みんな大切な人です。
2006年06月15日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

何度も書いてきた少子化対策について。
やっと、このところ まともな意見が出てきたみたいです。


    *------------------*

出産後の再就職、正社員は半数以下

政府は9日の閣議で、2006年版「男女共同参画白書」を決定した。
05年度の調査で 出産後に希望通り正社員として再就職できた女性は
半数以下との結果を受け、今後予想される労働力人口の減少を補うとともに、
急速に進む少子化に歯止めを掛けるため、女性の再チャレンジへの支援を求めている。

白書によると 00年に出産し、その1年前に仕事をしていた女性のうち、
出産前後に仕事を辞めた人の割合は74.1%、出産から1年半後の時点で
仕事を続けている人は23.0%だった。
また、05年調査では、出産後に正社員での再就職を希望した人で、
実際に採用された人は45.8%にとどまり、パート・アルバイト採用が28.6%だった。

    *------------------*

産まない女性、揺れる心 キャリアや時間、失う不安

子供の出生率が過去最低を記録するなか、
女性たちが「産もうとしない理由」に注目が集まっている。
出産適齢期」といわれる20代後半から30代前半の女性たちの多くが
「今の生活の充実」と「子供をつくるとによって失うものへの不安」を話す。

働く女性の産まない事情に、著書『産まない理由』(イースト・プレス)で迫ったエッセイストの葉石かおりさんは言う。
「多くの女性は『産まない』と決めたわけではなかった。
『産みたい』という女性は少なくない」
産みたいけれど、産むことに踏み切れない…。

その底流にある思いは、努力し築き上げ、そして得たものが奪われる不安だ。
「出産して仕事を休めば、今まで積み上げてきたキャリアが台無しになる、
これまで自分のものだった自由になる時間がなくなってしまう…、
子供を持つことに、いろいろなマイナスイメージを彼女らは抱いている」
彼女たちが求めているものは、『仕事か子供か』の二択をしないで済むような
助けなのである。


    *------------------*


そうなんですよ、これなんです。

子どもは可愛い、生まれたら自分の手で育てたい。
でも それまで積み上げてきた自分のキャリアや仕事上での信頼、遣り甲斐、
それが子どもと引き換えに 全部パアになる。
生まれてくる子どもによっては すぐに仕事が再開できるかどうかもわからない。

だからね うちの会社でも提案してるのだけど、
再雇用制度を充実させて欲しいの。
子どもが小さく手がかかるのに 無理して仕事を続けるのではなく、
子育て期間 一時中断・離職して 子どもが小学校などに上がったら
離職した時点のキャリアから再スタートできる 再雇用制度を充実させて欲しいの。

これならキャリアもあり 仕事への知識も豊富で、1からの教育は要らない。
つまり 即戦力になる。
それに 子育てが落ち着いたら 再雇用してもらえるという安心感があれば
落ち着いて子どもも 産める。


金をばら撒くだけの少子化対策なんて 何の歯止めにもならないわ。
必要なのは 仕事も子育ても安心してできる社会。
そして有職母を 社会全体が当たり前のこととして助けてくれる環境。

男性が子どもの送迎で遅刻・早退すると 非難するような企業体質は
それこそが 少子化を進めている原因として糾弾されるべき。

これだけ少子化を心配するのなら 企業も含めた社会全体で協力して
取り組むべきなんです。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>GT125
すごい! 育児休暇をとったのね。 えらい!
大変だったでしょ、今の社会だと 偏見で見られるから。

そう こういう意識改革を もっと全体に広げないと 難しい。
2006/06/16(金) 21:09:21 | URL | shoko #-[ 編集]
出遅れましたが。
今の経営者は、自分の会社が社会の構成員であることを意図的に無視しています。
良いことはわかっていても、自分の現状の利益に合わなければ無視。
男性の、女性社員の育児や復帰について、書けないようなマイナス評価を怒鳴ってはばからない人も(田舎のせいか)現実にいます。
彼も人類なのですが、彼の本質は野生動物だということがひしひしと伝わります。
そういう人が、表面面は笑顔で「しょうがないねえ」と言いながら、意図的に女性を締め出しています。
個人的には許せないのですが、何も出来ない自分が歯がゆいので、1年育児休業を取得して、復帰後はそういう人をふみ潰せるくらい仕事をしてやるっ!と思っていました。
ですが、同僚の女性社員に多大な迷惑をかけただけで、現状維持に手一杯というな避けない状況です。
決定的なのは、部下が育児休業を取ることができるような能力のある上司の存在です。
休業や復帰に対応できない、そういう声が出ない部署の管理職が「無能」なんです。
協力的な人もいるので、男性にも、意識の差があると言うのが現状です。
2006/06/16(金) 12:37:21 | URL | GT125 #-[ 編集]
>Nekobusさん
でしょ~。(#^.^#)

ちゃんと子育てもしたい、でも仕事もしたい。
希望者には再雇用を 企業側に半義務付けしてくれたら 嬉しいよね。
2006/06/15(木) 21:49:51 | URL | shoko #-[ 編集]
そうだよね~。
その場しのぎの出産一時金や、中途半端な短い期間の育児休暇より、
女性が何よりいちばん欲しいのは、再雇用の保障です。
2006/06/15(木) 20:18:34 | URL | nekobus #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック