FC2ブログ
みんな大切な人です。
2017年12月02日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

日帰りで筑波山へ。筑波山は標高871mの男体山と標高877mの女体山
から成ります。低山ながら日本百名山のひとつです。


筑波山麓は紅葉の盛りもほぼ終わり、ギリギリセーフで見れました。


登山口は筑波山神社。神社の左側にケーブル乗場があり、その脇から
登山道が始まります。筑波山は筑波神社の御神体なので、まずお参り。


今回はオーソドックスに御幸ヶ原コースで、男体山を目指します。


しかし、このコースが面白くない。見晴らしも悪いし、この日はガスって
更に何も見えません。山頂まで標高差610mをひたすら登ります。


さすがにご神体だけあって、途中に結界が張られています。


約90分で御幸ヶ原に到着。ここで暖かいキノコ汁を頂き、それから15分で
男体山山頂へ。ここでも全く見晴らしゼロ。


早々に男体山から山頂連絡路を通り、女体山へ。
こちらの方が標高が高いので、筑波山の山頂標識があります。


こちらからは素晴らしい見晴し!遠く海岸線まで見えます。
展望場所が岩場のため、滑りやすくて怖かったけど、やっと登って
良かったと思えました。


ここからの夜景は綺麗でしょうねぇ。


下りは白雲橋コースで。こちらの方が面白いですね。
途中に奇岩・怪岩があり、岩場・鎖場もあってちょっとアスレチック。


こんな苔の森もありました。


そして筑波神社に到着。休憩時間も含めて、合計5時間のトレッキング。
筑波山は、なんとなく阿夫利神社のある大山に似た雰囲気の山でした。
同じご神体の山だからでしょうか?
ただ、ガスっていて見晴らしに景色に恵まれなかったのが残念でした。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック