みんな大切な人です。
2006年10月30日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

kagaribisou-1.jpg

イジメで自殺を考えているあなたが 私のところを
覗きにきてくださった、これも ひとつの縁です。
だから 聞いてください。

イジメにあうのは、つらいです。
腹が立ちます。
悔しいです。
まるで自分が弱いせいみたいに 惨めになります。

でもね あなたは悪くない
弱くもない。
相手があなたをイジメるのは あなたへの嫉妬です。
あなたにきっと 彼らより優れたところがあるのでしょう。
だから あなたを潰そうとイジメをするのです。

団体でイジメをしてくる彼らは
一人では何も出来ないただの弱虫です。
もし、彼らがあなたのようなイジメにあったとしたら
絶対に耐えられない。
でも あなたはここまで頑張ってきた。
わかりますか?
あなたはすごく 強いんです!

これまであなたは 彼らのひどいイジメに耐えてきて
あなた自身は 卑怯なイジメは一切したことがない。
だから あなたはこれからの人生
常に、堂々と生きていけます。

でも イジメをしている彼らは これから先
いつか このイジメの報いを受けるのじゃないか、と
ビクビクしながら 生きていかなければなりません。
彼らがいくら 自分は悪くないと正当化しようとしても
この報いは 必ず いつか受けることになります。

今の数年の卑怯な行いが これから先の人生に
暗い影を落とすのですよ。

でもあなたは違うでしょ?
あなたは真っ直ぐ前を向いて 生きていけるのです。
輝かしい未来に向かって 真っ直ぐに生きていけるのです。

学校でイジメに会うのなら しばらくお休みしましょう。
あまりにひどいのなら 転校しましょう。
嫌なところに 我慢している必要はありません。
道はひとつじゃない。
あなたにはあなたのための 道があります。

世界は広いんですよ。
日本の 今いる、その場所だけが すべてではない。
そこが合わなければ 別の町、別の県、別の国。
あなたはどこでも 行けるんです。

イジメをしてる彼らのために自殺して
これから先に待ってる あなたの輝かしい未来を
失くしてしまうなんて もったいないことです。
あなたと出会うために、愛し合うために
今別のところで
一生懸命生きている人がいる。
あなたと出会う日を待っているのです。

イジメから逃げるのは 卑怯なことではありません。
あなたは十分に戦ったのですから これ以上我慢しなくていい。
自殺ではなく あなたの新しい明日のために
生きる道を探しましょうよ。
これまで正しく生きてきたんですから
決して後ろを振り向かずに 真っ直ぐに前を向いて歩きましょう!


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
D
そんなことはよくないよ~~~!
2006/12/11(月) 12:13:39 | URL | ボクサー #-[ 編集]
>Hideさん
本当に あの奈○市環○清美部は ひどい。
あれもちょっと調べて書きたい、とも思うのだけど
これ かなり面倒な問題をかかえてますよね。
覚悟を決めて書かないと 火を噴きそうでー。
でも あの問題はこういう側面がかなりある。
関西の人間なら 知ってるところでしょう。
2006/11/04(土) 19:51:30 | URL | shoko #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/04(土) 08:01:58 | | #[ 編集]
残念ながら福岡三輪中の自殺(?)事件
この虐めグループは次のターゲットを見つけ
同じ虐めを開始しているようです。
人一人殺しておいてスゴい神経やな。

ここの校長がアレだけ不自然な釈明しても隠したい物
遺書にも書かれてない、保護者には普通の評判な
マスコミから袋叩きの元担任に対し
一切情報の出ない現担任
虐めグループの概要すら流せないマスコミ

奈○市環○清美部のニホイがスル・・・
2006/11/04(土) 01:36:46 | URL | hide #/q/2XrHk[ 編集]
>Toshiさん
どうしたの?
かなり疲れてる?

どこにも行けないのなら せめて良い映画を見て
良い音楽を聞いて 家でゆっくりしましょう。
あまり無理しないようにね。
2006/11/03(金) 19:23:13 | URL | shoko #-[ 編集]
ホントにどっか行きたい…
しかし、その暇すら与えられない…

マイナスの思考って螺旋的にマイナスな思考を生み出してしまう。わかっちゃいるけど、追い込まれるとそこから抜け出せない。

気持ちを切り替えて…って簡単なようで難しい。
2006/11/02(木) 22:40:53 | URL | toshi #mQop/nM.[ 編集]
>はるもにさん
中学くらいになると 自分がイジメにあってること隠す。
親にも言わないよね。
でも 死ぬほど悩むことなんて ないし。

生きてたら イジメなんて卑怯なことする子たちが
つまづき後悔する姿も見れる。
生きて欲しいね。
2006/11/01(水) 21:45:51 | URL | shoko #-[ 編集]
親には いじめられてることを 打ち明けないことが多いようですが そこのところには いろいろなことが あるのでしょうね。


学校を休むと言う方法をとるときに どうしても理由がないと 親は なかなか休ませないでしょ
でも 親には言えない
逃げ場がなくなる
自分は いないほうがいいと思えてくる


shokoさんの あたたかな メッセージが 伝わるといいなと思いました
2006/11/01(水) 13:32:58 | URL | はるもに #-[ 編集]
>スノーマン
スノーマンだったの。
そっか そんなことがあったんだ。
先生の誘導によるイジメは 本当に最低。
つらかったね、スノーマン。

でもそのつらさを乗り越えたから
今のスノーマンがいる。
2006/10/31(火) 23:39:55 | URL | shoko #-[ 編集]
名前が反映されなかったね。
一度、全部クリアしちゃったからかな。

実は私は小学生時代に、いじめと戦ってきたんだ。
運動神経がよくなくて先生からもからかわれていたら
いじめの対象になってしまった。

集団でいじめにあって、切れて暴れて
その後中学校に入っても、自分で自分を守ってきた。
内面は小さい人間だけど、負けず嫌いの気持ちだけが
自分を守ってきたと思う。
だから自分としては、戦うのもありだし、逃げるのも
ありだと思うよ。
そのときの自分の気持ちと、回りの環境次第だと思うね。

        by スノーマン
2006/10/31(火) 22:53:10 | URL | ◎×◎ #-[ 編集]
>雅さん
雅さんが?
イジメとは無縁そうだったのに。
つらかったですね。

私の仕事の後輩が (今は退職しましたが)
小学校の頃 イジメにあってたそうです。
そのイジメの傷は 30を過ぎた今も彼女の心に
残っていました。
昔の話をすると もう十数年たったいるのに
うるうると 涙があふれてきていました。

イジメは 本人の自信もプライドも ずたずたに壊し
自分に非があるかのように 自分を責めさせ
心を壊してしまいます。
非なんて ないのに!

自信を持って プライドももって
前を向いて 生きて欲しいですね。(*^_^*)
2006/10/31(火) 19:54:05 | URL | shoko #-[ 編集]
>◎×◎さん
「逃げる」ことも かなり勇気がいります。
戦うことは必要だけど 自分を壊してまで
戦う必要なんてないです。

頑張って 耐えて 疲れ果てているのなら
次にいつか頑張るときまで 逃げて体力を
つけたらいいんですよ。
生きていれば いつか道は 開かれるから。
2006/10/31(火) 19:42:13 | URL | shoko #-[ 編集]
「逃げる」

世間ではあまり良い響きに取られず、
「逃げるな!立ち向かえ!」なんていう人もいるかもしれないけど、
私も「逃げる」ってのは良い手段だと思いますよ。
shokoさんのおっしゃる通り、「道を変える」と捉えれば、なんてことない。
自分の身体に変調をきたしたり、生命の危機を感じる時は、
逃げることも人間が持ち合わせた生きる手段だと思います。

私もかつてイジメられた経験がありますが、
間違った方法で立ち向かってしまいました。
それによって、失ったもの多いです。
この記事を拝読して、
「あぁ、あの時、逃げるって選択もあったんだ。」と思いましたよ。
でも、今、それを活かして反省して生きています。
2006/10/31(火) 07:08:56 | URL | 雅 #aEmTB4nk[ 編集]
逃げるのも一つの決断だよね。
それも大きな決断だろうけれど、思い切ったら
なかなか、いい手なのかもしれない。

立ち向かうのが厳しいときは、思いっきり逃げよう。
そして、回りの人たちはそれを援護してあげよう。
そういうことが可能になれば、世の中少しは変わるのかな。
2006/10/31(火) 00:26:03 | URL | ◎×◎ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック