みんな大切な人です。
2006年08月11日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

助け合い減り…62%の企業「心の病増えた」

心の病にかかる社員が増える傾向にあると考える企業が
62%に上ることが、財団法人社会経済生産性本部のアンケートで分かった。
職場でのコミュニケーションが減ったとする企業では
「心の病増加」が72%に達し、そうでない企業の46%に比べて
26ポイントも高い。
同本部は「職場での横のつながりを回復することが喫緊の課題」としている。
     

前からこれについては ここでも訴えてきた。
やっと数字に表れてきたってことなのかな。
親となるべき大人が 社会生活自体 しんどくなってるのに
何人もの子どもまで 産めると思う?
これは 少子化とも連動してるのよ。

     
調査は4月、全国の上場企業2150社中218社の回答。
最近3年間に心の病が「増加傾向」と回答したのは62%。
年代別では「30代が最も多い」としたのが61%でトップ。
次いで40代が19%だった。
心の病で1カ月以上休んでいる社員がいる企業は75%に上った。

職場環境についての設問で「個人で仕事をする機会が増えた」に
「そう思う」と答えたのは67%。
同様に「職場でのコミュニケーションの機会が減った」は60%、
「職場での助け合いが少なくなった」は49%だった。

助け合いが減ったとする企業では、そうでない企業に比べ
「心の病増加」が21ポイント高かった。
「個人で仕事」の企業も同様に18ポイントの差がついた。

同本部は「成果主義や(目標を設定して達成度を評価する)
目標管理制度を導入する企業が増えたことも、
こうした傾向と関係があるのでは」としている。
     

そうです。このとおりです。
効率化のため 2人でしてた仕事を1人にさせ、そのために休めない、
全責任が個人にかかり ストレスが溜まる。

そして 成果主義、数値絶対主義。
ゆえに責任所在がはっきりするため、逆に最初から負担になる仕事の
押し付け合い、逃げあい。そして何かあると 責め合い。

こんなギスギスした企業では そりゃあストレス溜まりまくり。
そして精神的な不安定。
将来に不安があれば 出産だって考える。

全て、企業変革・社会改革から 始めないといけないわ。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>toshiさん
そうなのよね。
バブルの後の不景気から なんかおかしくなった。
管理職が保身に走って 一般社員の負担が増えてる。
で 心の病だ。
2006/08/13(日) 00:18:37 | URL | shoko #-[ 編集]
管理職が責任とる会社って少ないような気がするんですけど…どうなのかな。

何かあると担当者が責任を取らされる。
でも、組織としてGOサインだすのは、管理職でしょ。
(そのために給料多くもらってんでしょうから。)

なにかと個人の責任にしたがる風潮がある。
トカゲの尻尾切りやるような組織じゃ、やる気も失せると思うんですけどねぇ。
2006/08/12(土) 08:38:07 | URL | toshi #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック