みんな大切な人です。
2017年09月26日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

鳳凰三山で一番有名なのが、地蔵ヶ岳のオベリスク。


やっぱり格好良いです!間近で見れてホレボレしてしまいました。


山小屋の朝食は6時、その段階では、まだ雨が降っていました。
それから徐々に雨は小降りになり、6時半ごろにはほぼ霧雨に。

出発です。今日は三山を巡って、白鳳峠から広河原に降りる予定。
この白鳳峠がかなりアスレチックな場所らしく、雨の後は要注意と
山小屋のお兄さんから厳重注意を受けました。昨日も女性が一人、
滑落し足を骨折したとか…。大丈夫かな。


薬師岳小屋は薬師岳直下にあるため、約10分で山頂に到着。
ガスで真っ白、何も見えません。


ナナカマドが色付いてます。


観音岳までは、薬師岳から小一時間、途中雲が切れ景色が広がりました。
うわ~綺麗!これから晴れるかな?
しかし残念、鳳凰三山最高峰の観音岳は真っ白なガスの中です。


観音岳から地蔵ヶ岳までの道が実にわかりにくい。途中何度も道を
見失いました。道しるべが所々消えている上に、登山道がハイマツに
覆われ、わからなくなっていました。かなり体力を消耗。


本来なら小屋から2時間半もあれば到着の予定でしたが、地蔵ヶ岳に
9時半過ぎに到着。道迷いのせいで、30分以上オーバーです。


地蔵ヶ岳は古くから信仰の山で、子宝を願ったお地蔵様がたくさん
祀られています。


せっかくここまで来たのだから、登れるところまで登りたい、オベリスク
下まで岩登り。またまた予定時間超過。これが後々響きます。


結局、地蔵ヶ岳を10時半過ぎに出発、ここからがきつかった~。
アカヌケ沢の頭から高嶺2779mまで登り、ここからが崖下りです。
本当に、切り立った岩場を急降下し、それが終わると今度は
ゴロゴロ岩のガレ場が延々と続きます。


高嶺から白鳳峠まで約2時間、今度は湿った岩と木の根っこで滑る滑る、
それに加えて連続する鉄梯子、鎖場、腐った木梯子。どんだけ続くの?
というくらい長い長い谷道です。


最期は膝はガクガク、数回転び、足にも手にもあざと傷が…。
フラフラになりながら、15時半に広河原に到着。小屋を出てから
なんと8時間半もかかってしまいました。

白鳳峠は本当にきつかった。滑って滑落しなかっただけマシかな。
無事に下山でき、その後、金山沢温泉で汗を洗い流して帰宅しました。
あ~疲れた。もう白鳳峠は二度と通らないぞ~!

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
嘉兵衛様(^^♪
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。!(^^)!
2017/10/10(火) 20:55:39 | URL | Sofia #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/10/10(火) 16:06:41 | | #[ 編集]
嘉兵衛様(^^♪
コメントありがとうございます。
嘉兵衛さんも鳳凰三山登られたのですね。
地蔵ヶ岳は、実に姿の美しい山でした。
私はもし次に登る機会があれば、青木鉱泉からチャレンジしたいです。

2017/10/08(日) 23:45:20 | URL | Sofia #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/10/07(土) 16:42:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック