みんな大切な人です。
2017年06月26日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

山小屋の朝は早く、朝5時に朝食。最近の山小屋のお食事は、どこも
すばらしく昨夜もご馳走でした。朝から旅館並の食事がいただけます。
食事が終わったら準備をして、5時半に山頂に向けて出発しました。


キタダケソウは北岳固有のお花です。ここでしか見ることができません。


肩の小屋を裏手から山頂に向けて、岩だらけの山道を登ります。


約50分で登頂、やった~!ここより高い場所は富士山だけです。
お天気に恵まれ、北アルプスから南アルプスまで360度の絶景パノラマ。

170624_042.jpg
登頂記念に写真を撮って頂きましたが、残念、寝てる~。


山頂から見える富士山、雲の上に浮かんでいます。


キタダケソウは、ここから更に北岳山荘の方へ下った途中にあるとかで、
30分ほど下っていきます。この途中に深い雪渓があり、そのトラバース
が怖かった~。昨年はここで一人亡くなったそうです。


眼下に見えるのが北岳山荘。体力があれば、1日目にここまで来たかった
のですが、私には肩の小屋までが限界でした。


北岳山荘に向かう途中から、八本歯のコル方面へ少し下ると、そこには
お花畑が広がっていました。キタダケソウの群生です。


キタダケソウは、一見するとハクサンイチゲと見間違えそうなほど、良く
似ていますが、花弁がギザギザなのが特徴です。


キタダケソウだけではなく、ハクサンイチゲ、オヤマノエンドウ、


イワベンケイ、ミヤマキンバイ、ツガザクラなども咲いていました。
すばらしいお花畑を見ることができ、大満足。


北岳の山頂から見守るお地蔵様、ありがとうございました。


再度山頂へ、それから小屋に取って返し、8時半に下山開始。
肩の小屋の向こうには、甲斐駒ヶ岳、そして八ヶ岳連峰。


帰りは、昨日は危険と言われて回避した二股・大樺沢経由で。


イワヒバリが飛び交う中、ゆっくりと下っていきます。
こちらの道も急こう配、雪渓が至る所に残り、アイゼンは必須。


大樺沢には大規模な雪渓があり、途中夏道もありますが、雪渓下り。
良いお天気に恵まれたせいで雪は表面がズルズル、神経を使いながら
ゆっくり降りてきました。おかげで膝はガクガクです。

でも大雪渓の先に聳える北岳、本当に格好良い。あそこに登ったんだと
思うと感慨もひとしおです。下山もコースタイムどおり4時間で到着。

今回の北岳登山では、単独登行の女性が多いことに驚きました。
特に下山途中で出会った、明らかに75は過ぎているだろうと思われる
ご年配の女性が、単独で登られている姿には、不安も感じました。

若い人の中には、日帰り強硬登山をされる方もいらっしゃいますが、
北岳は急登の連続で、無理をすると大事故に繋がりかねません。
自分の体力を過信せず、無理のない計画で山登りを楽しもうと、
改めて肝に銘じました。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック