みんな大切な人です。
2007年03月18日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

北朝鮮への経済封鎖を解除する、という アメリカの急激な軟化と同時に
いきなり蒸し返されてきた米下院での従軍慰安婦問題。
なんで今なんだ?

中国の「意思」色濃く反映 「慰安婦」問題追及のマイク・ホンダ議員
 「慰安婦」問題決議案を主唱しているマイク・ホンダ下院議員は
 中国系の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」を動かす
 活動家たちから一貫して献金を受け、日本を糾弾する言動も
 その団体の活動方針にぴたりと沿った形だという実態が明らかとなった。

このマイク・ホンダ氏は2000年に連邦議会下院議員に当選し、
民主党・カリフォルニア州出身の日系議員。(Wikipedia参照
ホンダ氏は 人権問題に熱心といわれているが、米国内で批判が大きい
中国の人権問題に関しては「将来の改善が見込まれる。」と寛容である。
まあ その彼のスポンサー様なのだから 当り前といえば当り前なのだがー。

マイク・ホンダ氏については 東アジア黙示録のオーナー松尾氏のHP
直接の対談内容および、その周辺の胡散臭い様子が詳しく書かれているので
興味のある方は 是非訪問、ご覧ください。

松尾氏HP「電脳に本の歴史研究会」 南京大虐殺はウソだ!
http://www.history.gr.jp/~nanking/
■「世界抗日戦争史実維護連合会」とは
 公式には1992年に海外華僑、中国系住民によって創設され、
 本部をカリフォルニア州クパナティノにおき、
 傘下に50以上の下部組織を持つとされる。
 だが実際には同連合会は中国国営の新華社通信と
 ウェブサイトを共有する他、中国側の公的組織との共催の形で
 日本批判のセミナー類の行事を中国国内で頻繁に開き、
 中国当局との密接なきずなを明示している。
 また同連合会は 97年にはアイリス・チャン著の
 「レイプ・オブ・南京」を組織をあげて宣伝し、
 2005年春には日本の国連安保理常任理事国入りの動きに
 反対する署名を世界規模で集めたうえ、
 中国内部での反日デモをあおった形跡もある。
 さらに同年末には「クリント・イーストウッド監督が南京虐殺映画を作る」
 というデマを流し、昨年からは南京事件のドキュメンタリー映画の宣伝に
 力を注いでいる。

つまりこの組織は 中国の意向を受け、日本を世界から孤立させることを
目的とした情報工作(情報操作)を仕事としているようだ。

そもそも この従軍慰安婦問題、ほとんどの部分が捏造と言われている。
・小野田寛郎氏「私が見た従軍慰安婦の正体」
・「従軍慰安婦」問題(上)  By伊勢雅臣氏
・「従軍慰安婦」問題(下) 
その反対の、あったという意見も少ないながらあるので 一応こちらも紹介。
・私が知る「従軍慰安婦」  By湯浅謙

どちらにしても なんで今頃、と思うのだがー、

今回の経済封鎖の一部解除は
ヒル次官補の弱腰姿勢が非難されているアメリカ内部の事情と
北朝鮮を後ろに従えアメリカへも仲介を通じて恩を売りたい中国の思惑が
うまく重なった結果のようだ。
日本や韓国を自国の傘下に置いておきたい、アメリカ。
日本を押しのけ 経済大国にのし上がり 
アメリカに自国の力を見せつけ 有利に外交したい中国。
ただ日本憎しの北朝鮮と 僻みっぽい韓国政府。
そうは言いながらも このまま経済封鎖し続けることにより
北朝鮮の強硬策を暴走させてしまうのは危険すぎる。

そんな それぞれの思惑が重なるところで妥協するには
日本の拉致問題が邪魔だったのかも知れない。
今回 北朝鮮とアメリカが一部仲直りするために
日本の拉致問題を棚上げにしておきたい各国の思い。
だから 経済封鎖一部解除、と同時に
日本が拉致問題解決を 彼らにうるさく要求してくる前に
この慰安婦問題を騒ぎ立てたのだろうか?

すごく不愉快だが やはり日本の外交が下手なのだろうなぁ。
日本は中国や韓国より 他のアジア諸国をもっと大事にして
そちらを味方に付けるべきじゃないだろうかー。

今回の慰安婦問題は ネット上でもいろんな意見が出ている。
その中でもちょっと意外でもあり う~んとうなったのが創価学会の関係。
なるほど~、( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン です。
侮日米議員と創価学会の反日活動! - 博士の独り言

はあ、このところ忙しすぎて 更新できなかったけど
やっと出来た。(´▽`) ホッ


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
はじめまして~、トシです♪

グーグルのブログ検索から
訪問させていただきました♪

見やすくてきれいなサイトですね♪

また訪問させていただきま~す♪
2007/03/20(火) 01:40:44 | URL | トシ★在宅時間自由人♪ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック