みんな大切な人です。
2006年11月28日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

復党願提出の6議員が会見「首相は命の恩人」
 自民党への復党が認められた11人の無所属議員らのうち、
 郵政造反組の堀内光雄元同党総務会長ら6議員が28日、
 午前と午後の2組に分かれて国会内で記者会見した。
 その中で 堀内氏は、
 「基本的に郵政民営化に反対ではなく、選挙期間中の会見、公報でも
 反対とはひと言も言っていない。賛成だ」。
 続いて 山口氏も
 「民営化自体は反対ではない
  衆院選でも党内手続きがあまりに乱暴だったということを論争した」。

何それ? 去年の選挙の話だよ。
なのに舌の根も乾かぬうちに、公共の場で言った言葉を翻す?


これだから 政治不信になるのよ。

すみません、あれからいろいろ考えましたが 私が間違ってました。
 郵政民営化に賛成し 日本の将来にとって 良い方向に向かうよう
 勉強していきたいと思いますので 自民党に入れてください。

ぐらい殊勝に、潔く自分の非を認めるのなら まだわかるけど
反対じゃなかったって???

じゃあ なぜ離党したの?
メディアに出て 大騒ぎしてたでしょ?
よくもまあ イケシャアシャアと こんな嘘・誤魔化しがいえるもんだわ。
こんな大人が 偉そうな顔して 子どもたちの目の前で
平気な顔をして嘘をついて 金儲けしてるのよね。
日本もおかしくなるわけだわ。

マスコミも 去年彼らの言った言葉は ビデオで残してあるでしょ?
なぜ 突きつけないの?
与党になったから 黙っておくの?
強い力には 擦り寄るの?

どう言っても 「これはそういう意味ではなかった」 とか
言い逃れするんだろうけど そういう不誠実な姿勢が 公開されるべき。
そして 彼らを安易に復党させた自民党が 次の選挙で大敗北すべし

あまりに可哀想なのは 針のムシロで戦った刺客議員たち。
政治に情もある、というなら 彼ら刺客への情は どこにある?
あ~不愉快!

聖子氏ウハウハ、ゆかり氏グラグラ…復党反対派が造反組
※別に佐藤氏のファンではありません。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>スノーマン
ありがとう。
そう思うよね。そんなに前の話じゃない。
みんな覚えてるのに よくもまあそんな嘘を。
あまりに無節操だわね。
2006/11/29(水) 23:21:09 | URL | shoko #-[ 編集]
太字の文
上が変われば全体の考え方も変わるという話の、いい例でしょうか。
地方レベルではときどきあるはなしですが・・・

まあ、お金とか、後援会とかなにがあったにせよ、あれだけのバトルのあとに意見を翻した人たちの言うことはこれからも信じられませんね。
本当にがっかりです。
2006/11/29(水) 21:46:09 | URL | スノーマン #e8dqewdg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック