みんな大切な人です。
2006年11月09日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

全国初「赤ちゃんポスト」設置へ 熊本市の慈恵病院
 事情があって親が育てられない新生児を受け入れる
「赤ちゃんポスト」(通称・こうのとりのゆりかご)を、
 熊本市の慈恵病院が年内にも設置する計画を進めている。
 ドイツですでに導入されているが、実現すれば国内初となる。


昨今の乳児・幼児の虐待を見てると、これも已む無し。
親になりたくないのになってしまった結果、「虐待→死亡」なら
この赤ちゃんポストを通じて 新しい親の元へ行けたほうが幸せ。
 同病院は「あくまでも緊急措置で、捨ててもらうのが目的ではない。
 新生児の産み捨てや、不幸な中絶を少しでも減らしたい」と説明している。
 新生児の引き取り先として、岡山県医師会に
 全国から登録している約160組の里親に、
 行政を通じて紹介する特別養子縁組制度の適用などを
 検討しているという。



生まれてくる子どもに 親は選べない、
けど ひとつの大切な いとおしい命。
普通なら 自分の子はかわいいし 捨てようなんて思わない。
できたら自分の手で育てたい。

だから これを利用する人は 事情があって止む無く、だと思いたい。
そして それでも子どもを育てられない人が
子どもの幸せを願ってために利用するのだと。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック