みんな大切な人です。
2005年11月02日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

「私と小鳥と鈴と」

私が両手をひろげても、
お空をちつとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面を速く走れない。

私がからだをゆすつても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに
たくさん唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私。
みんなちがって、みんないい


山口出身の詩人・金子みすずの作品。
これは 小学校の教科書に載ってるところもあるから
結構 みんな知ってるよね。
この詩を初めて見た時には なんて素敵なんだろうって思った。
みんな違ってみんないい。

田舎ほどみんな同じでいたがる。服装から行動から。
そこからはみ出ると ハミゴ(はみ出しっこ)にされる。
学校の先生までもが 長いものには巻かれろってことです、なんて言う。
だからイジメが起きる。つまらないことで差別が起こる。

みんな違っていいし、違って当たり前です。
この詩がどれだけ 子どもたちに大切なことを言ってる詩か
よ~く感じて欲しいな。
特に先生たちには。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック