く?」とブチブチひとりごちながら、肩の小屋へ。


そして15時、休憩を入れてほぼ7時間。予定どおり肩の小屋に到着。
あ~疲れた!


本日の宿泊客20名ほど、ゆったり眠れそうです。
そして北岳は24日が開山祭りだとかで、夕食には小屋からの好意で
ワインが振舞われました。これが美味しかった~!
体もクタクタ、その上美味しいワインをいただいたので、19時に就寝。
明日はキタダケソウを・・・。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック