みんな大切な人です。
2007年02月10日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

団塊の世代:自宅の火災で死亡するケース増加
 「団塊の世代」を中心とした55~59歳の男性が
 自宅の火災で死亡するケースが全国で増えている。
 死者は「無職」「一人暮らし」の割合が高い。
 明確な理由は分かっていないが、経済大国の繁栄を支えてきた世代が
 リストラに遭い、家族と別居せざるをえなくなった--
 という生活の変化が背景にあるのでは、との見方が出ている。

数年前より 何かと問題にされ、汗水流しずっと頑張って働いてきた
その退職金を狙われている団塊世代。
・自治体団塊職員、退職金1兆円に・1都4県4政令市(Nikkei online)
・団塊世代マネー・めざせ賢い投資家 金融庁が指南(フジサンケイ)
・退職金推定50兆円! メガバンク、団塊「囲い込み」(J-CASTニュース)


また 別の面では年金問題に代表されるように、
下の世代の重荷になる、と やっかいもの扱い。

過去90日間に書かれた、団塊の世代を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ
このグラフをブログに貼ろう!

 消防庁のまとめによると、05年の住宅火災による
 「55~59歳」の男性の死亡率(人口10万人当たりの死者数)は
 1.64人で、15年前に比べて0.69人増えた。
 一方、この年代を挟む「60~64歳」と「50~54歳」を見ると、
 この15年間にそれぞれ0.20人、0.32人しか増えておらず、
 団塊世代の死亡率の高まりが際立っている。

 同庁が05年のデータを基に55~59歳の男性死者の家庭状況を
 調べたところ、「無職」が6割、「1人暮らし」が5割を占めた。
 両方の条件を満たす人も約3割に上った。
 この傾向は「この年代で特に顕著」(同庁)という。

この理由として 東大大学院の関沢愛教授(建築・都市防災)は
次のように話している。
 個別事例を分析していないのであくまでも推測だが、
 何らかの社会的要因が影響しているのではないか。
 この年代の男性はリストラや早期退職などを経験している人が多い。
 こうした経済的要因や精神的ストレス、希望の見えない世相などが、
 例えば、乱雑な部屋での寝たばこや泥酔など
 間接的に火災を生みやすい生活要因となっている可能性がある。

■団塊の世代(だんかいのせだい)■
第二次世界大戦直後の日本において1947年から1949年にかけての
第一次ベビーブームで生まれた世代。
この世代は思春期に日米安全保障条約に反対する安保闘争を見ており、
戦争についても両親や周りの人間から悲惨さを語られ、
文字どおり 戦後民主主義教育を受けた世代。
いわゆる「戦後日本の一期生」である。

結婚し子供をもうけた後は、ニューファミリー世代とされ、
友達夫婦や友達親子など、それまでにない家庭価値観を作った。
しかし その割りに、長男が家を継いで老いた親と先祖の墓をみる、
などという「イエ」という概念や 「男は仕事・女は家庭」などという、
古い価値観が継承されている世代でもある。

ずっと働いてきて バブル時に良い思いをした、とはいえ、
その煽りを一気に受け リストラなど冷遇を受けたのも この世代。
今、その世代が退職を目前に控え 金融機関などあちこちから
その退職金を狙われ いずれ貰うことになる年金についても
人数が多い分、その影響が大きく 支える世代のお荷物のように言われている。

身近な例を見ても この世代にはいろいろと問題も多い、
それでも この火災での死亡状況は あまりに哀しいものがある。
彼らの親たちは 団塊世代とこんな風に扱われると思って これほど多くの
子どもたちを産んだのではない。
戦後復興の日本の将来を夢見て 荒れ果てた戦後日本の大地に
たくさんの子どもたちを 産み育ててきたのである。

なのに最近は 政府主導の報道などでも この世代を常にひとかたまりで扱い
これまでの世代がもらってきた退職金まで 彼らに限っては問題視したり
そのために税率を変えようか、などという動きを見せたりしている。
低俗なメディアはそれに乗っかり まるで団塊の世代に対しては
そこに個人の生活が営まれていることを 忘れているかのように
常にひとかたまりで その経費の巨大さばかりを報道している。

彼らはその時代に生まれただけ、その以前の世代とどう違うというのだ?。
ずっと働き続け 家庭を営み 真面目に生活してきた人たちなのだ。
その彼らの退職金を搾取しようとしたり リストラしたりお荷物扱いしたり。
その片方で 少子化を問題視し 子どもを産め、と
子どもを産む世代にだけお金をばら撒く 歪んだ少子化対策。

人に対してこんな扱いをする国で 子どもをたくさん生もうと思うだろうか?
団塊の世代はその巨大さゆえに こんな扱いを受けているのだ。
なら自分の子どもが 将来そんな思いをする可能性があるのなら
あえて たくさん産んで増やそうと思うだろうか?

今この国の政治を 出産を控えた若い世代は 冷静に見ているのだ。
いくら今 若い自分たちにゴマをすって 経済面で援助してくれても
将来 自分たちでさえ受ける可能性のある 年長者にひどい扱いをする国に
夢を見、自分や子どもたちの将来をかけて行こう、と思えるだろうか?
もし本気で少子化を防ごうと思うのなら 今まで真面目に働き
今 退職に向かっている 若者の親たち世代へ報いることから始めないと
日本はますます 将来のない国になっていくだろう。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>りきさん。
うちもそんなに遠い話じゃないの。
なんか 先行き暗くって嫌よね。
政府を信用できなくなる。
2007/02/24(土) 17:31:39 | URL | shoko #-[ 編集]
ご無沙汰でした^^
まさに、私の言いたいことを代弁してくれてるようで、嬉しかったわ^^

旦那の兄姉達が団塊の世代なのです。今年は義姉さんが退職。来年は義次兄さんが退職です。
我が旦那も後数年で・・・

子供も、たぶん将来不安があるのでしょうね。友達の家庭のしんどさを聞かされると、結婚よりも今は仕事に集中しています。
困った困った・・・

2007/02/23(金) 10:38:27 | URL | りきさん。 #f7K3Yko2[ 編集]
>なぎささん
コメントありがとうございます!
最近の経団連、それに同調する政府、
いわゆる拝金主義ですか?かなりひどいですよね。
人や文化を大事に出来ない国は 滅んでいきます。
老後は海外脱出しかないのでしょうかね?/(-_-)ヽコマッタァ
2007/02/15(木) 18:29:53 | URL | shoko #-[ 編集]
shokoさん、わかっていらっしゃいますね
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
この国は団塊の方たちのことを搾取対象としか見ていないんですよね。それにしたって50年も60年も退職金の札束片手に消費しまくるなんてことはないんだから、長期的視野がなさすぎます。搾取対象でなければあとは邪魔者扱いって、これはひどいです。

そして、shokoさんはこんな国で子供を産もうと思うだろうか?と少子化問題を論じられておられるわけですが、ちゃんとわかっておられますね。少子化問題はそれ単独で論じることが無意味、この国のすべての歪みにつながっているのでそれらを徹底的に改善しなければ解決できないことを。そういう想像力を欠いた連中が多すぎます。
私は男性ですが、shokoさんのような女性の考えることの方がずっとまともだと最近痛感しています。それは母性に満ちた意見だから。男性にだって母性は必要ですよね。
2007/02/15(木) 16:31:24 | URL | なぎさ #-[ 編集]
>スノーマン
ありがとう。
なんかね 最近の報道、
まるで団塊の世代が悪いみたいな
ひどい報道が多い。
多いってだけで こんな扱いはいけないわ。
2007/02/13(火) 00:49:47 | URL | shoko #-[ 編集]
chokoは、フ
chokoは、フジはここへフジは流しは指南しないです。
2007/02/12(月) 10:37:09 | URL | BlogPetのchoko #-[ 編集]
団塊の世代
昨日もテレビでやっていたよ。
団塊の世代、たくさんの人が一気に退職するとよくも悪くも大変みたい。

いずれにしても、経済、社会に与える影響は大きいですね。
2007/02/12(月) 00:04:57 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック