みんな大切な人です。
2007年02月04日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

米のイラク政策は「非常に幼稚」 麻生外相
 麻生太郎外相は三日、京都市内で講演し、米国のイラク政策に関して
 「ドンパチやって占領した後のオペレーション(作戦)として
 非常に幼稚なもので、なかなかうまくいかなかったから今ももめている」
 と指摘した。

先日も久間章生防衛相の発言が問題で騒がれたばかり。
そこに またまた 麻生さんまで・・・と思ったら
これには続きがあった。

 【上に続く】
 その上で「どうやってやるかが非常に大きなところで、日本の力に
 かなり大きなものがある」とし、イラク復興支援に今後も日本が
 積極的に協力する必要があるとの認識を示した。
 政府が違憲と解釈している集団的自衛権行使についても
 「日本がやられた時は米国が助ける。
 米国がやられた時に日本が逃げることで通るかどうか
 考えなければいけない。
 いざという時に同盟が約定通りに効果を挙げるには、
 普段からの人間関係が重要だ」
 と日米同盟の一層の強化が不可欠と強調した。

あ、アメリカ批判どころか、今後はもっと仲良くしましょう、
憲法もそれに合わせて改憲しましょう、ということね。

なんでもかんでも、アメリカの言いなりだと不愉快だけど
久間さんや麻生さんのように、日本側の意見として
言うべきところはキチンと批判をし その上で協力していこう、
というスタンスは良い。いや、そうあるべきなのだ。

久間さんの発言に関しては 中川政調会長などが
「アメリカとの信頼関係を損なう」なんて慌てて諫めたりたけど
言葉にちょっと不適切な部分はあっても 言ってる内容は正しいと思う。

久間防衛相の発言は正しい - 田中秀征の一言啓上(日経BP)
ただ 上のコラムにもあるように これはアメリカに対して言うより
なぜ日本がアメリカのイラク戦争開戦の後押しをしたのか、
官僚主導の日本の外交当局を非難すべきだろう。

もし 独立した国家として盟友関係にあるというのなら
間違った判断だと思えばそれを未然に防ぐのも友人の役割。
そういう意味でも なんでもかんでも協力(傘下?)ではなく
日本の立場として意見もキチンと言いながら 議論の上で
お互い良い協力体制を作っていくべき。

あの柳沢さんの失言は 呆れるばかりだったけど
この久間さんや麻生さんの失言は ある意味、気持ち良い。
今回のパフォーマンスだけに留まらず 今後も続けていって欲しい。
もう、これまでのように アメリカのご機嫌伺いばかりするは止めて
独立国家・日本として 切磋琢磨できる日米関係に進むべきなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>スノーマン
なんか 安倍さんになってから
古臭い頭の悪い派閥主義のおっさんたちが
やたらと目立ってきてるよね?
昔の自民党に戻ってきたみたいね。
もう駄目なのかな?
2007/02/08(木) 00:13:26 | URL | shoko #-[ 編集]
まだまた経験不足かな。
参謀に強力な人もいないし、
人心刷新だけではダメかもね。

まあ、国のためどれだけ
頑張ってくれるのか
見守りたいと思いますが・・
2007/02/06(火) 23:46:09 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
>スノーマン
安倍さんは若すぎるのかも知れないね。
身勝手な古い自民党のおっさんたち相手では
押さえが利かないのかも知れない。
でも 言うべきことも言えるようになったのは
いいことだわね。y( ̄ー ̄)yピース
2007/02/04(日) 22:23:16 | URL | shoko #-[ 編集]
総理が替わると
前の小泉さんが総理の時は、こんな話はでなかったと思う。
そういう意味で考えたら良かったのかな?・・・・
2007/02/04(日) 17:48:09 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック